本の紹介

ちきりんさんの「マーケット感覚を身につけよう」を読んで考えた

投稿日:2019年2月17日 更新日:

トップブロガーでMBAフォルダーで僕の憧れの人ちきりんさんの名著「マーケット感覚を身につけよう」を今読んでいます。

マーケット=市場とは何か。
就活、婚活、全日空など身近な例を用いてい非常に分かりやすく書かれていてとっても面白いです。

僕(45歳)らよりも上の世代は、老後のために貯えを残しておく、という感覚が強いと思うのですが、 その「常識」を考えさせられる章もありました。

その考えた結果を自分の今の生活にも当てはめて、はてなブログに記事にしました。

是非、ご覧ください。

その貯金、退職後の生活費ですか?

-本の紹介

執筆者:

関連記事

女性との会話入門「女の機嫌の直し方」

このブログでは「男女同権」と「AIによる働き方改革」をテーマにしています。 「男女同権」「フェミニズム」を扱っているのは 女性が社会的マイノリティーで弱者だから と言うことではありません。 僕ら団塊ジ …

「40歳を過ぎたら、三日坊主でいい。」はいい。

これは良い本です。影響を受けました。共感して線を引いた箇所がいくつもあります。 著書の成毛さんは日本マイクロソフトの元社長の人です。 頑張ったって報われない時代になったのだから、最低限の仕事をしていれ …

組織で働く、ということについて

「会社員として働いている場合、 仕事内容そのものよりも 社内の人間関係にエネルギーを使うことが多く、 それは時間の無駄、あるいは、仕事を進める上で非効率だと思うが どう思いますか?」 という主旨のメッ …

落合洋一氏「超AI時代の生存戦略」を読んでいます

落合洋一さんって誰? 写真を見て「ああ、顔は知っている」と僕は思ったのですが、 今回、本を買うまで知りませんでした。 落合洋一さんは日本の科学者で、あの落合信彦さんの息子です。落合信彦さんと言えば、僕 …

堀江貴文氏「99%の会社はいらない」を読んで

会社がなくなる 神田昌典氏「成功のための未来予報」が当たってる! を書いたら、堀江貴文さんの 「99%の会社はいらない」 が気になり読み返してみました。 以前読んだときは、本当に99%の会社が不要なの …

プロフィール

 

ひでき

 

 

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス mtwoods2018@gmail.com

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの46歳です。2019年5月から電子書籍の発行を始めています(10月現在10冊発行)。僕が書いた本のご紹介