主夫

トイレ掃除 ハイター、サンポールの違い

投稿日:2019年3月29日 更新日:

小林正観さんという作家で講演家の人が好きです。

書いてある内容は一見すると非科学的でスピリチュアル系の人かなと思えます。

ただ、ご本人は自分は唯物論者であり、自分が見てきた再現性があった事実だけを紹介している、と言っています。

「ありがとう」という言葉が昔よりも大切にされているように思いますが、それは小林正観さんの影響が強いのだろうと僕は思っています。

「ありがとう」と言おう、ということの他に「トイレ掃除をしましょう」ということも小林正観さんの代表的なメッセージです。

仮に、小林正観さんの言っていることがスピリチュアル的だとしても、「ありがとう」や「トイレ掃除」が普及することは良いことなので、良いではないか、と僕は思っています。

この小林正観さんの講演がYouTubeで聞けることを最近しりました。

昨晩聞いていました。

小林正観さんは「トイレ掃除をしていると経済的に困窮しない」と言っています。

この動画の中で、トイレ掃除を頻繫にしている芸能人として3人紹介されていました。

北野武さん、和田アキ子さん、明石家さんまさんです。

いずれも僕ら世代から見たら国宝級の人たちです。

和田アキ子さんと明石家さんまさんもトイレ掃除を熱心にしている、というのは初めてしりました。

でも、武さんが、トイレ掃除をしている、というのはテレビで聞いたことがありました。

トイレが汚いのが嫌で、居酒屋とかでも掃除するんだそうです。

ハイターは塩素系、サンポールは酸性タイプ

上の話を今朝妻にしたところ、トイレ掃除の話になりました。

タンクについている蛇口の水垢が取れない、というのです。
尿垢も話にでました。

以前、ハイターで掃除したがダメだったというのです。

そこで、朝トイレで用を済ませながらスマホで検索してみました。

「トイレ 蛇口 カルキ」で検索して見つけたサイトがこちらです。

トイレタンクの手洗い蛇口金具の掃除方法

水垢はアルカリ性なので、酸性洗剤であるサンポールで落ちる、とありました。分かりやすい!

その他には、サンポールで変色のトラブルのリスクについても説明がありました。

確かに。風呂の床をサンポールで洗ったら変色しました。

とにかく今日はいつもよりも細かいところまでトイレ掃除をしたら、気分すっきりになりました。

-主夫

執筆者:

関連記事

自閉症児が空けてしまった壁の穴の直し方

こんにちは。 Mt.Woodsです。 今回は自閉症児の僕の長男が空けてしまった穴を直した時のお話をします。 思いをうまく伝えられないためかもしれませんが、 自閉症の子供は成長するにつれて暴力的になって …

初めてのボランティア体験

平成30年7月豪雨では、 僕がMR時代にお世話になった広島、岡山が被害にあいました。 岡山の高梁市はまだMRとしてなにも出来なかったころに担当していた地区で、当時はうつになりそうな気分で担当地区に通っ …

平成31年 お正月の振り返り 料理

ある小岩の家庭のお正月 お料理編 毎年大晦日は旧小岩ポポ(シャポー)のお魚屋さんで食材を買うのが楽しみです。いつも質の良い魚が揃っていますが、お正月時は更に良質な食材が並びます。 シャポー小岩の駐車場 …

no image

人生を変えたトルコリラショック 米国人牧師解放

こんにちは。 Mt.Woodsです。 僕の人生の方向性を変えた今年2018年8月のトルコリラショック。 その要因の一つであったアメリカ人牧師がトルコから解放されたというニュースが報道されました。 軟禁 …

ゴールデンウイークと夫婦関係 離婚の危機?

平成から令和への御代替わりにあたって今年のゴールデンウイークは10連休だったご家庭も多かったと思います。 それに関連して「NEWS ポストセブン」に面白い記事が載っていました。 10連休トラブル集、殺 …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。