ひできのつぶやき

高齢者の自動車運転について考えた

投稿日:

ここ数日このブログでは公的年金問題について取り上げています

関連記事

年金が月に5万円足りなくなるって言われてますが

このブログの年金に関するはじめの頃の記事では、地上波のニュースでは金融庁の年金に関する声明はあまり報じられていないようだ、と書きました。

今朝のテレビ朝日のニュースでそれが報じられていたと妻から聞いたので
ネットで確認しました。

麻生大臣のコメントが紹介されていました。

また、金融庁の報告書も紹介されていました。
が、あれは正確には(案)です。

退職後2000万円不足も 麻生大臣 資産形成考えて…[2019/06/04 11:58] テレ朝news

ネットで再確認しましたが、
(案)のままでした。

まあ、大差ないかもしれないのですが、
僕はこういうところ気になるんですよね。

年金の問題は、とても大きなことだと思うのですが
なんか扱いが小さいような気がします。

僕が見てないだけかもしれませんがね。

高齢者運転手による交通事故

地上波のテレビニュースをくまなく見ているわけではないので
年金問題について僕が見落としている可能性はあります。

でも、そんな僕にでもやたら目に付くニュースがあります。

交通事故です。

特に、高齢者の事故です。

本当に痛ましいニュースです。

僕は、今脱サラをして主に主夫をしていますが、
大卒後約20年は製薬会社の営業職をしていました。

MRといいます。多くのMRは通勤、営業活動に車を使います。

僕は多くの地区を担当してきたため一概には言えませんが
だいたい家から遠いところを担当していたので
毎日100キロ以上は車を走らせていました。

MRを辞めて自動車を手放したので今はほとんど車を運転しませんが
かつては手足のように車を使って、ちょっと離れたところに行くのでも
車を使っていたので、自動車事故のニュースは他人事とは思えません。

テレビニュースで報じられる交通事故のニュースを考える

最近は、ネットニュースで情報を取ることが多いです。

でも、朝食時、家族で食事をするときは、従来の習慣でテレビをつけています。

家族で林修先生の言葉検定を楽しみにしているので
テレ朝のニュースを見ています。

僕の印象なのですが、ネットニュースに比べて
地上波のニュースでは交通事故を報じる割合が
とても高いように思います。

なんか、町中、交通事故だらけなのではないか、
特に、高齢者の事故が多い、という錯覚を持ってしまいそうです。

本当なのでしょうか。

かつて、僕らが子供の頃は、「交通戦争」という言葉がありました。

年間の交通事故死者数が1万人を超え、
日清戦争での戦死者数と並んだから「交通戦争」という言葉が
使われた、という記憶があります。

でも、今は、交通事故による死者の数は減少しているはずです。

そして、高齢者の運転での事故です。

高齢者の事故は多いのでしょうか。

高齢者の交通事故は多くはない by 武田邦彦先生

このブログで何度かご紹介しましたが、
僕は中部大学教授の武田邦彦先生の仰っていることに
とても感銘を受けます。

ほー、なるほど~。
と思うことがあります。

僕の専門(かつての)は医療用医薬品なので、
武田邦彦先生の医療に関するコメントについては
少し、言いたいことがある時もありますが、
医療の分野に関しても大枠では武田先生の意見に賛成です。

その武田先生が、高齢者の交通事故について
計算したことがあるそうです。

その計算によると交通事故を起こす割合は
高齢者は多くない。

20代男性あるいは、全般的に女性の方が多い、
と言います。

動画を貼付します。8分目くらいからその話になります。

自分で計算したわけではないので
本当に高齢者の運転する車での事故が多いかどうかは分かりません。

ただ、多くの高齢者は、スピードを出さないので、
安全運転だ、というのは説得力があります。

本当のところはどうなのでしょう。

僕は仕事で山間部も担当になったことがあり、
長年、日本の奥地(失礼します)を車で走り回ってきました。

過疎地と呼ばれるところです。

そこはお年寄りばかりです。

公共交通機関はないに等しいです。

そういうところの高齢者から運転免許を取り上げたら
生活が成り立たなくなると思うのです。

高齢者が運転する車で重大な事故が起きた、というのは本当だと思います。

でも、報じられていない陰で、20代、30代が運転する車でも
重大な事故が起きている可能性があります。

自動車保険の保険料が20代で高いのは、
事故の確率が高いからだと思います。

可能であるなら運転しないようにしましょう

老若男女だれが運転していようが、ひかれて、はねられて死んでしまった人にとっては結果は同じです。

体力、腕力に関わらず、アクセルを踏んだら、自動車は
人を殺せてしまえるくらいのエネルギーを持つ物体です。

危険な存在なんですよね。

あまりそういう認識はないと思いますし
報じられてもいないように思います。

もう、20年くらい前に聞いた話なので
そういうこともあったかもしれないなあ、
くらいの感じで読んでいただきたいのですが、

自動車が危険な物体である、というのは報じられにくい、と言うのです。

なぜなら、日本の広告で一番金額が多いのが自動車の広告だからだ、
というのです。

実際、僕は日本の広告費における自動車の割合を見た訳ではありません。
が、ありえそうな話です。

事故に巻き込まれた本人、家族の方は本当に気の毒です。

一方、長年運転していた立場からすると
事故を起こしてしまった人も大変だろうなと思います。

きっと後悔の気持ちでさいなまれていると思います。

仕事や生活で、車を運転しなくても良いのであれば、
車に乗らないようにしたほうがよいと僕は思います。

車に乗らないと、良いことがある

先ほども書きましたが、僕はMRを辞めて車を手放しました。

必要な時はタクシー、レンタカーを使っています。

それ以外普段は歩いています。

歩いていれば、人をひき殺してしまう可能性は極限まで減ります。

小岩(東京都江戸川区)ですら昼間の街は高齢者が多いです。

小岩の老人は自転車になっている人が本当に多いのです。

僕も自転車に乗って、お年寄りの運転する自転車とぶつかってけがをさせたら嫌なので歩いている方が、気が楽です。

車を手放してから4キロ痩せました。

家事労働が主因と思っていますが、
車に乗らなくなったことも影響あると思います。

車があった時は、出かけるときは必ず車だったのです。

歩いて体を使っていて、健康になった気がします。

僕は小岩が大好きなので、ブラブラ歩きながら街を見ているだけでも楽しいです。

車だと、一瞬で通り過ぎるので、街を楽しむ余裕もありません。

車を手放したので、駐車場代もかかりません。保険料、ガソリン代などもかかりません。

人生100年時代と言われています。

いつまでも元気に歩き続けるには、普段から歩いていた方が良いです。

年金も減ると言われています。
でも、減ったら、支出を減らせばよいのです。

車を手放したら支出は減ります。

うちの次男は車がなくなったら大丈夫だろうか、と心配でしたが
全く問題ありませんでした。

次男が中学に進学するタイミングで車を手放したのですが、
たくましくなってかえって良かったです。

今彼は、4,5キロ離れたところでも自転車で遊びに行きます。

資本主義だからどんどんお金は使った方が良いと思いますけど、見直しも必要かなと

年金が減るなら、外食をやめて、自分で作ればよい。ピザを自分で作ったら楽しかったし美味しかった、と昨日このブログに書きました。

今日は、なくても問題ないなら車に乗らない方が良い、ということを書きました。

収入が減るなら、支出を減らせばよい、という提案です。

ただ、これが日本全体に広がったら、経済規模は小さくなりますよね。
竹田恒泰さんや、ちきりんさんは、それでいいじゃん、と言っているので
後日ご紹介したいと思います。

が、現状、日本は資本主義です。
ガンガンお金を使って経済を回して活性化していきましょう、
という社会です。

どう考えればよいのでしょう。

歳をとってくると、あまりお金を使わなくてもなんとかなるような気がします。

僕は読書が趣味です。今は時間があります。図書館に行けばタダで本が借りれて読むことが出来ます。

酒代もかなり少なくなりました。

つい数年前まではよい酒を沢山飲んでいました。

酒と本にしか金使ってないんだからいいじゃないか、くらいに思っていました。

確かに、高くてよい酒はうまいです。

でも、うまい酒は、どんどん飲んじゃうんですよ。

今は、ヤマイチというスーパーのCGCというプライベートブランドの、
缶酎ハイを飲んでいます。500mlでなんと113円です。コーラよりも安い。

生活費って、抑えられるんですねえ。やってみて思いました。

かつては「一度上げた生活レベルは下げられない」という言葉を信じて
ある意味おびえていました。

まあ、せっかく繁栄している日本に住んでいるんですから
高級品も経験したいですよ。
でも、多少は経験したのでもう良いです。

例えて言えば、グランクラスです。

ある年、北陸新幹線のグランクラスが取れたのでで飯山(長野の次の駅)に
それに乗っていきました。

マジでスゲー!!!
未来の乗り物!!!

いやー、良い経験しました。

でも、あれ、椅子の向きを反転して、
家族4人が向かいあうって出来ないんです。

行きは、妻と次男とほとんど話せなかったです。

帰りは自由席でした。

GWにも関わらず、飯山からだと座れたのです。

自由席で、4人向かい合わせにのって、
お昼を一緒に食べて楽しかったですよ。

グランクラスも素晴らしいけど、
自由席でも全然楽しいんですよ。

昨日も書きましたけど、
何をするかよりも、誰とするか。
どこに行くかよりも、誰と行くか。
それが大事ですね。

と、思えるのは、ある程度子育てがひと段落した世代以上でしょう。

子供が小さいうちは、車のほうが楽だし、
電車ならグリーン車の方が、本当に楽です。

若い人達から年金を巻き上げるのではなく、
若い人達に、お金をどんどん使ってもらって、
日本をもっと活性化してもらって、

中高年も潤う、と言う風にはならないんでしょうか。

高齢者というと、医療にお金が掛かると言いますが、
あれも、「本当かなあ?」と思いますよ。

これについてもまたいつか書きたいと思います。

-ひできのつぶやき

執筆者:

関連記事

そういえば人に気を使ったことがなかった

今では初めて会った人ともすぐに仲良くなろうと思えばなれるようになりました。 区役所の職員さんとか、税務署の職員さんを笑わせて仲良くなったり、おっかなそうな引っ越し屋のオジサンだって笑わせてその場雰囲気 …

大丈夫、大丈夫

僕の長男Rくんは自閉症です。 知的障害がありますが、、 発語はありますし、簡単な意思疎通は出来ます。 でも、理由を説明したり、買い物に必要な計算は なかなかできません。 Rくんが赤ちゃんのころは沢山、 …

ネット世界における僕の顔の変遷 

少し前までこのイラストを使っていました。 僕に全然似ていません。 なぜなら、僕の写真を見て書いたのではなく、「いいな♪」と思った人のイラストを見ながら描いたからです。 だから、その人のイラストにはよく …

次男が挨拶しない!

僕の次男はこの4月で中学2年生になります。 まあ、難しい年齢ですね。 僕は主夫をしていることもあり、 次男が学校に行くときは玄関までついていって お見送りをしています。 僕の母がいつもそうしていたので …

謎 高齢運転者事故情報 なにが目的?

関連記事↓ 高齢者の自動車運転について考えた ‌数日前に上の関連記事でも書きましたが 地上波のテレビニュースで、年寄りの運転する車での 重大事故の報道が多いですよね。 高齢運転者の事故が多いと感じるの …

プロフィール

 

ひでき

 

 

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス mtwoods2018@gmail.com

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの46歳です。2019年5月から電子書籍の発行を始めています(10月現在10冊発行)。僕が書いた本のご紹介