脱サラした理由 自閉症

自閉症児の育児事情 第1巻

投稿日:2018年11月1日 更新日:

ブログで本1冊分の記事を書いてPDFにしたことがありました。

この記事の続きです。

サラリーマンを辞めて人生を変えるためにブログを始めた経緯をまとめたPDFを書きあげた後、僕は自閉症についての記事をまとめて書くようになりました。

自閉症とは何なのか。うちの子の場合はどうだったのかそういうことを書いた記事をまとめてPDFを作成しました。

それがこちらです。

自閉症児の育児事情 第1巻

以前はヤフーブログに書いてYahoo Boxに投稿していました。
その際、以前使っていたHotmailのアドレスをPDFの1枚目に記載していたことに今気が付きました。

Hotmailは、途中から使いずらくなってしまい、今は開き方も分からなくなってしまっています。あちらのメールに連絡をくれていた人がもしいたらと思うと申し訳ない気持ちと残念な気持ちでいっぱいです。連絡先はきちんと確認せねばです。

今回は普段使っているYahooメールのアドレスに切り替えています。
感想等いただけると嬉しいです。

PDFにコメントを掲載しているCheeさんという人は2011年3月11日からブログを書き続け、現在1,000記事近い記事を投稿しているアメリカで自閉症の男の子を育てている日本人女性です。https://blogs.yahoo.co.jp/giantchee2

僕のブログにコメントを残してくださっている方でもあります。

自閉症の子供を育てるのは本当に大変です。今現在も大変な思いをされている親御さんはいらっしゃると思います。そういう人たちに少しでも役に立つ情報を届けたいと思い、自分だけの意見に偏らず客観性をもたせるためCheeさんのコメントもPDFにする際に掲載させていただきました。

ご本人にもちろん了解を得て掲載しましたが、かれこれ2年以上前のことです。今も有効かなあ?

続きはこちら↓
「自閉症児の育児事情」 第 2 巻

-脱サラした理由, 自閉症

執筆者:


関連記事

資本主義が個人に与えた最強の集金マシーン FX

午堂登紀雄さんに学ぶ自由の尊さの続きです。 前回の記事では午堂登紀雄さんから 会社に属さず自由に生きる人生があることを 教わった、と紹介しました。 僕は午堂さんから思想的な影響を受けていますが、 午堂 …

Webライターに夢中になってブログは放置

「自閉症児の育児事情」 第 2 巻 の続きです。 サラリーマンをいつかは辞めたいと思い続けて 何年もサラリーマンを辞められていない、 本ばかり読んで何も行動していない自分に いらだちを覚えていた僕は、 …

「自閉症児の育児事情」 第 2 巻

自閉症児の育児事情 第1巻 この記事の続きです。 自閉症とは何なのか。うちの子の場合はどうだったのかそういうことを書いた記事をまとめてPDFを作成しました。 その後、自閉症に使用されている治療法や薬に …

クローズアップ現代「発達障害 能力引き出す現場」の感想

ブログの記事にしようと思い、 11月26日(月)22時から30分放送された NHKのクローズアップ現代 「発達障害 能力引き出す現場」を メモを取りながら見ました。 とても夢のある良い番組でした。 さ …

自閉症長男中学最後の学芸発表会

やっぱり東京はすごいなあ、と思わせる学校です。 東京都立鹿本学園は長男が通っている学校です。 5年前に出来ました。 それ以前は小岩特別養護学校という学校がありました。 鹿本学園の沿革に小岩特別養護学校 …

プロフィール

 

森山ひでき

 

 

 

はじめまして。
森山ひできです。メールアドレス mtwoods2018@gmail.com

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの46歳です。2019年5月から電子書籍の発行を始めています(12月現在11冊発行)。僕が書いた本のご紹介