自著のご紹介

脱サラして僕がしていること

投稿日:

僕にとって3冊目になる本(電子書籍)「脱サラしたらどうします?」
が昨日発売になりました。

脱サラして僕がしていること

脱サラして僕は自由な時間を手に入れました。

その自由時間を使って僕がしていることは
家事、読書、書くこと、勉強することなどです。

それが発展して子供の頃からの夢だった
本を出版するという夢がかないました。

僕が一番したかったこと

確かに勉強したことを自分なりの考えにまとめ直して書くことは楽しいです。

ただ、そういう行動面とは別に僕がやりたかったことは
家族とゆっくり、たっぷりとした時間を共有することです。

サラリーマンをやっていた時から僕は家が好きでした。
だから残業は嫌いでした。

一度のみ始めると誰よりも長く飲み続けているので
外出している時間は非常に長かったのですが
実は家にいて家族と一緒にいるのが好きだったのです。

旅行に行ったり友達と遊ぶことはさんざんしてきましたので
脱サラしてからはほとんど遊びに行かずいつも家にいます。

家族と沢山の時間を共有しています。
実家が近いので両親に困ったことがあれば
すぐに連絡をとって対応しています。

僕が脱サラしたきっかけの本 原田マハ 生きるぼくら

僕が脱サラした理由は沢山あります。
きっかけになった本もいろいろありますが、
その1冊が原田マハさんの「生きるぼくら」です。


この小説は、男の子が主人公です。
彼があることがきっかけでおばあちゃんと同居することになります。

彼が小さい頃にとっても優しくしてくれた大好きなおばあちゃんです。

でも、本当に久しぶりに再会してみたら
おばあちゃんはボケてしまって彼のことを
分からなくなっていたのです。

それでも彼はおばあちゃんと最後まで寄り添って生きていきました。

というお話でした。

とても良いお話でしたよ。

でも、僕はこの小説を読んでこう思いました。

親がボケたり寝たきりになったりして
訳が分からなくなったり、動けなくなってから
時間を共有するよりも

まだ意識がはっきりして
動けるうちに時間を共有しておいた方がよい

ということでした。

僕は昭和48年生まれの現在45歳です。

両親は70代半ばになりました。

不思議なもので僕が会社勤めを辞めてから
ちょこちょこ両親に色々なことが起こるのです。

毎日親のために時間を使っていた時期もありましたが
そういうときはそう長くありません。

まあ、数週間、数か月に1度呼び出されることがある、
という感じです。

それが急なのですが、
いつその時が来るのか予想がつきません。

僕は今、基本的に家にいて色々やっているので
サラリーマンをやっている人よりも
時間の調整をしやすいので、

親のSOSに対応することが出来ます。

この時期に脱サラしておいてよかったなあ、
と親の面を考えても思います。

-自著のご紹介

執筆者:

関連記事

「怒りと不満による逆転脱サラ術」出版のお知らせです

僕にとって2冊目の本(電子書籍)が出版されました。Amazonで購入いただけます。 この本は僕がまだサラリーマンだった2015年に書いたものがベースになっています。 出版プロデュースを個人でされている …

僕の5冊目の本「情報発信が脱サラへの架け橋となる。」出版のお知らせです。

情報発信が脱サラへの架け橋となる。 ブログを書くと人生が変わる サラリーマンをしていた時に、 「ブログを書くと人生が変わる」という情報に触れました。 それでブログを始めて、どうなったのかを、当時、メモ …

僕が書いた本のご紹介

表紙左下の「AMAZONで購入」をクリックするとAmazonの本書紹介ページに移動します。ワンクリックで購入になることはありません。 連絡先です。 ↓  Mtwoods2018@gmail.com 関 …

ゴールデンウイークと夫婦関係 離婚の危機?

平成から令和への御代替わりにあたって今年のゴールデンウイークは10連休だったご家庭も多かったと思います。 それに関連して「NEWS ポストセブン」に面白い記事が載っていました。 10連休トラブル集、殺 …

安倍政権、高年齢者雇用安定法改正案を発表「今の仕事を70歳まで続けますか?」

一昨日2019年5月16日の日経新聞に 従業員を70歳まで雇用する努力義務を企業に課す、 というニュースが掲載されました。 70歳雇用へ企業に努力義務 政府、起業支援など7項目  (日経新聞) 年金が …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。