小岩

小岩で最も有名な和菓子屋 美奈津!

投稿日:

和菓子で昼食

僕と次男は和菓子が好きでよく昼飯に団子や饅頭を食べます。

行きつけは小岩の柳家さんです。

小岩の和菓子屋 柳家さん 絶品みたらし団子!

「和菓子が食べたい」と次男が言うので出かけたら、柳家さんが閉まっていました。ああ、確か、水曜休みだったかもしれない。

そうだ!ちょっと遠いけど京成小岩の美奈津さんに行こう!と思いったってさっき行ってきました。

小岩美奈津は多数テレビに登場!

美奈津のホームページ

我が家はかつて京成小岩付近に住んでいたので当時はちょこちょこ美奈津さんに通っていました。

今でも、その近くの成光堂クリニックさんは我が家のかかりつけです。

インフルエンザの予防接種の後に子供を連れて美奈津さんで団子を買ったりしたものです。

さっき聞いたら次男は覚えてませんでしたが。

いやー、小岩を紹介しているこのブログで美奈津さんを紹介していなかったのは不思議です。

小岩で一番有名な和菓子屋さんなんですよ。

和風総本家、ちい散歩、アド街ック天国と誰もが知っているあれらの番組で紹介されているお店なんです。

小岩美奈津の麩まんじゅう

20年くらい前に仕事で広島に住んでいました。
広島と言えばもみじ饅頭です。

でも、航空会社のCAさんたちの間で人気のお土産と言えば麩餅だと聞いて買って食べたことがあります。

確かに美味かったです。

さっき美奈津さんにいったら麩まんじゅうというものがあったので
「広島のですか?」と聞いたら
「京都のですよ。和風総本家さんでも紹介していただいたんです」
とのことでした。

ネットで調べたら、夏菓子ベスト9に選ばれたというではないですか。

早速食べてみましょう。

本物の笹に包まれています。
お饅頭自体はビニールにくるまれていますがほのかに笹の爽やかなにおいがします。

ビニールを外すと笹の爽やかで美味しそうなにおいが広がりました。

へー、すごく不思議な歯ごたえ、食感です。
これが生の麩かあ。

いつも食べているお餅のお饅頭と全然違います。

美味しい。

なんかすごく上品な感じがします。

美奈津さんはいつ行ってもお客さんがいる小岩住民に愛されている和菓子屋さんです。

-小岩

執筆者:

関連記事

2018年末 小岩神社情報と参拝のお作法

クリスマスも終わり、これからお正月ムードが高まってきます。 お正月と言えば神社、小岩の神社と言えば小岩神社です。 取材しに行ってきました。 「注連」 情報 読み方、意味、販売期間 注連と書いて「しめ」 …

小岩駅再開発 南口にショベルカー登場!

2019年3月7日に僕が撮影した写真です。 小岩駅南口駐輪場にショベルカーが出現しました。 いよいよ始まりましたね。 フラワーロードのリンガーハット周辺も工事していたと 読者の方から今日連絡をいただき …

祝小岩駅開業120周年 記念イベント情報!

~おかげさまで120周年!120年間の感謝を込めて!~総武本線小岩駅は開業120周年を迎えます!(PDF) 上のリンク先にあるPDFはJR東日本の公式情報です。 シャポーのイベント会場を見てきました …

小岩の和菓子屋 柳家さん 絶品みたらし団子!

僕は和菓子が大好きです。 妻と長男は、和菓子より明らかに洋菓子のほうが好きです。 次男は和菓子が大好きです。 一昨日月曜日のお昼は春休み中の次男と2人だったので、 和菓子屋さんで和菓子を買ってきてお昼 …

小岩は地名、小岩井は人名

小岩の出身です、と説明して 相手が地理に疎い人の場合 「小岩井?」 と聞かれることがあります。 小岩井は岩手でしょ、って 突っ込みたくなりますが、 僕の常識が世間の常識とは限りません。 そういう時は気 …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。