「慶應 わっきー」

お薦め!「慶應わっきー」記事への読者さんコメント紹介 No.3

投稿日:2019年2月3日 更新日:

「慶應わっきー」記事への読者さんコメント紹介 No.2

の続きです。

そもそもは
「慶應 わっきー」は信用できるのか、検証してみた
をお読みください。

「慶應わっきー」さんに関する記事の閲覧数は今日2月3日時点で770PVになっています。(2018年10月10日公開)
多くの人が読む分、信頼性の高い情報を提供する必要があると感じています。

そのためには、わっきーさんに実際会い、わっきーさんの教材を使い込んでいる人の情報があると望ましいと考えて、読者さんへ情報提供をお願いしています。

今回、そんな僕の希望にぴったりの方からコメントをいただけましたのでご紹介します。

コメントは秀村祐二さんという方からいただきました。

本名出しOKをいただいています。

さらに、秀村さんのブログのプロフィールページまで
紹介していただきました。

読ませていただきましたが、
すごい人がこのブログにきちゃったよ、
という感じです。

この人の半生を読んだら多くの人が自信を喪失して
自己否定感に苦しむことになるのではないか、
そう思わせるプロフィールです。

最近ブログを研究していることもあり、
ちょこちょこ、いろいろな人のプロフィールを
見るのですが、こんなにすごい人みたことないですよ。

この秀村さんがわっきーさんの教材を買って良かった、
と言っているのは価値のある情報ですが、
秀村さんだから使いこなせたのではないか、
とも感じてしまいます。

今回、僕のコメントはこれくらいにして、秀村さんのコメントをご紹介したいと思います。

元のコメントはこちら「慶應わっきー」は信用出来るか検証した、約2ヶ月後の再検証

秀村祐二さんからいただいた「慶應わっきー」さんに関する情報!

(太字、文字の大きさ、色つけはぼく「ひでき」がしたものです)

2019年2月1日 10:36 (編集)
こんにちは。秀村と申します。

私は、「慶応 わっきー」と直接会ったことがあります。

というよりは、最初に出会ったのがリアルでの出会いで、フルネームでの自己紹介をしました。

2017年、起業家交流会のBBQで会いました。私は起業家駆け出しの頃で、彼は「稼いだ後引きこもり」の時期の頃です。

「良かったらこんなブログやってるんで」と彼のブログを紹介されて、「ネットではわっきーという名前でやってるんだ。顔出しもしてないんだな~」と思ったという経緯です。

彼のメルマガに登録したりしていたのですが、そのうち「ザ・情報商材」の匂いがプンプンしてきました。

きっとアヤシイと思う人は怪しがると思います。笑 

ですが、私はそういうのに抵抗がないので、総額数十万円程を費やしてきました。

結果は、「今のところ元は十分に取れている」と言えます。

ビジネスのやり方は千差万別であるため、「彼のやり方が『正』」とは思いませんが、彼の考え方が私のビジネスに良い結果をもたらしたのは間違いありません。

しかしそれはあくまで、彼が紹介している情報内容は『彼にとって』真実であり、私のビジネスに『たまたま』良い結果を与えた、ということです。

それが万人に適応されるとは思いません。

そして、探せば彼が提供している情報は全て本で見つけることができます。ですが彼が提供する情報商材には、本よりも圧倒的に高い値段が設定されています。

それにもかかわらず私が納得してそのお金を支払って購入する理由は、「彼流の情報の取捨選択」に価値があると私は考えているからです。

私自身は、わっきーさんのような雰囲気とは違う方向性でやって行きたいと思うところもありますが、私が試行錯誤を続ける中で彼流の情報の取捨選択方法は参考になることも多く、私は『私にとってののビジネスの真実』を見つける手助けとなっています。

ただし、一言付け加えておくならば、私は自分のビジネスの価値を最大限にするにあたり、色んな本も読んでいますが、500円の中古本の中にある一つのフレーズの一つが300万円を生み出したこともありますし、友人との対話がビジネスを生んで2000万円の収益になることもありました。

そういった観点から考えると、「わっきー」のコスパは良いか悪いかと言われれば、うーん?笑 

起業家であれば、ビジネスアドバイサー一人を一カ月雇ったと思えば安い買い物かも?という感じです。

人を一人雇っても、こんなにビジネスについて系統立てて情報を提供してくれる社員なんてそうそういないですから。

要は、管理人さんもおっしゃってますが、得られる情報の価値を最大限にすることができるかどうかは、

結局のところその人次第だと考えています。

何かの参考になれば。。。

-「慶應 わっきー」

執筆者:


  1. […] お薦め!「慶應わっきー」記事への読者さんコメント紹介 No.3 […]

  2. […] お薦め!「慶應わっきー」記事への読者さんコメント紹介 No.3 […]

  3. […] お薦め!「慶應わっきー」記事への読者さんコメント紹介 No.3 […]

  4. […] お薦め!「慶應わっきー」記事への読者さんコメント紹介 No.3 […]

  5. Chee より:

    面白い人ですね。
    プロフィール見ましたが、なんかやっぱ私はノリ的にわかります。
    私は海外のあちこちには行きませんし、教材は要らないと思ってますけど。

    あのボストンの日本人就職会は、実は地元の人は不思議がっているんですよ。だって駅から大量に同じようなリクルートスーツ(そんなものはアメリカには無い)来たアジア人がゾロゾロ…。私はその近くで働いていたんですが、周りにあれはなんだと聞かれて、なんか恥ずかしかったですよ。そこでいいとこに就職したんですね。私も行っとけば良かったかな?笑 いやでもあれは日本国内向けの就職会なんですよね。

    • mtwoods2018 より:

      彼のプロフィール見てくださったのですね。
      自分のマンションの部屋を無料で開放して2年間で3,000人の外国人を止めたって話すごくないですか?

      僕にはあんなオープンなことできないです。

      とにかく何でもどんどんチャレンジしていってしまうのがすごいですよね。

      ノリ的ってそういうところですか。

      そうか、ボストンの就職会は地元ですね。
      そんなところでCheeさんにつながっていたとは。

      日本国内向け就職会をわざわざボストンでやるんですか。
      不思議~

  6. […] 関連記事お薦め!「慶應わっきー」記事への読者さんコメント紹介 No.3 […]

関連記事

「慶應わっきー」の教材で元を取った人に話を伺いました 1

関連記事お薦め!「慶應わっきー」記事への読者さんコメント紹介 No.3 でご紹介したボーダーフリー株式会社の代表取締役・秀村祐二さんに昨日お時間をいただきお話を伺いました。 前回の記事で秀村さんのプロ …

「慶應わっきー」から学ぶネットビジネス

副業ネットビジネスで月収200万円? ブログ研究報告「トップブロガー、アクセス番付、ブログ人口、アクセスup法など」の関連記事です。 この記事の中でSanzzoさんという大手企業のWebマーケターの人 …

あるサロンの炎上をきっかけに「慶應わっきー」を再考する

2019年1月12日 「慶應わっきー」記事への読者さんコメント紹介の続きです。 AIに仕事を奪われる近未来、インターネットビジネスは希望 AIに仕事を奪われる近未来、インターネットビジネスは希望である …

「慶應わっきー」は信用出来るか検証した、約2ヶ月後の再検証

AI時代、ベーシックインカムに賛成はするが期待はしないの関連記事です。 来るAI時代にはロボットに仕事を奪われてしまう職業が沢山あると言われています。 このブロブでそのことを調べているうちに、それは間 …

凄いぞTwitter! 自閉症漫画Saltboxの応援、拡散をお願いした翌日の結果

自閉症漫画 Saltbox ! 昨日、自閉症とは何なのかを学べる漫画 という記事を書いて 知り合いの人が書き始めたSaltboxという漫画を紹介しました。 その知り合いの人は、4年前にブログを通じて知 …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。