ひできのつぶやき

公的年金に関して、公務員には本質的な議論を期待します。個人としても自分の人生を考えるよいきっかけにしたいです。

投稿日:

このブログでは、公的年金に関しる金融庁の報告書案が出たときからいくつか記事を書いてきました。

公的年金に関する政府からのメッセージ

年金制度について考えよう

武田邦彦先生のメッセージ 「年金は小遣い程度と期待値を下げよう」

年金が月に5万円足りなくなるって言われてますが

財務大臣が報告書を全部読んだか、はどうでもよい

地上波のニュースを見ていたら
国会で麻生さんが質問されて
報告書を全部読んでない、と答えているところが
報道されていました。

まあ、この年金に関する報告書に関しては
紛糾するのが目に見えているのですから
全部に目を通すくらいでも良かったかもしれませんが、

普通に仕事をしていても膨大な量の情報が入ってきますよね。

麻生さんの立場にもなれば
物理的にもすべての文章に目を通すことは
不可能でしょう。

全部に目を通しているか、
よりも本質的な問題について
どう考えるのかを
議論して欲しいものです。

フォトリーディングという読書術をマスターすると
必要な部分だけピックアップして読めるようになります。
(僕はマスターするところまではいっていませんが)

でもフォトリーディングをマスターしていなくても
PDFならCtrl+Fで検索窓を出して「年金」と入力すれば
あの報告書の中から年金と書かれた部分をピックアップすることが出来ます。

年金100年安心を追求してもねえ

年金100年安心って言ったじゃないか、
と怒っている人がいます。

まあ、怒りますよね。

外国だったら暴動やデモが起きているかもしれないですね。

国会でも安倍さんを野党が追及してました。

でも、年金の問題なんって昔から分かってたでしょうに。
民主党のときだって問題は存在していたはず。

100年安心って安倍さんが言ったんでしたっけ?

政権の連続性があるので、
安倍さんも「ぼくが言ったんじゃないから」
とは言えないでしょうけど、
安倍さんをいま追求してもしょうがないですよ。

以前の記事にも書きましたが、
虎ノ門ニュースで中部大学教授の武田邦彦先生が
日本人の平均寿命が80歳を超えたのは
2000年代に入ってからだ。
だから制度が現状に追いつけていないのは
ある意味しかたない、という主旨のことを言っていました。

僕はその通りだと思います。

昔は60歳で定年して75歳くらいで死ぬ人が多かったですが、今は90歳くらいまで生きている人は本当に多いですよね。

ぼくら団塊ジュニアは100歳まで生きる可能性ありますよ。
でも、第三次ベビーブームは来ませんでしたからね。

人口は減り続けます。

そりゃ、今まで通りにはいきませんよ。

だから、今後、どうしたらよいかね、と
国会でも真面目に検討して欲しいですよね。

選挙のためのアピールでなくて。

あの、国会で野党が怒って議論するのはどうにかならないんでしょうか。

あれじゃ、建設的な話なんかにならないと思うし、
見ていて落ち着かないです。

公的年金に関する金融庁の報告書を、今後の日本を考えるきっかけにして欲しい

金融庁の報告書は削除されたとニュースで聞きましたが
「年金 金融庁 PDF」と検索したら見つかりました。

以前、このブログで年金について書いた時は(案)でしたが6月3日付けで(案)はとれたようです。

それが削除された、とか、麻生さんが、受け取りを拒否した、と言われています。

そんなこんなでこの議論が下火になったら
残念ですね。

報告書を葬っても、現実問題はなくならないじゃないですか。

正書では見つけられませんでしたが(案)の段階では
かつての標準的な人生が標準的でなくなった。

標準的な人生が存在しなくなったから、
自分の人生は自分でしっかり考えよう、
という主旨のことが書かれていました。

至極最もなことだと思います。

結局、個人の問題になるのですから
自分のこととして考えておきたいと思います。

2000万円足りなくなる、が独り歩き 

2000万円足りなくなる、という金額が独り歩きしている、と言われていますね。僕の母も「2000万円」と言っていました。PDFの21ページ(1)「長寿化に伴い、資産寿命を延ばすことが必要」の項に書いてありました。

ただ、報告書に書いてありますが、これはあくまで単純計算した場合の金額です。

65歳の人が30年生きたら、という設定ですが、
30年ですよ。

世の中どうなっているのかわかりません。

影響を与える因子が多すぎて
不足金額なんて正確に予想できるはずないと思います。

でも、金額ではなく、最悪の状態を想定して準備するのが大事なのではないでしょうか。

いくら貯めておくか、よりも死ぬまで稼ぎ続けられる能力を身につけることが大事、というメッセージだと思います。

資産運用で稼ぐ、
定年のない、自営、個人事業主として稼げる能力を付けておく、
そういうことだと理解しています。

消費増税は反対です

-ひできのつぶやき

執筆者:

関連記事

終身雇用制に関する堀江貴文氏のコメント

日本人の働き方が本当に変化し始めた感じがします 昨日も年金に関する記事を書きました。 武田邦彦先生のメッセージ 「年金は小遣い程度と期待値を下げよう」 団塊ジュニア世代の僕ら世代が老後を迎えるころには …

人手不足でインスタントラーメン値上げ?

先日、チャルメラや中華三昧でお馴染みの明星食品が6月1日出荷分から値上げをすることを発表しました。 対象商品は全体の約3分の2にあたる70品目ほどになり、全製品ではありません。 詳細は、明星食品のニュ …

ネット世界における僕の顔の変遷 

少し前までこのイラストを使っていました。 僕に全然似ていません。 なぜなら、僕の写真を見て書いたのではなく、「いいな♪」と思った人のイラストを見ながら描いたからです。 だから、その人のイラストにはよく …

戦え!ぼくの白血球物語

この記事はSFスピリチュアル的医療系記事です 一部分の正しい医学知識と、科学的に検証しようのないファンタジーと 誰もが経験する圧倒的事実を織り交ぜて作った SFスピリチュアル的医療系記事です。 この記 …

次男が挨拶しない!

僕の次男はこの4月で中学2年生になります。 まあ、難しい年齢ですね。 僕は主夫をしていることもあり、 次男が学校に行くときは玄関までついていって お見送りをしています。 僕の母がいつもそうしていたので …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。