自閉症

自閉症児Rくん中学卒業

投稿日:

昨日はRくんの中学校の卒業式でした。

妻は卒業の準備を委員会の人たちと協力して以前から進めていましたが、どうしても外せない仕事が入って卒業式には参加できませんでした。

家族では僕が代表して一人で参加してビデオ撮影してきました。

式が終わって教室にRくんと一緒に移動する際に、
花道で先生や在校生などから沢山の「おめでとう」をいただきました。

とっても良い中学校でした。

「東京都がついに本気を出して作り上げた特別支援学校」
という印象が僕にはありました。

それくらい素晴らしい環境でした。

3年間はあっという間でした。

ついに義務教育が終了しました。

担任の先生はかつて高等部の教員をしていた経験もあるらしく、式後の教室での談話で「高等部は実習など就職に向けたイベントが多くなるので、今まで以上に時間が過ぎるのが早く感じると思います」とお話してくださいました。

もう、社会に出る準備が始まるのです。

沢山の「おめでとう」を聞いて僕が感じていたのは、もちろん感謝の気持ちでしたが、同時に「不安感」も感じていました。

Rくんは知的障害を伴う自閉症児です。

日本の福祉施設で今まで守られていたのが、
これからは世間の荒波に放り込まれてしまうような、
極端な話、そんな印象を受けました。

「おめでたいのだろうか」と。

R君よりも年下の自閉症児をお持ちの親御さんが
このブログを読んでくださるかもしれません。

今後、Rくんがどうなっていくのか、
それもこのブログでは書き綴って行こうと思っています。

-自閉症

執筆者:


  1. Chee より:

    ご卒業おめでとうございます!
    ここからいよいよ本格的な自立に向かっていくのですね。自閉症児子育ての先輩のブログを楽しみにしています!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

クローズアップ現代「発達障害 能力引き出す現場」の感想

ブログの記事にしようと思い、 11月26日(月)22時から30分放送された NHKのクローズアップ現代 「発達障害 能力引き出す現場」を メモを取りながら見ました。 とても夢のある良い番組でした。 さ …

発達障がいの子ども 親が亡くなった後のこと

「発達障がいの子ども お金のこと 親が亡くなった後のこと」 という本を読みました。   著者の平野厚雄さんは ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の人です。 平野さんの息子さんは自閉症 …

みつご虐待死事件について知ってください。

三つ子育児ノイローゼで次男を殺してしまったお母さんが実刑判決を受けており、執行猶予を求めるキャンペーンが行われています。 育児ノイローゼで11ヶ月の次男を床に叩きつけて死なせた母に執行猶予を求める声「 …

主夫、自閉症、新小岩、架空の存在葛飾区のお話

卒業遠足のお迎え 僕は脱サラをして2018年1月から主夫をしています。 代わりに妻が働きに出ました。 長男のRくんは自閉症で東京都立の特別支援学校の中学3年生です。 長男Rくん、次男Aくんの対応は基本 …

こうしてぼくは息子を叱ってきた

僕は元々怒らないほうだったのですが こどもが生まれてからしばらくはよく怒っていました。 長男が発達障害で怒らないと本当に危険だと思ったり、 怒を発散しないとこちらの精神がもたない、 と思ったからです。 …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。