ひできのつぶやき

そういえば人に気を使ったことがなかった

投稿日:

今では初めて会った人ともすぐに仲良くなろうと思えばなれるようになりました。

区役所の職員さんとか、税務署の職員さんを笑わせて仲良くなったり、おっかなそうな引っ越し屋のオジサンだって笑わせてその場雰囲気を和ませることが出来ました。

営業の仕事から離れて1年半が経ちましたが、20年やってきたことはそれなりに見について残っているようです。

昔取った杵柄、と言いますよね。

コンビニをクビになった

20年以上営業の仕事をしてきて、今でこそ、マインドを営業モードにカチリと切り替えれば、初対面の人とでも仲良くなれるようになりました。

でも、元々はどうだったんだろう、と考えてみたところ、高校生の時に一瞬だけコンビニのバイトをした時のことを思い出しました。

まあ、思春期の男の子だった、ということもありますが、不愛想だったと思います。

緊張もしていましたし、兎に角「待たせてはいけない」というのが一番の優先事項で、心温まる交流、なんて思いもつかなかったように思います。

ある日店主に呼ばれて、すごく、その人は話しずらそうにしていました。

甥っ子が上京してきて、ここで働くことになったから、すまないが辞めてくれないか、という話でした。

ああ、クビになったんだ。不愛想だったからなあ、でも、店主さんは気遣って、別の理由を言っているんだなあ、と思いました。

実際のところは、分からないのですが、僕自身は、ダメ出しを受けた、と思ったのです。

社会人になって最初の歓迎会

縁あって僕は大学卒業後に小さな製薬会社に就職しました。

営業職、ということでした。
でも、営業って何をするんだろう、と当時はあまりよく分かっていなかったのです。

ある日、その会社の人たちがしゃぶしゃぶ屋さんで僕の歓迎会をしてくださったのです。

おとなしく座っていたら面倒をみてくれていた総務課の方が、
「ほら、営業なんだからもっと気を使って」
と言ったのです。

学生時代に上下関係が嫌いで、部活にもサークルにも入っていなく、同級生とばかり遊んでいた僕に、他人に気を遣う、ということはほとんど経験のないことでした。

どうして良いかもわからず取り敢えずビール瓶片手に全員のところにお酌をして回ったような気がします。

ビールを注ぐのもタイミングが難しいんですよね。

でも、最終的には、立食でも着席のパーティーでも誰よりも周りに気を使ってクルクル立ち回るようになりました。

上から「ああしろ」「こうしろ」と言われたのは僕らが最後の世代でしょうか。

MRでも若い人は全然顧客に気を使わない人ばっかりだったなあ。
まあ、世代というより育ちによるかな。

-ひできのつぶやき

執筆者:


  1. folorentorium より:

    Hello. Great job. I did not anticipate this. This is a excellent story. Thanks!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

血液のがんって何?イメージできますか?

簡単な自己紹介 僕は1996年4月から2017年7月まで製薬業界で働いてきました。 主にMRという営業職をしていました。 約20年のMRのキャリアの中で 固形がんの薬を5年 血液がんの薬は7年(ただし …

花粉症とレスタミンコーワ

副作用は悪いばかりじゃない? レスタミンコーワという抗ヒスタミン薬があります。 ヒスタミンという物質が受容体に結合するとアレルギー反応が出ます。 僕は社会人になってすぐに強いストレスが原因だったと思っ …

嵐記者会見で考える「責任」って何かね?

はじめに 嵐ファンのみなさまへ もし、この記事にまぎれこまれてしまったとしたら、 この記事は「責任」について考える記事であり、 嵐が主体ではありません。 ただ、責任という意味を考えたとき、 彼らの言動 …

次男が挨拶しない!

僕の次男はこの4月で中学2年生になります。 まあ、難しい年齢ですね。 僕は主夫をしていることもあり、 次男が学校に行くときは玄関までついていって お見送りをしています。 僕の母がいつもそうしていたので …

嵐活動休止について考えてみた

嵐、活動休止はリーダー・大野智の申し出 約1年半前から話し合い : スポーツ報知 https://t.co/F9QypueXCD— ひでき (@qzjWZT1URWkp4xk) 2019年1月27日 …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。