今、学んでいること

ドイツ銀行ってどうなの?

投稿日:2019年3月30日 更新日:

脱サラしてからFXを始めました。

超安全策で運用しているため、
昨年は多くのヘッジファンドでも赤字成績という
荒れた相場だったようですが、
強制ロスカットされることもなくプラスで終えることが出来ました。

そして昨年8月のトルコリラショックで肝を冷やして以来、
世界経済の情報にはアンテナを張るようになりました。

いくつか継続して聞いているチャンネルに神王テレビがあります。
ここは4年ほど前からドイツ銀行の経営危機に警鐘を鳴らしています。

ドイツ銀行が破綻すればリーマンショックを大幅に上回る経済不況がやってくると言います。

ただ、ドイツ銀行の話はそれまで聞いたことがなかったので調べてみました。

Yahooニュースで検索したところ、やはりドイツ銀行の経営は良くないようです。でも扱いがあまり大きくないです。

神王さん以外の人もYouTubeでドイツ銀行について情報発信している人がいましたが、どういう人か良く分からないので、なんとも言えません。

ところが僕が信頼しているオピニオンリーダーの武田邦彦先生がドイツ銀行について情報発信をしました。

内容的には神王テレビで聞いていた内容と一致します。

ドイツ銀行の経営状態はかなり危機的な状況のようですが、地震予知と同じで時期は特定できない、といいます。

しかし、もし、破綻したらリーマンショックを大幅に上回る影響が生じる可能性が大きいです。

問題は、地上波で全く報じられていないことです。

パニックを恐れているのかもしれません。

何もなければ、それに越したことはありませんが、
一応こういう状況にある、ということは知っておいて
損はないと思います。

そもそもリーマンショックって何?

このブログで何度か紹介している「慶應わっきー」さんがリーマンショックについて非常に分かりやすく説明しています。

僕はこれで初めて意味がわかりました。

-今、学んでいること

執筆者:

関連記事

no image

人生を変えたトルコリラショック 米国人牧師解放

こんにちは。 Mt.Woodsです。 僕の人生の方向性を変えた今年2018年8月のトルコリラショック。 その要因の一つであったアメリカ人牧師がトルコから解放されたというニュースが報道されました。 軟禁 …

ブログページ閲覧数急落の原因を考える 結果

ブログページ閲覧数急落の原因を考えるの続きです。 絵にかいたようなV字回復! 1月17日ページ閲覧数(PV)が急落してビックリしましたが、 その翌日18日は、急回復して過去2位のPVをいただきました。 …

ブラックフライデー とは

ブラックフライデーとは 本当に世間知らずと言うか世に疎いと自分のことを思います。 みなさんはブラックフライデーという言葉をご存知だったでしょうか。 僕は今日知りました。 アメリカでは11月の第4木曜日 …

男の料理 何を作っているの?と聞かれる

僕は社会人になってから料理をするようになったので かれこれ20年以上料理をしています。 でも、料理をするイメージがないようで、 日常的に料理をしている、というと驚かれることが多いです。 そして、聞かれ …

自然死について学ぼう きっと日本人は救われる 中村仁一先生の講演を聞いて

大往生したけりゃ医療とかかわるな: 「自然死」のすすめ 中村仁一は名著 老人ホームに勤務されている中村仁一先生の「大往生したけりゃ医療とかかわるな」は名著で僕の蔵書の一つです。自然に死んでいくととはど …

プロフィール

 

ひでき

 

 

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス mtwoods2018@gmail.com

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの46歳です。2019年5月から電子書籍の発行を始めています(10月現在10冊発行)。僕が書いた本のご紹介