ひできのつぶやき

年金制度について考えよう

投稿日:

一昨日5月25日に公的年金に関する政府からのメッセージという記事をアップしました。

このブログでも何回かご紹介した「せやろがいおじさん」が年金に関する動画をアップしていましたのでご紹介します。

年金について考えるよい機会になると思います。

日本の公的年金は破綻するのか? NO(?)

僕が今一番参考にしているニュース番組「虎ノ門ニュース」で今回の金融庁の年金に関する報告書(案)について取り上げられたか僕は知りません。見落としただけかもしれませんが、扱われていないような気がします。

経済評論家の上念司さんが年金についてどのようなことをおっしゃっているのか知りたくて、上念さんの著作を読んでみました。

この本の第三章に
Q26 日本の公的年金は、近い将来、破綻するというのは本当ですか?
A26 いいえ、ちょっとした工夫で、年金財源はいくらでも捻出できます。

という項があります。

やはり一番怖いのは、年金制度が破綻することですよね。
もらえる年金が零円になってしまうことです。

破綻をさけるための方法がいくつかこの本には書いてありますが、
代表的な方法は「年金支給額の切り下げ」だと言います。

今回の金融庁の発表は、年金支給額を減らすと言っているのか?

先ほど紹介した「せやろがいおじさん」の動画では


「誰やったか、
年金額が減るなんてありえません、
うてたけど、
あり得たやん!」

と言っていますね。

今回の金融庁の発表では、年金支給額を減らすと言っているのでしょうか。

今回の金融庁の発表はPDFで見ることが出来ます。
リンクはこちらです。

金融審議会市場ワーキング・グループ
「高齢社会における資産形成・管理」
報告書(案)

P.16 公的年金 の水準が当面低下することが見込まれていること
P.27 年金の給付水準が今までと同等のものであると期待することは難しい。
P.31 公的年金については、少子高齢化という社会構造上、その給付水準は中長期的に低下していく見込みである。


https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/market_wg/siryou/20190522/01.pdf

ははあ、なるほど。

僕の解釈はこうです。

「今すぐ減らす、とは言わないけど。
将来、減っちゃう可能性が高いから
準備しておいてね」

実質、減らす宣言でしょう。

今回の金融庁の発表を聞いて、どうするか

公的年金制度を破綻させないために、
年金支給額を減らす、という上念司さんの
主張は納得できます。

でも、減らさないって公言してちゃジャン!
とせやがろおじさんのように
約束を守ってよ、と主張する気持ちも分かります。

僕ならどうするか、です。

僕らが年金をもらうまでに約20年くらいあります。

60歳でもらうなら15年ですね。

世の中の変化が激しいので
その時どうなっているのか
予測するのは難しいのではないでしょうか。

なので、個人としては、ある程度、
悪い予想を立てて、それに備えておくのが良いのではないか、
と思います。

つまり、年金だけでは暮らしていけなくなる、と
想定します。

足りない分はどうするの?

僕は、生涯稼ぎ続けられるようになっていたいと思います。

それと、資産運用によっても収入が得られるように
なっていたいです。

生涯現役で稼ぎ続けられるようになるためには

65歳、70歳まで会社に勤めて
定年退職をした後に、
新しいことにチャレンジして
独立して稼げるようになる、って
僕は難しいだろうと思っています。

まだ40代のうちに新しいことにチャレンジした方が
学ぶ能力も体力もあるように思います。

仮に40代でチャレンジして失敗しても
また勤め人に戻ればよいのです。

資産運用についても若いうちに始めた方がよいと思っています。

今回ちょっと調べたら、
退職金で、初めてまとまった金額を手にした人が

銀行や証券会社の勧められるがままに
金融商品を購入して損をしてしまうことが
あるそうです。

投資について勉強を始めるのも
70歳前後になってからするのと
40代で初めておくのとどちらが
良いかと言ったら40代のほうが良いですよね。

40代で仮に投資に失敗して
大損したとしても、
開き直って考えれば、
また稼げばよいのです。

でも、70歳になってから
虎の子の退職金を失ってしまったら
精神的に再起するのは
辛そうです。

僕は、脱サラして、一度、自由になって
沢山の時間を活用して、
稼ぐこと、お金を運用することを
勉強し、経験したほうが良いと思っています。

でも、みなさんが、必ずしも脱サラできない
ということも理解できます。

会社に勤めながらも、
副業で稼ぐ方法を勉強するとか、
資産運用の方法を勉強するとか、

を始めるのが良いように思います。

P.26 大学卒業、新卒採用、結婚・出産、住宅購入、定年まで一つの会社に勤め上げ、退職後は退職金と年金で収入を賄い、三世帯同居で老後生活を営む、というこれまでの標準的なライフプランというものは多くの者にとって今後はほとんどあてはまらないかもしれない

https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/market_wg/siryou/20190522/01.pdf

これは、今回の金融庁発表の報告書(案)からの抜粋です。

かつて、一時期は存在した、太いレールはもはやなくなってしまったから、これからは、それぞれが、自分で考えて、行動していきましょう。多様化しすぎて国はもはや画一的に面倒を見るのは無理です、というメッセージだと僕は受け取りました。

-ひできのつぶやき

執筆者:


  1. Everything is very open with a very clear description of the issues.
    It was really informative. Your site is extremely helpful.
    Many thanks for sharing!

  2. fvrfalk より:

    http://onlinepharmacywgrj.com/ viagra online canadian pharmacy

  3. cwstoict より:

    http://canadianpharmacywezw.com/ buying prescription drugs from canada

  4. fvrfalk より:

    http://onlinepharmacywgrj.com/ trusted online pharmacy reviews

  5. fvrfalk より:

    http://onlinepharmacywgrj.com/ perscription drugs from canada

  6. cwstoict より:

    http://canadianpharmacywezw.com/ canadian pharmacy generic viagra

  7. Truly when someone doesn’t know then its up to other visitors that they will help,
    so here it happens.

関連記事

脱サラした小岩の人のセミナー参加申し込み受付のお知らせです(2019/4/14 東京)

脱サラした小岩の人のセミナー参加申し込み開始のお知らせです(2019/4/14 東京)の続きです。 サラリーマンとして約20年働いて45歳で脱サラした僕が 培ってきたものをシェアするためにセミナーの開 …

武田邦彦先生のメッセージ 「年金は小遣い程度と期待値を下げよう」

先日、このブログで公的年金について2つ記事を書きました。 公的年金に関する政府からのメッセージ 年金制度について考えよう 虎ノ門ニュースに年金問題が取り上げられた 上の記事を書いた時は虎ノ門ニュースで …

半年ぶりにビジネス系の情報商材を買いました

そういえば人に気を使ったことがなかった

今では初めて会った人ともすぐに仲良くなろうと思えばなれるようになりました。 区役所の職員さんとか、税務署の職員さんを笑わせて仲良くなったり、おっかなそうな引っ越し屋のオジサンだって笑わせてその場雰囲気 …

目標を誰かに宣言する

昨日の脱サラした小岩の人のセミナー予告で、タイトルのままですが、セミナーを開催することを宣言しました。 そして今朝、何気なく昔読んだ本を読み返したら、それに関連することが書かれていましたのでご紹介しま …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。