脱サラした理由 自閉症

手鼻を噛んでしまう自閉症児Rくん どうすればよいのか

投稿日:

僕の長男Rくんは平成15年生まれです。
今年高校1年生になりました。

自閉症のため特別支援学校に行っています。

高校に入ってもスクールバスを利用しています。

中学校もスクールバスを使っていましたが
高校に入ってバス停の場所が変わりました。

高校入学当初は妻がバス停まで送り迎えをしていましたが、妻は仕事があるので、
主夫をしている僕が5月に入ってから
毎朝と放課後等デイサービスのない日の夕方はお迎えに行っています。

Rくんは鼻炎症

Rくんは慢性のアレルギー性鼻炎です。
ずっと耳鼻科に通っています。

抗アレルギー剤を飲むと症状は緩和します。

飲まないと如実に鼻炎が悪化します。

服用している薬の種類は2種類であり、
副作用を気にするような薬でもないので
継続して服用させています。

Rくんはきちんと薬を飲みます。
うちの子は薬が好きなようです。

妻は自然派の健康志向の人なので
あまり薬を使いたがりません。

僕が元薬屋だったから子供が薬好きになってしまったのかもしれません。

Rくんとの外出で困ること

自閉症児を社会規範に従わせるのは至難の業です。
出来ないから「障害児」なのです。

喉元過ぎれば熱さを忘れるで、具体的には忘れてしまったのですが、Rくんが小さい頃は本当に大変でした。

16歳になってそれなりに成長してRくんと外出することはだいぶ楽になりました。

今、もっとも僕が困っていることは
Rくんが外出時に、鼻が出ると
手鼻を噛んで、手のひらについた鼻汁を
両手でこすってしまうことです。

「おぞましい」

僕は潔癖症なのではないか
と自分を疑ってしまうくらい、
Rくんのその行動が許せません。

身の毛もよだつ、とはこのことです。

しかも公共の場でそれをするのです。

僕は外出時には箱ティッシュを持って出かけます。
ティッシュは大量にあるのです。

しかし、Rくんはとっさに手鼻を噛んでしまいます。

今朝もバス停まで送っている時に
それをしました。

本当にストレスです。

でも、殴るわけにも、怒鳴るわけにもいきません。

「汚い汚い汚い汚い」
と精神を病んでしまった人のように
唱え続けました。

汚いから嫌だ。
ティッシュはポッケの中にあるのに使わない。
何度も注意をしているのに改善しない。

これがストレスです。

言ってもすぐに直せないから「障害」なのです。
理解しています。
僕はRくんの親です。
でも嫌なものは嫌なのです。

どうすれば良いのよ。

取り敢えず、Googleで「鼻をかむ」のイラストを
探して、パワーポイントに貼り付けて、
「てばなはいけません」と
標語を付けてトイレに貼っておきました。

家の中では贅沢にティッシュを使います

Rくんは小さい頃、鼻をかむことが上手に出来ませんでした。

妻が辛抱強く教えて鼻が噛めるようになりました。

手鼻だろうと鼻が噛めないよりは良いです。

でも、Rくんはティッシュで鼻を噛めます。

家の中では手鼻はしません。

僕がサラリーマン時代、我が家は経済的には、
恵まれていたので、ティッシュなどの消耗品は、
遠慮なく使う習慣がついています。

Rくんは無駄なく経済的に必要最小限のティッシュの使い方は出来ません。

それでも鼻をかまないよりはましです。

家の中ではティッシュを使うのに、
外出時は手鼻をしてしまうのです。

なぜでしょう。

ポケットからティッシュを出すのが面倒なのかもしれません。

ポケットティッシュは枚数が少ないので
使いたくないのかもしれません。

聞いてもRくんは説明が出来ないので
正確に理解することが出来ません。

Rくんの問題行動に対する両親の反応

両親とは僕と妻のことです。

Rくんと2人で外出することは
僕も妻もしています。

外出時にRくんの問題行動で
強いストレスをうけて
ブーブー文句を言うのは僕だけです。

妻も一応、なんか言う時もあります。
「Rくんが○○でこまっちゃうのよ」
と取り敢えずいう時もありますが、
全然困っている感じではありません。

少なくともストレスを受けている感じはしません。

家族(僕)に不快感を与えないために
妻は自分の中で収めているのかもしれません。

今、近くにいるので聞いてみましょう。

妻曰く、
「手鼻の問題も学校の先生に言っている」
とのことです。

つまり、対処を期待できる人に伝えているので
家族にまで言う必要はないということのようです。

極めて合理的な説明でした。

父親が療育に参加する効果

子供への対応、特に障害児Rくんへの対応は妻の方が上手に思えます。

問題行動に振り回されることなく長期間にわたって冷静に問題行動と向き合えるという意味です。

僕の場合は感情的に短期決戦で問題行動に対処します。

妻と僕とでは両極端です。

この両方があるのが良いのでしょう。
何が良いのか、正解かは分からないので、
「これで良いのだ」と思うことにします。

うちの妻は淡々とRくんと関わっていますが
だからと言ってすべて妻任せで良いとは思っていません。

僕が関わることで余計に波風が立つこともあるかもしれませんが、
それもRくんにとっては経験です。

福祉、療育の関係者の方は基本的に優しい人ばかりです。

厳しい対応をすればニュースになってしまう時代です。

うちのRくんは知的障害も伴っていますが、
「わかってんじゃないの?」
と思う節もあります。

ちゃんとやらなくても大丈夫と思ったら
ちゃんとやらないのです。

怒ることはよくない、と
行動分析学でもあまり推奨されていません。

10回のうち9回褒めて、怒るのは1回くらい
という割合が推奨されていると僕は思っています。

その1回を本気で怒れるのは父親だけかもしれません。

Rくんは大きくなりました。
筋肉量は僕よりも多いでしょう。

Rくんと共有する時間を増やすことも
脱サラをした理由の一つでした。

Rくんが行方不明になった

今年の5月12日日曜日に隣町の市川・松戸にRくんと2人で外出しました。

かつては家族4人でいつも行動していましたが、
今はRくんと2人なので
Rくんのみに集中して注意を払っています。

露天風呂に入ってもRくんのそばを僕は離れません。

ずーっと誰かに意識を向け続けるというのは
結構大変なことです。

昼飯の購入、後片付けも僕がします。

常にRくんの世話をしていると言っても
過言ではありません。

が、便意には勝てません。

地元の江戸川駅に着いた時に
トイレに行きました。

Rくんを連れて障害者用のトイレに入りました。

用をたそうとすると
Rくんがズボンを下ろし始めました。

Rくんもしたいのかと思い、
便器を譲って、僕は男性用トイレに移動しました。

そのことはRくんに伝えました。

大急ぎで用を済ませてトイレから出ると
Rくんはいなくなっていました。

ホームに行って電車を見ている可能性もあります。

京成江戸川駅のホームはまだむき出しです。

万が一の危険もあるので、
走って階段を駆け上がりました。

いませんでした。

Rくんは方向感覚が抜群に優れています。

地元では一人でも行動できます。

きっと家に先に帰ったのでしょう。

でも、その確証はありません。

妻に電話をして自転車で捜索するように依頼しました。

Rくんは家の近くですぐにみつかりました。

僕は怒り狂いました。

1人で外出できないR君のために付き合って
半日、ずっとお世話をしてきました。

しかし、人が動けないスキをついて
勝手な行動をとったのです。

なんと表現したらよいのでしょうか。
「裏切られた」
かな。ちょっと違うなあ。

兎に角許せなかったので
家に帰って妻に愚痴を言いました。

持っていた鞄を壁に投げつけました。

僕が家に着いた時Rくんはトイレに入っていました。

会っていたら殴っていたと思います。

同じ家にいましたが
僕はふて寝をして数時間後に
冷静になってからRくんと再開しました。

妻曰く、Rくんは僕の怒りを察したのか
珍しくソファーの上で膝を抱えて
大人しくしていたそうです。

翌週もRくんと僕は2人で出かけました。
Rくんは歩くのが速いです。

そして、時折、突如走り出します。

Rくんは先に行ってしまいます。
しかし、その時は曲がり角にくると
僕の様子を必ず確認していました。

その日は大きなトラブルは一度もありませんでした。

PR

僕が書いたものが本になりました。
Amazonのキンドルで購入いただけます。

-脱サラした理由, 自閉症

執筆者:


  1. Chee より:

    おおお!続編が!
    確かにお母さんの方が、汚い耐性ある傾向ありますよね。たぶん自分の乳与えてゲロられたり、もうとんでもないこと経験しているからです。笑
    R君はさらに知恵がついてきましたね!こういう子の場合、それが喜ばしいと同時に問題になるのが辛い…。
    今日は、私のブログにABAのススメを書きました。
    いくらテクニックを知っていても、知恵比べは難しいのが現実ですよね…。
    あえてまたティッシュ使ったら、強化子ある系のことやるしかないんですかね?
    R君が賢くなってるだけに難しそうだけど!

  2. gthdfalk より:

    http://pharmacycanadawgsr.com/ buying prescription drugs from canada

  3. gthdfalk より:

    http://pharmacycanadawgsr.com/ best canadian online pharmacy

  4. frshtoict より:

    http://canadadrugswikr.com/ perscription drugs from canada

  5. frshtoict より:

    http://canadadrugswikr.com/ best canadian online pharmacy

  6. frshtoict より:

    http://canadadrugswikr.com/ precription drugs from canada

  7. vdfsfalk より:

    http://pharmacystorewrjk.com/ viagra online canadian pharmacy

  8. fbsfalk より:

    http://canadapharmacywikd.com/ prescription drugs from canada

関連記事

主夫のススメ、中年男性よ、会社にしがみついていて楽しいですか?

こんにちは。森山ひできです。     僕は大学卒業後ほぼ20年MRという製薬会社の営業マンをしていました。 MRとして勤めた最後の会社では年齢的には周りに自分よりも年上が少なくなっていました。社歴も長 …

障がい者専用レーンof江戸川区総合体育館プール

江戸川区総合体育館のプールに障がい者専用レーンがあることをつい最近知りました。 昨日自閉症長男のR君を連れて妻と3人で行ってきました。 専門の職員の方が数人いらっしゃって、障害のある子と一緒にプールに …

脱サラをして生活していく方法について コメントへのお返事

今朝、このブログに関してコメントをいただきました。 このブログではメルアドも公開しているので コメントいただけるのは大歓迎です。 ただ、iPhoneの「メッセージ」機能に コメントが届いたのが気にかか …

資本主義が個人に与えた最強の集金マシーン FX 2

資本主義が個人に与えた最強の集金マシーン FXの続きです。 午堂登紀雄さんのという作家さんに思想的影響を僕は受けてきましたが、午堂さんの本質はお金を稼ぐ情報を提供することです。 午堂さんのお金に関する …

脱サラをあきらめ全力的脱力サラリーマンを経験

こんにちは。 Mt.Woodsです。 僕は2017年末に会社勤めを辞めて主夫をしています。 どうして脱サラをしようと考えたのか その経緯をこのブログで紹介しています。 前回は、フリーで働ける軽貨物輸送 …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。