ひできのつぶやき 未分類

イチロー引退で考えるS48年生まれ男

投稿日:2019年3月22日 更新日:

イチローさんが引退しましたね。

僕は彼と同い年です。
昨日の夜に引退のニュースを読んでやはり感慨深いものがありました。

間違いなく同じS48年度生まれの男性の中で最大のスーパースターです。

引退に関する時間軸が良く分からないのですが、
試合が終わってから引退を表明したのですよね。

だから球場でイチローさんを見ていたファンは
引退をまだ知らなかったはずですよね。

ファンの人たちはイチローさんを見ているだけで
泣いていましたね。

まあ、なんかわかりますね。
もはや「神」の領域にいるような人ですよね。

彼の努力は半端ないので、たまたま同じ年に生まれた、といういだけで同列に語れるつもりは毛頭ありませんが、やはり同い年の人と言うのは気になるものです。

現役世代で最も人口が多い48年生まれ

僕ら昭和48年(1973年)生まれは第二次ベビーブーマーで団塊ジュニアと呼ばれている世代です。

団塊の世代を除けば日本で最も人口が多い世代です。

そして団塊ジュニアの中でも48年生まれが最も人口が多いのです。

でも、なんかパッとしないんですよね。

僕らは貧乏くじ世代とも言われているんですよ。

子供の頃は人口が多いので競争が激しくて疲弊し、やっと社会に出る、と思ったらバブル崩壊後の就職氷河期に入っていて就職も苦労した世代なので、貧乏くじ世代と言われています。

後世になにも残せなかった世代と呼ばれて

人口が多いがゆえの競争の激しさに疲弊したためか、僕らの世代(学年)は後世になにも残さなかった世代、と言われているのです。

確かに少し上の世代は、「バブル世代」とか「チーマー」「竹の子族」とか世の中にインパクトを与えた世代がいますし、僕らより少し若い世代も、ルーズソックスの女子高生ブーム世代とかいますが、僕らの年代は全然騒がれた記憶がないです。

歳の近いところで有名な人と言えば貴乃花、キムタク、ホリエモンがいますがみんな一つ上です。

楽天の三木谷さん、ソフトバンクの孫さん、どうこでしたっけ?稲盛さん、ホンダの本田さん、ナショナルの松下さんなどのような経済界の有名人にも同い年の人はいないと思います。

【1973年 】芸能人・有名人

同い年の有名人と言えば、ごろうちゃんこと稲垣吾郎さんがいますが、彼は僕らの世代を象徴しているような気がします。

上からは押さえつけられて、でも、自分よりも年下には、自分が上からされたようなことはしないでフラットに接する。

僕らはそんな世代のような気がします。

女の人なら宮沢りえさん、後藤久美子さんと一世を風靡した人がいますが、男はイチローさんくらいしかいないんですよね。

全く無名なお前が言うな、と突っ込まれそうですが、そう思うのです。

これからがもっと心配

脱サラして、8か月後くらいにネットの住民に僕はなりました。それから約半年が過ぎました。

サラリーマンを辞めたら入ってくる情報の幅が広くなったような気がします。

それらの情報から感じることは世の中大きく変わっているということです。

僕らは今年46歳になる歳ですが、あと4年つまり50歳になるころには状況は大きく変わると思います。

50歳以降はそれまでの条件のままでサラリーマンを続けることが出来ない、という人が沢山出てくるように思います。

そうなった時に、ネットはItツールを使えない僕ら世代は若い世代から相手にされないと思うのです。

48年男子は若いころもパッとせず、中高になってもパッとしないというのでは悲しいですよね。

第2の人生、みんなで輝いていたいものです。

-ひできのつぶやき, 未分類

執筆者:


  1. Chee より:

    たしかにパッとしないですね。(失礼)
    私は高校生の時はもうヤンキー文化が消えてオシャレになり、大学の前半でウィンドウズが登場しているので、たぶんS48年くらいがそれが浸透する前に卒業した最後の世代では無いでしょうか?

    就職に関しては、私からみると2個上の先輩方は、まだギリギリセーフだった印象ですよ~。いや、私くらいまでは男性は仕事を選ばなければセーフだったんですが、あからさまに女性は選べなくなった感じでした。たぶんさらに少し下くらいが一番悲惨だったんじゃないですかね…。

    まだまだこれから、ネットの流れもどんどん変わってくるでしょうから、うまく乗っていきましょう!Yahooからの移動で調べましたが、意外とおじさん、おばさんコンテンツは人気みたいですね。まだまだいけます!

    • mtwoods2018 より:

      いやいや確かにパッとしないです。

      それに、ウィンドウズの件ですが、僕らが就職活動でインターネットを使わなかった最後の世代なのです。

      ちきりんさんというブロガーの「マーケット感覚を身につけよう」という本に、以前は就職も相対取引だったがネットの普及で就職市場が誕生した、と書かれていました。

      就職活動という人生をかけた時期にネットがあったのとなかったのでは大きな差があるように感じます。

      確かに、僕らから始まって僕らよりも数年若い人たちの就職状況はどんどん悪くなっていきましたよね。

      5年くらい若い女性の就職事情が史上最悪だったのではないでしょうか。

      へえ、オジサンコンテンツ人気あるんですか。

      そもそも同世代で情報発信している人をほとんど見かけないんですよ。

      この辺も同世代に危機感を感じていた原因ですが、探せばいるんですね。勉強になりました。

関連記事

風邪ひきました

風邪のためブログ更新をお休みさせていただきます。ご訪問いただいたみなさまごめんなさい。寝る時は加湿器をお忘れなく。 関連

花粉症の根本的な対策を訴えていきましょうよ。辛すぎる。

神去なあなあ日常・夜話は林業をテーマにしたとっても面白い小説です。 映画化もされました。 僕はこの小説で三浦しをんさんのファンになりました。 林業は森を維持するために剪定をします。 日本の森は、間違え …

ネット世界について思うこと

ブログを書くのが楽しくてここ数週間夢中になって書いてきました。 でも、ふと、枠にとらわれだしている自分に気が付きました。 カテゴリーや文章構成に縛られて、 自由に書けなくなっていたことに 気が付いたの …

40代は悩める世代? 日本産業カウンセラー協会2017年統計結果から

ちきりんさんは社会派ブロガーで僕が大好きな作家さんです。 彼女の本は今読んでいるもので5冊目ですが、どれも本当に面白いです。 彼女の「ゆるく考えよう」は僕が脱サラするきっかけの一つになった本です。 彼 …

上念司氏の「年金に関する金融庁の報告書」に関する解説が超分かりやすい!

金融庁の公的年金に関する報告書に僕はとても関心を持っています。 今までもいくつか記事を書きました。 関連記事が紹介してある記事のリンクがこれです。 年金問題は中身を議論しよう。「全部読んでない」「受け …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。