未分類

先生になりました

投稿日:2019年4月19日 更新日:

予め断言しますが僕は変質者ではありません。

初めてこのブログをお読みになられた方は
なんのことか、と思うでしょう。

僕は大学卒業後、製薬業界に就職し、
約20年のキャリアのほとんどをMRという製薬会社の営業として
働いてきました。

運命に引きずられるように想定すらしていなかった
製薬業界に就職したため、
「MR」という言葉すらしらず、
最初の上司からは「なんなんだお前は?」
と驚かれました。

最初はMRが嫌で嫌でたまらず、
なんとかそこから脱出しようと
沢山勉強し、また、目の前の仕事に全力を注いできました。

憧れの人やいくつかの本の影響で、
いつかは脱サラして独立することを夢見ていました。

気が付くとMR人生は10年、20年と過ぎていました。

そして、僕は「典型的なMR」「MRが天職みたいな人」
とまで言われる存在になっていたのです。

もう、20年もやっていたので僕のアイデンティティはMRです。

45歳になる年に脱サラし、
MRを辞めてからあと数か月で2年になろうとしていますが、
やはり中身はMRだと思っています。

脱サラしてからしばらくは
主夫をしながら大好きな読書三昧の日々を過ごしていましたが

ある出来事(トルコリラショック)をきっかけに
インターネット関連の勉強を始めました。

そして、これからは講師業、先生になって稼げるようになりたい
という思いを強めました。

講師業って、自分の知識、経験、ノウハウが売り物なので
不良在庫とかのリスクがないのです。

それに、ものがあふれている時代で、
いまは、経験や成長に人々がお金を使うようになっている、
とも言われているからです。

しかし、MRは、どんなに頑張ってもMRです。

僕はちょっとは人に何かを語っても良いのではないか
と思えるくらいの、それなりの実績は上げてきました。

でもMRは先生にはなれません。

業界で先生と言えば医師、薬剤師のことを言います。

まれに製薬会社内でも「先生」と呼ばれる人がいますが、
その人はMDという製薬会社に所属している「医師」なのです。

僕は外資にいましたので、社長ですら「さん」で呼ばれます。

そんな僕ですが、講師業を経験できるから、という理由で
塾の講師のバイトを始めました。

週に1回、2時間程度ならいいかな、と思って始めたのですが
ほとんど毎日働いています。

今週は月から土曜日まで出勤です。
家にいるときでも塾の仕事をしています。

初めなので、右も左も分からず
とにかく準備に時間とエネルギーを注いでいます。

塾長からは「そんなに準備する人はほかにいない」と言われました。

まだ4回しか登壇していませんが、
子どもたちがチョーかわいいのです。

これが言いたくて、冒頭のコメントを書きました。

僕はもともと子供が嫌いでした。

自分の子供が出来て、育てて、
好きも嫌いもなくなりました。

子供は男の子二人ですが
高校1年生と中学2年生になり、

体格的にはもう大人です。

先日、子どもたちが小さかった頃の動画をみました。

すごくかわいいのです。

当時はいっぱいいっぱいだったのか、
そういう「かわいい」という感情はありませんでした。

上の子が自閉症で、兎に角、事故を起こさないように
いつも神経をとがらせていたからかもしれません。

子供が小さかった頃の動画をみて、
その可愛さに気が付き、
そして、もうその当時には戻らないのだ、
と思った時に、感傷的な気分になったのです。

でも、塾の仕事を始めたら、
自分の子供は小学生にはもどりませんが、

小学生の子供には会うことが出来たのです。

昨年7月に西日本集中豪雨後のボランティア活動に参加しました。

かつて僕がMRとして担当し、僕を育ててくれた地域です。
岡山県の高梁市と言います。

さすがに「人類皆兄妹」という心境までは至っていませんが、

「日本人ってみんな親戚みたいなものだな」
と感じたのです。

なので、塾の生徒さんも、視野を拡大すると
遠い親戚の甥っ子、姪っ子みたいな感じです。

なかには個性的な子もいますが、

障害児を僕は育てていて、
そういう子がたくさん集まっている場にも
ずーっと参加してみてきていますので、

進学塾に通ってくる子くらいの個性は許容範囲です。

そう、色々な子をみてきて、許容範囲が大きく広がったことを実感しています。

そういう子たちが「先生」と僕のことを読んでくるのです。

まさかMRを長年やってきたオジサンだとは
子どもたちは思いません。

人前で話をすることはさんざんやってきたので大丈夫だろうと思っていましたが
やはり、違いはあります。

とにかく初めての経験でいっぱいいっぱいなので
「先生」と呼ばれても、違和感を感じる暇もなく、
それを受け入れている自分がいます。

あら、先生になったよ僕が、と思います。

アイデンティティの書き換えが行われているのです。

ああ、人生を変えるってこういうことかあ、
とも思います。

「お父さん」になったこともアイデンティティが書き換わった経験ですが、
徐々にお父さんになっていくので、アイデンティティが書き換わっている、
という実感がなかったのです。

が、今は、急激に変化しているので、そのことを実感できています。

医療の現場も実際に経験しましたし、
今、教育の現場を経験していますが、

本当に、そこで働く人たちの
善意で支えられているなあ、と思います。

製薬業界は労働条件が破格に良いので、

医療人や教育者は随分安く買い叩かれているなあ、
と思います。

でも、僕は自由主義、資本主義を支持しているので、
本人たちが気づいて行動するしかないのだろうなあ、
とも思います。

-未分類

執筆者:


  1. Chee より:

    Mt.Woodsさんならではの、素敵なお仕事が見つかりましたね!
    MRとしての知識量、パーソナリティ、子育て経験(自閉症児子育て経験)、国際的感覚の全てがまとまったという印象を受けました。子供たちの扱いがフェアな先生になりそうです!今後が楽しみです。

    • mtwoods2018 より:

      Chee
      ありがとうございます。
      塾講師始めて3週間ですが色々なことを経験できています。

      子供、本当にかわいい。
      昨日は体験レッスンで英語の授業を受講してくれた子が
      帰りに即、入塾の手続きをしてくれたのです。
      すごく嬉しい。

      ただですね、入ってすぐ子供にうける授業をしたものだから
      長くそこにいる先生が裏で僕のことを悪くいっていることをしったのです。

      陰湿。
      状況把握したから明日から反撃しますよ。

      100倍返しじゃ。

関連記事

安倍政権、高年齢者雇用安定法改正案を発表「今の仕事を70歳まで続けますか?」

一昨日2019年5月16日の日経新聞に 従業員を70歳まで雇用する努力義務を企業に課す、 というニュースが掲載されました。 70歳雇用へ企業に努力義務 政府、起業支援など7項目  (日経新聞) 年金が …

パソコン買おうかなあ、と思っているあなたに贈る記事

今からパソコンを買うとしたらWindows? Mac? の続きです。 僕のこのブログを読んでくださっている方が パソコンの購入を検討されていると聞いたので 上の記事を書きました。 一度こういう問題を脳 …

「慶應わっきー」の教材で元を取った人に話を伺いました 1

関連記事お薦め!「慶應わっきー」記事への読者さんコメント紹介 No.3 でご紹介したボーダーフリー株式会社の代表取締役・秀村祐二さんに昨日お時間をいただきお話を伺いました。 前回の記事で秀村さんのプロ …

イチロー引退で考えるS48年生まれ男

イチローさんが引退しましたね。 僕は彼と同い年です。 昨日の夜に引退のニュースを読んでやはり感慨深いものがありました。 間違いなく同じS48年度生まれの男性の中で最大のスーパースターです。 引退に関す …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。