本の紹介 自著のご紹介

五月病を活用して脱サラしました

投稿日:

もう今年のゴールデンウイークも記憶のかなた、
日常生活にしっかりと戻られた人も多いのではないでしょうか。

でも、まだ、生活のリズムが戻らず、
仕事に行くのが辛いという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

僕は大学卒業後約20年サラリーマンをやっていました。
20代の頃は地元から離れた地域に配属になっていました。

五月病どころか三連休明けの時は
毎度のように五月病様症状を自覚していました。

仕事が嫌で仕方のない時期もありましたが、
それ以外に生活を維持していく手段がなかったので
本当に我慢して働いてきました。

30代半ばを過ぎると営業成績も
安定して良い成績を出せるようになっていましたので、
五月病様症状に悩まされた記憶はありません。

でも43歳のゴールデンウイーク明けに五月病を自覚しました。

兎に角月に1度の営業所会議が嫌で嫌で仕方なかったのです。

営業なんて顧客に対して活動している時間こそが大事であり、
会社からの伝達事項なんてメールで伝えれば済むことだし
上司も日常的に会っているのだから
わざわざ営業マンを集めての会議自体が
意味のないものだと僕は考えていました。

それに輪をかけて質の低い会議だったのです。

40歳を過ぎてから時間に対してシビアになりました。

老いていく自分をリアルに感じていたのかもしれません。

くだらないことに自分の貴重な時間を取られたくないと本気で思っていました。

仲の良い同僚には「五月病だ」と言いました。
その同僚は「五月病って新入社員がなるものでしょ」
と呆れていました。

そうなのでしょうか。

僕が脱サラできたのは色々な理由、原因、きっかけがありますが、
「五月病」もその一つでした。

2017年5月26日金曜日に辞意を伝えてMRを辞めることになりました。

その後、その年の年末に短期間病院勤めを経験して
2018年1月1日から脱サラとなりましたが、
約20年続けていたMRを辞めることになったのは2017年の5月でした。

まだ子供が小さい、とかいう人は病気にならない程度に頑張るしかない
とも思いますが、子育てもひと段落して、生活基盤もある程度整った人は、
この先そのまま好きではない仕事を続けるか真剣に考えても良いのではないか
と思います。

武田邦彦 老人のウソ

僕が尊敬している人の一人に中部大学教授の武田邦彦先生がいます。

その武田先生の「老人のウソ」を昨日読み返しました。

人間、50歳を過ぎたら第2の人生だとおっしゃっていました。

なるほど、と思える内容でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

科学者が解く「老人のウソ」 [ 武田邦彦 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/5/19時点)


PR

僕が初めて書いた本が電子書籍となりAmazonで購入できます。

下のリンクをクリックしていただくか、タイトルをAmazonの検索に入力していただくと購入いただけます。

この後、脱サラをテーマにシリーズ本が発刊される予定ですが、今回の本は副題にもあるように「一度きりの人生。夢を諦めて今の仕事を一生続けますか?」というのが主なメッセージになっています。

定年が70歳まで引き上げられたら、本当にその仕事だけで終わってしまうということも現実味が帯びてきますよね。

-本の紹介, 自著のご紹介

執筆者:

関連記事

サバティカルで主夫

こんにちは。森山ひできです。   僕は比較的恵まれたサラリーマン生活を送っていましたが、それを捨てて今は主夫をしています。 なぜ脱サラをしたのか。   それには多くの理由があります。 その一つがサバテ …

金なんかなくてもなんとかなる、とは信じられず脱サラできなかった

こんにちは。 ひできです。 僕は脱サラをして主夫をしています。 このブログでは脱サラをするに至った経緯をご紹介しています。 前回までの記事では妻に会社を辞めたいと言ったら 「いいよ」 と言われた、とい …

no image

魔法営業

こんにちは。 Mt.Woodsです。 営業の仕事をやりたいと思いますか? 後々詳細はご紹介していこうと思っていますが、 僕は学生時代に、将来就きたい仕事の夢があって、 一般的な就職活動はしていませんで …

女性社会の到来を予言するA.I.本 新井紀子さん

堀江貴文氏「99%の会社はいらない」を読んで の続きになります。 前回の記事でA.I.、機械によって仕事が奪われる、 という話題に少し触れましたが、 このことを世界で初めて世に問うた人の本を紹介します …

自然死について学ぼう きっと日本人は救われる 中村仁一先生の講演を聞いて

大往生したけりゃ医療とかかわるな: 「自然死」のすすめ 中村仁一は名著 老人ホームに勤務されている中村仁一先生の「大往生したけりゃ医療とかかわるな」は名著で僕の蔵書の一つです。自然に死んでいくととはど …

プロフィール

 

ひでき

 

 

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス mtwoods2018@gmail.com

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの46歳です。2019年5月から電子書籍の発行を始めています(10月現在10冊発行)。僕が書いた本のご紹介