FX 主夫 介護 本の紹介 脱サラした理由

脱サラをして生活していく方法について コメントへのお返事

投稿日:2018年11月27日 更新日:

今朝、このブログに関してコメントをいただきました。
このブログではメルアドも公開しているので
コメントいただけるのは大歓迎です。

ただ、iPhoneの「メッセージ」機能に
コメントが届いたのが気にかかります。
このブログでは携帯番号は公開していません。

iPhoneの「メッセージ」にコメントを送信するには
僕の携帯番号を知らないと送れません。

きっと僕の知り合いなのでしょう。

そのコメントは匿名なのですが、
相手の携帯番号は表示されています。
コメントの内容もいやな感じはしません。

僕は去年の7月までガラケー携帯を使っていて
iPhoneに切り替えたとき電話番号の移行作業をしていません。

ガラケーをみればいいや、と思っていましたが、
ガラケーの電源が入らなくなり、
電話番号リストを喪失した状態になっています。

つまり、コメントの送信者が誰か分かっていません。
よっぽど気になれば電話すればよいと思っています。

 

このブログで僕は本名を伏せていますが、
顔は出していますし、小岩のことを書いているので
見る人が見ればだれか直ぐにわかる状態です。

身元不明の連絡があれば気になりますが
情報発信するということはこういうことなのでしょう。

(後に再度コメントをいただき知り合いでないことがわかりました。きちんとした人でした)

せっかくなのでコメントについて
僕の考えを書かせていただきます。

人生全部コンテンツですね。

その人から届いたメッセージの内容は
家族がいるのでサラリーマンを辞められない、
という主旨でした。

僕が脱サラできたのは次のように考えたからです。

脱サラした考え方

僕のうちは今年結婚20周年でした。
20年も家庭を持っていると家財道具はほとんど揃っています。

子どもは15歳と13歳になりました。
今年の年末はついに次男が家族旅行に行かないことになりました。

以前のように旅行代(遊び代)もかからなくなります。

長男は自閉症で公立の学校なので学費はほとんどかかりません。
次男は学力が伸びているところなので
出来ることはしてあげたいと思いますが、

妻は学資保険でOKと言っています。
実は僕は学資保険のこと良く分かっていません。

 

食べ盛りなので食費は掛かりますが、
やってみてわかったのですが、
食費ってすごく上下します。

長男は麻婆豆腐が大好きです。
昨日1丁半食べました。
でも豆腐です。たかが知れています。
しかも、大豆製品で健康にもよいはずです。

お金はあるにこしたことはありませんが、
お金のために時間を失うこと、
ストレスを抱えて働き続けることが
バランスが悪いと思うようになりました。

 

脱サラ後の稼ぎについて

妻と僕の2人でバイト、パートでもすれば
週3労働でも月に20万円くらい稼げると思ったのです。

あとは赤字は蓄えで補填。

蓄えが、一定以下に減ったら
サラリーマンに戻るか、
軽貨物輸送の仕事でもしようと思っています。

おそらく5年くらいは持つと思います。

 

60過ぎてから自由になるより、
まだ若いうちに自由になりたかったのです。

 

これが正解でした。
虫の予感がしたのか、
今年のはじめからあれよあれよという間に
父が体調を崩し、今年はかなり
父の対応で時間を使いました。

働いていたら無理でした。

今年は収支プラスマイナスゼロで終われそうです。

来年が本番だと思っています。

今年は5月から10月まで失業保険をもらっていました。

失業保険は前年度の収入に応じてもらえますが、
上限があります。

一方、国民健康保険料も前年度の収入に応じて
払わなくてはなりませんが、
これには上限がありません。

我が家家族4人が1年間に使った医療費と同じ額の
保険料を毎月支払っています。

クレイジー!
と思ってしまいますが、
僕は医療用医薬品を売って生活してきたので
健康保険制度には文句言えないと思っています。

文句は言えませんが
失業保険と国民健康保険料を差し引くと全くの赤字です。

資産運用はFXをしています。
お小遣い程度稼ぐことは出来ています。

FXは1年間で9割の人が強制ロスカットにあう、
だから危険だ、と言われます。

実際に友人にも言われました。

ただ、そういう人は、FXについて勉強したこともなく、
やったこともなく、
FXで稼いでいる人に話を聞いたこともないのに
対して根拠もなく「危険」と言います。

僕はFXについてこれだ、と思う本を繰り返し読み、
デモトレードをして、
その本の著者に実際にあって気になることを確認し、
実行しました。

気になること、というのは零以下にならないか?
ということです。
「ならないですね」という回答でした。

1年半やっていますが、損をしたことがありません。

2018年は株式相場では4,5回暴落がありました。
必ずしも為替相場と株式相場は連動していませんが、
今年は為替も難しい年だったようです。

でも、生き延びました。

その方法はこうです。

下がった時に売らない
預けている金額の10%以上を投資に回さない

これです。

買った時より下がるのはしょっちゅうあります。
含み損があると嫌な感じが最初はしましたが、
下がった時点で売らなければ損にはなりません。

持っている間にも利息が付いていきます。
日本の銀行に預けているより良いです。

含み損が大きくなりすぎると
強制ロスカットされてしまいますが、

例えば
100万円預けて10万円を投資に回します。
90万円が余力となります。

10万円投入して含み損が90万円を超えなければ
ロスカットされません。

ロスカットされそうになったら、
投入している10万円分を損切すれば
ロスカットされません。

僕が読んだ本によるとこの辺の仕組みを
分かっていない人が実は多いそうです。

僕も良く分かっていません。
なので、上の説明は正確にはあっていないと思います。
でも、だいたい、間違えていないと思います。

10%以内の運用、ということを守っていれば
安全だと思っています。

でも、やっているうちに欲がでて
30%近くまで投入したことがありました。

そして8月のトルコリラショックというのがあり
肝を冷やしました。

でも平気でした。

なので10%以内の投資ならかなり安全。
1%の投資なら絶対ロスカットされないだろう、と思っています。

つまり、
100万円預けて1万円しか投資に回さなければ
まず安心だと思います。

詳しく書けないのですが(よくわかってないので)、
ヒロセ通商のLION FXだとほかよりも10分の1の単位で買えます。

DMMのFXだとニュージーランドドルを
1ポジション買うのに約3万円必要ですが、
LION FXだと約3000円で買えます。

1ポジションでもニュージーランドドルが
1円動けば千円の儲けになります。

これはこの記事を読んでいる人に
FXを進めているわけではありません。

決まり文句ですが、投資は自己責任でお願いします。

なんだかひどく取り留めのない話になってしまいました。

FXに関して正確な情報はこちらをどうぞ。

 

 

-FX, 主夫, 介護, 本の紹介, 脱サラした理由

執筆者:

関連記事

資本主義が個人に与えた最強の集金マシーン FX 2

資本主義が個人に与えた最強の集金マシーン FXの続きです。 午堂登紀雄さんのという作家さんに思想的影響を僕は受けてきましたが、午堂さんの本質はお金を稼ぐ情報を提供することです。 午堂さんのお金に関する …

大丈夫、大丈夫

僕の長男Rくんは自閉症です。 知的障害がありますが、、 発語はありますし、簡単な意思疎通は出来ます。 でも、理由を説明したり、買い物に必要な計算は なかなかできません。 Rくんが赤ちゃんのころは沢山、 …

父のリハビリに僕がつきあう

父の看病介護を通じて考えた親子関係の続きです。 父は70歳を過ぎてから体のあちこちにガタが出ました。 昨年10月には自宅で転倒して打ちどころが悪く 脊髄損傷を起こして寝たきりの危機になりました。 奇跡 …

「自閉症児の育児事情」 第 2 巻

自閉症児の育児事情 第1巻 この記事の続きです。 自閉症とは何なのか。うちの子の場合はどうだったのかそういうことを書いた記事をまとめてPDFを作成しました。 その後、自閉症に使用されている治療法や薬に …

落合洋一氏「超AI時代の生存戦略」を読んでいます

落合洋一さんって誰? 写真を見て「ああ、顔は知っている」と僕は思ったのですが、 今回、本を買うまで知りませんでした。 落合洋一さんは日本の科学者で、あの落合信彦さんの息子です。落合信彦さんと言えば、僕 …

プロフィール

 

森山ひでき

 

 

 

はじめまして。
森山ひできです。メールアドレス mtwoods2018@gmail.com

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの46歳です。2019年5月から電子書籍の発行を始めています(12月現在11冊発行)。僕が書いた本のご紹介