N国党ウオッチ

NHKから国民を守る党 尾崎全紀氏に会った 

投稿日:

2019年11月5日
NHKから国民を守る党(以下、N国党)ウォッチャーのひできです。

立花孝志N国党首(以下、立花さん)の彼女で司法書士の加陽麻里布さん(以下、まりのさん)の裁判を傍聴するため10月31日、東京高等裁判所に行き、非常に興味深い人物に遭遇しましたので、その経験をシェアします。

2019年10月31日809法廷前

まりのさんの裁判を傍聴するため809法廷に行くと「既に満席で入ることが出来ない」と誰かが教えてくれました。

国会議員の浜田聡氏すらも中に入れずにいました。

法廷の入り口で裁判所の人と話をしている人がいたので近づいてみました。

よく言えばソクラテスみたい、見たままを素直に表現すれば髭面の活動家のような男性が、やや若めの男性職員に質問をしていました。

「国民の知る権利を阻害しているんだよ。憲法違反だよ。どの法律の何条を根拠に中にいれないんだ」というようなことを聞いていました。

男性職員は何も答えられずに黙って入口に立ちふさがっていました。

その男性職員よりもややベテラン風の女性職員が法廷から出てきて、

「パイプ椅子を出して席を増やすことは裁判長が許可しないとのことでした」

というようなことを説明していました。

より大きな法廷に移動して傍聴を希望している人が全員は入れるようにしてほしい、という提案もあったようですが、それも「裁判長が許可しませんでした」ということでした。

髭の男性は、中に入れない法的根拠を聞いていましたが、女性職員は「裁判長が許可しなかったから」と返事をしていました。

2,3度同じやり取りが繰り返されたように思います。

裁判所の職員の人は、そういう質問に答えられないんだなあ、きっと日本人は大人しいから今までこういう質問をする人がいなかったのだろうなあ、と思いました。

僕はMR(製薬会社の営業)をかつてしていて、癌治療学会や日本血液学会、ASCO、ASHなど国内外の学術集会に何度も参加させていただきましたが、聞きたい人がいれば、立ち見でも中に入れるし、それでも入りきらない場合は、別室でモニターを通じて中の様子を見れるように会場側が対応するのを見てきたので、「なぜ入れさせてくれないのか」という質問は、聞いてみるのも「あり」だと思いました。

ただ、髭の男性の言い方がきつかったので、対応している女の人にしたら大変だろうなあ、と思って様子を見ていました。

周りにいた他の人も僕と同じように感じていたようで、2人くらいの男性が、「こうこうこういう理由で入れないんじゃないですか?」と諭していました。

髭の男性の言い方はややきつかったのですが、言っていることはおかしくないし、狂気は感じなかったので僕はただただ様子を見ていました。知らぬ間にうやむやになっていました。

裁判が終わって移動

裁判が終わると裁判所の敷地から出た歩道のところで立花さんの解説と質疑応答が始まります。

僕は、N国党の裁判を見るのはその時が2度目だったので、その流れを知っていて、先にエレベーターホールに向かいました。ボタンを押してエレベーターを呼んでおこうと思ったのです。

しばらくすると立花さんがノシノシと歩いてきました。その後は80人くらいの人間がゾロゾロとついてくるのです。なんかすごい光景です。

同じことを立花さんも思ったようで

「すごい人数やなア」

という感じのことを言ったので僕は、

「先週の新小岩パークホテルさんの時より多いですね」と答えました。

それに対して、先ほどの髭の男性が

「俺が(N国党の)裁判を傍聴し始めた頃は2人しかいなかった」
と言いました。

僕は自分に話しかけられたのか判断がつかず、目が泳いでしまいました。

ただ、「ああ、この人は随分前からのN国党の支持者なんだなあ」と思いました。

立花さんの囲み取材が

この裁判は、原告がまりのさんで、被告は東京都選挙管理委員会です。

墨田区民のまりのさんが、足立区議会議員選挙に立候補して8位当選をしたのですが、被選挙権が認められず当選無効となったことが憲法違反である、と訴えた裁判です。

なんでこんなことをしたのだろうと、過去の立花さんと、まりのさんのYouTubeを見て勉強してから傍聴に行きました。

非常に、計画的で、戦略的で、政治的な活動だということが分かって、益々僕はN国党に興味を持ちました。

そういうことがあったので、今回もつい、最前列で立花さんの話を聞くことになりました。

前回、最前列正面で30分以上立花さんの演説をもろに受けてヘロヘロに消耗したので、今回は、やや斜め右に位置をとりました。

なぜこのような裁判をしているのか解説した動画は半年以上前にアップされたものです。

知らない人も多いはずです。そこで、もう一度その話を引き出したいと思って質問しました。

その他にも2,3発言しました。

見るているのと実際にやってみるのとでは大違いです。なかなか上手く質問、発言できません。

囲み取材を終わって、やや凹んで、人垣から出ると、先ほどの髭の男性が優しい目で僕を見ていました。「良いやり取りだったね」と言われているような気がしました。勘違いかもしれません。

髭の男性は有名なN国党員だった

髭の男性のことは忘れて、まりのさんの裁判傍聴記録を書こうと思って、ネット上で色々調べてみました。お父さんの加陽てるみ氏のインタビュー動画があったので聞いてみました。

とても良いインタビュー動画でした。

「あれ?」

と思いましたが、深く考えませんでした。

それが、この丸山穂高衆議院議員のインパクトあるツイートで気が付きました。
僕が裁判所で遭遇した髭の男性でした。「あの、尾崎さん」とあります。気になるので調べてみました。

早稲田大学→京都大学→パリでルンペン? N国党尾崎氏

尾崎全紀とググると

【2019選挙】尾崎全紀氏の経歴・プロフィール!NHKから国民を守る党とは?

という記事が最上位に表示されたので見てみました。

早稲田大学と京大大学院で法律を学んだようです。

尾崎さん本人がこの記事を読んだようで追加情報を提供していることから、この経歴は間違いなさそうです。

尾崎全紀のNHK政見放送の内容がヤバイ!経歴プロフィール・公約についても

この記事によると40代前半はパリでホームレスとあります。
全部の動画を聞いていないので、エビデンス不明です。

でも「nhkから国民を守る党 尾崎まさのり ホームレス」で検索したらあっさり見つかりました。

大阪放送の政見放送でパリでホームレスとありました。確かにこの人の政見放送は面白いです。
話が上手い。

政見放送の全文 NHKから国民を守る党 尾崎全紀 テレビ大阪(民放)参院選2019 大阪選挙区

一人芝居でNHK問題とN国党のことが良く分かる素晴らしい政見放送です。

N国党 尾崎氏は選挙参謀!?

このインタビューの中でひたちなか市に選挙参謀として応援に行ったと語っています。

たぶんです。37分の動画をもう一度聞いて確認するのが大変なので、ご自身で聞いて確認してください。

ただ、Twitter上で公職選挙法違反を度々指摘していますし、経歴からも法的な知識のある人のようです。尾崎さん関連のネット情報を見ると尾崎さんに対する好意的なコメントが沢山あります。

小説や劇画のような実在の政党NHKから国民を守る党

N国党で活躍している人が頭が良いのは動画をいくつか見れば良く分かります。

ただ、温室育ちとは違う野性味あふれる経歴の人たちです。

党首の立花さんと幹事長の上杉さんは、家庭の事情で15歳で自活しています。

立花さんは、NHK退職後パチプロでしたし、上杉さんはダライ・ラマに呼ばれてインドに行ったのがきっかけで出家しています。司法書士の加陽麻里布さんは中学時代に遊びすぎて高校に受からず、通信制の高校で高卒資格を得ています。そして、今回ご紹介した尾崎さんは元ホームレスです。

僧侶に浪人って七人の侍のような個性派集団です。

N国党は、いずれ成功して日本に大きな影響をもたらすと僕は予想しています。

彼らが歴史上の人物になった時、小説の格好の材料になるでしょう。

そういう人たちに今なら実際に会いに行けるのですからすごいことです。

-N国党ウオッチ

執筆者:

関連記事

立花孝志 N国党党首は信用出来るか検証してみた

NHKから国民を守る党の報道がなくなったので自分で検証してみた 令和元年9月10日総務省発表の報道資料「令和元年分政党交付金の変更決定等」によると日本で政党交付金をもらうことが出来る党はわずか8党しか …

NHKから国民の守る党の定例記者会見に行ってみた ~体験記をネットにアップした反応と思ったこと~

NHKから国民の守る党の定例記者会見に行ってみた NHKから国民の守る党の定例記者会見に行ってみた ~上杉隆氏に会った編~ ↑ これらの記事の続きです。 僕がどういう人物か、N国党定例記者会見(201 …

NHKから国民の守る党の定例記者会見に行ってみた ~上杉隆氏に会った編~

NHKから国民の守る党の定例記者会見に行ってみた(2019年10月25日)のつづきです。  NHKから国民を守る党(以下、N国党)の党幹部定例会見は一般人でも取材可能です。とは言え、敷居が高いので「参 …

N国党足立区議選居住実態裁判について勉強してみた 真面目な政治活動の一環であることが分かった

2019年10月30日水曜日   NHKから国民を守る党(以下、N国党)が面白すぎて、この1週間続けてN国党に関する記事を書いてきました。  書くって結構疲れるんですよ。しかも政治問題だし。今日は、久 …

NHKから国民の守る党の定例記者会見に行ってみた

N国党の党幹部定例会見は一般人でも取材可能 NHKから国民を守る党(以下、N国党)は毎週金曜日に参議院会館で定例会見を行っています。 なんとこの定例会見は一般人でも取材可能です。(2019年10月25 …

プロフィール

 

ひでき

 

 

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス mtwoods2018@gmail.com

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの46歳です。2019年5月から電子書籍の発行を始めています(10月現在10冊発行)。僕が書いた本のご紹介