主夫

キングコング梶原の主夫体験が素晴らしい!

投稿日:

主夫のススメ

僕は2018年1月から脱サラをして主夫をしています。
20年間専業主婦だった妻が代わりに働きに出るようになりました。

第二の人生、男が主夫をして
女性が社会で活躍する
という人生も良いのではないかと考えています。

今、「主夫のススメ」というテーマで
本を執筆中、というのが簡単な私の自己紹介です。

キングコング梶原のYouTubeチャンネル

お笑いコンビのキングコングは名前は知っていましたが、
見たこともありませんでした。

キングコングの梶原くんがやっているYouTubeを
最近見るようになって、ファンになりました。

もちろん、面白いのですが、
礼儀正しいし、聞き上手だし、
奥さん思いでそれを素直に表現しているし、
家族思いなんですよ。

高感度超高いですよ!

カジサック 1日ママになる!

キングコングの梶原くんは、
YouTubeではカジサックと名乗っています。

子供4人です。
奥さんは専業主婦なのかな?

奥さんに一日お休みをしてもらう、
ということでカジサックくんが
一日家事をしたことが動画で紹介されています。

カジサック 主夫体験で学ぶママの大変さ

カジサックくんの子供は2人が小学生。
1人が幼稚園。1人が幼稚園前です。

朝、子供たちにご飯を作って食べさせて、
小学生を送り出し、
幼稚園へ3人目を送って、
家に帰って、食器を片して、
洗濯をして、掃除して、

4番目の子にお昼を作って食べさせて、
そうしたら、3番目の子が幼稚園から戻ってきてその対応をして、その次に、1番目と2番目の子が順次学校から帰ってきて、それぞれに対応。

洗濯ものを取り込んで、
買い物に行って、

夕飯を作って、
子供に食べさせて、
片づけをして、風呂。

寝る前に子供たちと遊んであげて、
寝かしつけて一日が終わります。

こんな感じで、読んだり、聞いたりしただけでは
なかなかピンとこないと思います。

「丸1日ママになってみました」

とYouTubeで検索して見てみてください。(添付の動画で見れますが)。

その大変さがきっと伝わってくるのではないかと思います。

第二の人生で主夫をススメる理由

一括りにして発言するのは最近攻撃される傾向にありますが、やっぱりある集団とか属性の性質ってあると思うんです。

僕は子供が小さい頃も積極的に育児に参加しましたが、
やっぱり、子供が小さい頃は母親が育てた方がうまく行くケースが多いのではないか、と思います。

カジサックくんの動画をみていただければわかると思いますが、子供の相手するの大変ですよ。

僕には無理です。

今は主夫をしていて、子供の対応ももちろんしています。

自閉症の長男は高1です。
公立中学校に通っている次男は中2です。

それぞれ、かなり自分のことを自分で出来るようになりました。
遊ぶのも自分で遊ぶようになりました。

こういう段階になったら、父親だって主夫は出来る、
と僕は思っています。

その段階で主夫と主婦が入れ替わった方が成功率は高いのではないでしょうか。

以前、ネットの記事で、主夫になって早々に仕事に復帰した4人の男の話がありました。

みんな乳幼児の対応に降参して「仕事に逃げて」いました。

まあ、まだまだ社会制度的に難しいこともあると思いますが、男も主夫をすることが珍しくない時代は来ると思っています。

-主夫

執筆者:

関連記事

熾烈を極める「おっさん差別」!?

主夫のススメ、中年男性よ、会社にしがみついていて楽しいですか? ↑ 以前、こんな記事を書いたことがありました。 男は中高年になると会社・社会から必要とされなくなる。 逆に、女性は子育てがひと段落したら …

昨日の晩御飯 マカロニグラタン

昨日の晩御飯は、マカロニグラタン、温泉卵、イカ納豆、キャベツの千切り、焼き芋、バナナ、アオサの味噌汁でした。 関連

焚火の10秒動画

子供の頃に江戸川の土手で友達と焚火をして遊びましたが 最近では焚火もなかなか都内では出来ません。 今日、久しぶりに燃える火を見てきましたので 撮影しました。 10秒間、ただ、焚火が燃えているだけの映像 …

ジョンレノンをフェミニストにした日本人

僕が若い頃は(1973年生まれ) 「マザコン」という言葉で 母を大切にすることが はばかられる風潮がありました。 彼女や奥さんのことが大好きだ と言うのも言いにくい雰囲気がありました。 僕が公の場で堂 …

「ゆるく考えよう」から得た自由な生活

こんにちは。 Mt.Woodsです。 僕は大学卒業後20年間働いて、 昨年末に脱サラをしました。 今は主夫をしています。 家庭の運営、子どもの世話をしながら、 必要に応じて父の介護をしています。 若い …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。