ひできのつぶやき

次男が挨拶しない!

投稿日:2019年2月9日 更新日:

僕の次男はこの4月で中学2年生になります。

まあ、難しい年齢ですね。

僕は主夫をしていることもあり、
次男が学校に行くときは玄関までついていって
お見送りをしています。

僕の母がいつもそうしていたので、
居間で「いってらっしゃーい!」とすますのがなんか抵抗があるのです。

でも、次男からは「大変だから、いいよ」と言われています。

うちは居間が2階にあり、玄関が1階にあります。

なので、1階の洗濯機や掃除機に用があるふりをして
一緒に1階に降りていきます。

次男が靴を履いて外に出るころに玄関を覗いて
「いってらっしゃーい」というのですが、
次男は返事をしないのです。

「行ってきます」はどうした!

小さいころと言ってもつい最近まで
いろいろなところに連れて行っていました。

出かけたときは沢山おんぶしました。

長男も次男も僕におんぶされるのが大好きで
張り付いてきたものです。

習い事にも連れて行って彼の世界を広げました。

友達を家に招いてお菓子も用意し
彼が交友の輪を広げられる環境を作ってきました。

おもちゃも、友人の中では一番持っています。

任天堂スイッチは、会社の会議を遅刻してまで
ビックカメラに並んで発売日に買いました。

「いってらっしゃい!」と言ったら
「いってきます」
と言え!

と言えないので妻に言いました。

最近、Aが挨拶しないんだよ、と。

妻「恥ずかしいんじゃない」
とのこと。

なるほど。
玄関開けたら誰がいるか分かりません。

「甘えていると思われたらいやだ」と確かに以前言っていました。

フムフム、そうか。
居間では、おはよう、は必ず言います。

学校であった出来事の話もしてきます。

そうか。行ってきますだけか。

という話でした。

-ひできのつぶやき

執筆者:


  1. Chee より:

    ひできさん、すごくいい関係が出来ていて素晴らしいですよ。私なんか中二の時なんて、父にも母にも反抗しまくりでしたよ。でも、これがいよいよ本格的に自立に向かう年頃なんですよね。うちの子にもそんな時が来るのかな…ちょっと寂しさもあります。

    • mtwoods2018 より:

      夕方次男が遊びから帰ってきて
      僕が料理をしているとき
      結構長く話をしました。

      学校での様子とかその日遊びに行って何があったとかです。
      僕も父とはこういうことなかったなあ。

      中学に上がるころに急に男の子は背が伸びて様子が変わるんですよね。

      昔次男に、いずれ結婚して独立するんだよ、
      という話をしたら
      「僕はいつまでもお父さんお母さんお兄ちゃんと一緒に暮らしていたい」
      と言っていました。

      そんな日もありましたが、自立にむかっていることを目の当たりにして
      ちょっと寂しいという感覚、よくわかります。

      一緒にいる時間が増えたからそう思うのかな。

関連記事

専用トイレ付オシャレな個室のある小岩の飲み屋で痛い思い

関連記事 専用トイレ付オシャレな個室のある小岩の飲み屋 専用トイレ付オシャレな個室のある小岩の飲み屋に女の子と行った 先日地元の友達と飲み会がありました。 2次会はオシャレな個室のある「わらい猫」さん …

トラウマについて知っている範囲で語ってみた

この記事ではトラウマに対する僕の考えを書きます。 トラウマってなに? 過去のつらい出来事が、現在の生きづらさにつながっている場合、その過去のつらい出来事を「トラウマ」と言います。 あまりに辛すぎる過去 …

酒は賀茂鶴 西条の思い出

日本三大酒処は、灘、伏見、西条です。 西条は広島県東広島市にあります。 僕は製薬会社の営業(MR)として約20年働いてきました。 最初の赴任地は広島でした。 初めての担当地区の大部分は上司から引き継い …

おやつはオレオからノアールへ 

今日の子供のおやつはオレオとポテトチップスです。 黒いクッキーに挟まったクリームのさりげなさをよくご覧ください。 アメリカのオレオはスケールが違う 先日よんだブログに衝撃的なオレオの写真が載っていまし …

40代は悩める世代? 日本産業カウンセラー協会2017年統計結果から

ちきりんさんは社会派ブロガーで僕が大好きな作家さんです。 彼女の本は今読んでいるもので5冊目ですが、どれも本当に面白いです。 彼女の「ゆるく考えよう」は僕が脱サラするきっかけの一つになった本です。 彼 …

プロフィール

 

ひでき

 

 

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス mtwoods2018@gmail.com

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの46歳です。2019年5月から電子書籍の発行を始めています(10月現在10冊発行)。僕が書いた本のご紹介