自著のご紹介

「怒りと不満による逆転脱サラ術」出版のお知らせです

投稿日:

僕にとって2冊目の本(電子書籍)が出版されました。
Amazonで購入いただけます。

この本は僕がまだサラリーマンだった2015年に書いたものがベースになっています。

出版プロデュースを個人でされている方から
「ブログを書籍化しませんか」という
メールをいただき、4年前に書いていたものに、
現在の僕の視点で「はじめに」と「おわりに」を
書き加えて本にしたものです。

校正、編集、タイトル、サブタイトル、表紙、
電子書籍化、Amazonへの出品などは出版プロデューサーの方に
していただきました。

本書の内容について

人間は適応能力があるので、結構大変な環境でも毎日続けていると慣れてきて耐えられるようになるんですよね。

そして、そのうちその環境に疑問を持たなくなります。

おかしいと思ったり、不満に思っても仕方がない場合は、適応するしかないと思います。

でも、考え続けると何かしら解決方法がみつかるものです。

習慣を変えるのは面倒なのでついつい日常に流されがちですが、
そこを乗り越えてより良い人生にするためには
まず不快感に気が付くことが大切だと思うのです。

「こんな環境は嫌だ。脱出してやる」
そう思えれば、新しいことにチャレンジするエネルギーもわいてきます。

怒りや不満などのネガティブな感情はとても強いエネルギーがあります。

それらの感情を抑えつけて不感症になるのではなく、
敏感に意識して、行動するためのエネルギーに変えましょう、
というメッセージを込めて書きました。

45歳の僕が脱サラに至るまで。: 一度きりの人生。夢を諦めて今の仕事を一生続けますか?

上は、僕の1冊目の本(電子書籍)のリンクです。同じく脱サラをテーマに書いたものです。夢(目標)を持ちましょう、と提案しています。僕(現在45歳)と同世代の人で明確な夢を持っている人が周りにいなかったからです。もう40歳過ぎたから、と思うかもしれません。でも、人生が100歳まで続くと考えた場合、あと60年もあるのです。これだけの時間があって、チャレンジをしつづけたなら、何かしらのことは出来るようになると思いませんか?40年以上生きてきたならそれなりの知恵と経験とスキルが身についているはずです。それらをフル活用して残りの60年チャレンジし続けたらきっと人生開けるはずです。それにはまず夢を持つことが大切です。
 僕がどうやって夢を具体化していったのかを書いたのが1冊目の本です。

 ただ、夢だけだと弱いんですよね。行動を起こすためにはもっと強いエネルギーが必要です。そのエネルギーを怒りと不満から掘り起こしましょう、という提案しているのが今回ご紹介した本の内容になっています。

 出版プロデューサーの方にはとても素敵な表紙とタイトル、サブタイトルをつけていただきました。

 自分で自分の作品を評価するのは難しいもので、「表紙のイメージに内容が負けてないですか?」とプロデューサーの方に聞いたところ「内容が負けているなんてことは全くありません」と断言していただきました。

 少しでもご興味を持っていただけたらリンクをクリックしてみてください。

-自著のご紹介

執筆者:

関連記事

「脱サラしたらどうします?」出版のお知らせです

僕が書いた3冊目の本が出版されました。 Amazonから電子書籍版のみの販売です。 kindle unlimitedという仕組みがあります。 月額980円を支払うと100万冊以上の本、コミック、雑誌な …

脱サラして僕がしていること

僕にとって3冊目になる本(電子書籍)「脱サラしたらどうします?」が昨日発売になりました。 脱サラして僕がしていること 脱サラして僕は自由な時間を手に入れました。 その自由時間を使って僕がしていることは …

安倍政権、高年齢者雇用安定法改正案を発表「今の仕事を70歳まで続けますか?」

一昨日2019年5月16日の日経新聞に 従業員を70歳まで雇用する努力義務を企業に課す、 というニュースが掲載されました。 70歳雇用へ企業に努力義務 政府、起業支援など7項目  (日経新聞) 年金が …

専業主婦批判を知って思うこと

「主夫」をテーマにした本を書いています。 このブログのカテゴリー「自著の紹介」に関連記事がありますが、僕は今まで「脱サラ」をテーマに4冊の電子書籍を出版しています。 シリーズものになっており、あと4冊 …

僕の4冊目の本「僕が脱サラを実現するためにやったこと。」の出版のお知らせです

1996年に大学を卒業して製薬業界で働くようになりました。 営業の仕事を主にしていました。 はじめの頃は本当に辛くて鬱になりそうでしたが、 30代半ば頃から営業力がついて良い成績を出せるようになりまし …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。