自閉症

自閉症長男中学最後の学芸発表会

投稿日:2018年12月9日 更新日:

やっぱり東京はすごいなあ、と思わせる学校です。
東京都立鹿本学園は長男が通っている学校です。

5年前に出来ました。

それ以前は小岩特別養護学校という学校がありました。
鹿本学園の沿革に小岩特別養護学校のことが書かれていないので
つながりがわかりません。

設立5年ということもあり綺麗な校舎で
設備も整っていますし、
先生も発達障害児に対する専門の教育を受けている人ばかりです。

昨日は、この学校での長男にとって最後の
学芸発表がありました。

Rくんは演奏と合唱に出演しました。

昨年、ぼくは発表会に参加していないので
2年ぶりの見学(?)でした。

退化してました。

壇上で「ポニョ―」と進行と全く関係のない独り言をいったり、
校長先生の閉会の挨拶の時、
先生が「みなさん、いかがでしたか?」というと
「お腹がすきました」
と独り言とは思えない絶妙なコメントを発して
他の先生から笑われていました。

前は、もうちょっと場の空気を読んでちゃんとしていました。

退化なのか、反抗期なのか。

妻と話した結果、僕たちは
退化ではなく、反抗期的態度だと判断しました。

先生たちが優しい人ばかりなので
なめているというか、甘えている感じでした。

家に帰って来てから、
「あれじゃ、だめじゃないか。ポニョじゃないよ」
と僕が言うと、
ニコニコしているのです。

ふー、まあ、いっか、という感じです。

-自閉症

執筆者:


  1. Chee より:

    「お腹がすきました」には笑ってしまいました。
    周りには微笑ましくても、さすがご両親は見てますね~。家に帰ってからも、今日の出来事をちゃんと覚えていてニコニコというところに賢さが見えます。

    東京は凄いですね。こういう学校が普通に公立にあるというのが。

    • mtwoods2018 より:

      自分の気持ちを文字にするのは苦手ではないのですが、
      この件はうまく言葉にならず1日放置していた記事です。

      さすがCheeさんです。
      コメントを読ませていただいて自分で何が言いたいのか
      分かりました。

      Rくんは、うける、許されるを理解して、規律からはずれたことをしています。
      ちゃんと出来るはずなのにやっていない。
      ああいう福祉系の先生はみんな優しいのでもどかしさもあります。

      でも、僕が厳しくしたら良いかというと過去に失敗しているので
      厳しくしたからうまくいくものでもないことを理解している。

      自閉症児はやる能力はあるのだけど
      やる必要性を理解できずやらないから
      出来るようにならない人たちだ、
      と昔よんだことがあります。

      まさにそんな感じです。

      この学校ができた当初は
      「東京もやればできるじゃないか。
      やっとやる気になったか」
      と関係者から言われたらしいです。

      とにかくすごい設備です。
      あれが私立だったら学費払えないだろうなと思います。

関連記事

自閉症児の家庭療育 HACプログラム お風呂を洗う

自閉症児の家庭療育 HACプログラム 洗濯物を干す の関連記事です。 HACプログラム とは HACプログラムは僕の長男で自閉症のR君の主治医だった 海野健先生が提唱している自閉症児の家庭療育プログラ …

no image

自閉症の長男と料理

こんにちは。 Mt.Woodsです。 僕の長男は自閉症です。 中学3年生です。 学校の授業で料理は習っていて、 先生たちは「Rくんはとても上手ですよ」と言います。 家でも積極的に料理に関わらせればよい …

主夫、自閉症、新小岩、架空の存在葛飾区のお話

卒業遠足のお迎え 僕は脱サラをして2018年1月から主夫をしています。 代わりに妻が働きに出ました。 長男のRくんは自閉症で東京都立の特別支援学校の中学3年生です。 長男Rくん、次男Aくんの対応は基本 …

自閉症のオキシトシン治療に乳酸菌の効果を検証中?

ともに自閉症の子をもつブログ友達で ぼくの小冊子自閉症児の育児事情 第1巻 自閉症児の育児事情 第2巻 (Mt.Woods)の共同執筆者であるCheeさんより 自閉症のオキシトシン治療に 乳酸菌を添加 …

凄いぞTwitter! 自閉症漫画Saltboxの応援、拡散をお願いした翌日の結果

自閉症漫画 Saltbox ! 昨日、自閉症とは何なのかを学べる漫画 という記事を書いて 知り合いの人が書き始めたSaltboxという漫画を紹介しました。 その知り合いの人は、4年前にブログを通じて知 …

プロフィール

 

森山ひでき

 

 

 

はじめまして。
森山ひできです。メールアドレス mtwoods2018@gmail.com

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの46歳です。2019年5月から電子書籍の発行を始めています(12月現在11冊発行)。僕が書いた本のご紹介