スピリチュアル的

死後体験にチャレンジ!

投稿日:2019年2月2日 更新日:

おそらく日経新聞だったと思うのですが
紙面の下に本の広告が貼ってあって
ある日「死後体験 坂本政道」という本が宣伝されていました。

何回かその広告を見ているうちに気になって本屋で見つけたときに買って読みました。

この本はシリーズになっていて一連の本も読みました。

アメリカのある研究施設が科学技術を使って生きていながら死後の世界を経験できる装置を開発したというのです。

著者の坂本政道氏は現地に行ってその死後の世界を経験し、その体験を本にしています。

10年以上前に読んだ本の記憶に基づいて書いているので
だいたいそういうことかという感じでお読みください。

ヘミシンクは音によって意識を操作する装置です。

ヘッドフォンをつけ、左右から少しずつ異なる周波数の音を流します。

そのことのよって意識が変化(変性意識)して
白昼夢、うとうとした状態、体は熟睡しているけれども意識は覚醒している状態(金縛り)、幽体離脱、死後体験、
という感じに導いていきます。

音によって意識を変化させる方法は、密教だか何だかのお坊さんが複数人で洞窟にこもってマントラ(呪文)を唱える方法と似ているそうです。

ヘミシンクの施設を訪れたアジアの宗教家が、「東洋が数百年かけて伝承してきた技をアメリカは科学技術で成し遂げた」
と驚いていた、という話が載っていたように思います。

非常に興味深いです。
でも、僕がその本を読んだ当初は自分で経験するにはアメリカに行くしかありませんでした。

そこまでの情熱はありませんし、英語でのガイダンスなので理解できません。

そうこうしているうちに数年が経ち、また、ふとしたきっかけでヘミシンクについて調べてみたら、なんと、日本でもヘミシンク体験ができるようになっていました。

坂本政道氏がそのような施設を作っていたのです。
今でも継続していますので、ニーズはあるようです。
日本も広い。

これには少し心が動きました。

僕は前世療法を実際に経験しています。
ただ、あの時はフォトリーディングを受講したらその先生が前世療法のセラピストでもあったという偶然から体験に至りました。

ひょんなことから前世療法を経験したよ

死後体験にはそのような偶然はやってきませんでした。

実際に施設に行ってインストラクターの指導を受けた経験ということはしていません。

ところが「死後体験」にチャレンジするきっかけが極身近にありました。

一時期僕はさいたま市の北与野駅近くの事務所で働いていたのですが、その建物が、大型書店の入ったビルと地下で直結していたのです。

仕事をしていてストレスを感じると僕はその書店に行って答えを探し回っていました。

いろいろな自己啓発の本を買いました。

何度もその書店には通っていて、ずーっと気が付かなかったのですが、レジの反対側の一番目立つところに、あのヘミシンクの特設コーナーが常設されていたのです。

なんでこんなところに?

見るとヘミシンク体験ができるCDが売っているではないですか。

全部で6セットあります。

こんなんで本当に死後体験ができるのだろうか。
疑問です。

しかし、これらのCDを聞き続けた結果死後体験をして能力アップした、という人たちが本を出しています。

サラリーマン・ヘミシリーズと言います。


5,388円って、プレミアついてる。

ああ、断捨離で2冊とも売ってしまった~。

書いてある内容が嘘か本当かわかりませんが
何だかとっても面白くって夢中になって読んだ記憶があります。

当時、僕は小銭持ちサラリーマンでした。

CDを1セットずつ、結局3セット買いました。

自宅でCD聞くだけですからね。

同僚にこのCDを買っているところを見られない限りリスクはありません。

聞いてみると、なかなかいい声のおじさんが誘導してくれます。

波の音も聞こえて、まあ、リラクゼーションCDですね。

日常で気になっていることや、その時とらわれている嫌な思いというのは、トレーニングの邪魔になるので、封印して遠くへ投げ捨ててしまいましょう、と言われます。

それをイメージするのですが、嫌な思いを意識的に排除するよい訓練になったような気がします。

それから、全身の筋肉から力を抜くようにメッセージが一つずつ届きます。

顎から、力をぬいてください。
唇から、力をぬいてください。

・・・・・

頭部のリラクゼーションを
脳の中心にまで浸透させましょう。

みたいな感じです。

人間寝るときでも筋肉に力が入っているものです。

マーフィーの法則で、意識的に筋肉の力を抜いていく方法を学びました。
ただ、あれは自分の意思の力を使う必要があります。

ヘミシンクCDでは、いい声のオジサンが誘導してくれるので
それを聞いていればよいので楽です。

電子的な波の音を聞きながら脱力していくと
結構気持ちよくなってきます。

そして、寝落ちします。

寝てる間に体外離脱しているのかもしれませんし、
死後体験していたのかもしれません。

しかし、目が覚めた時は全く覚えていません。
「ああ、よく寝た」
くらいの感想です。

それでも聞いていて楽しいので少しの期間、
このCDを聞いていた時期がありました。

でも、結局寝てしまう。

ある時、一人になれるまとまった時間を手にする機会がありました。

石原結實先生の伊豆の断食施設に3泊四日で滞在したのです。

車にヘミシンクのCDとラジカセを積んで出発しました。

そこでは、食事をしないので時間が膨大にあると思ったのです。

行ってみたら何かと忙しくてなかなかCDに集中できなかったのですが、それでも、家にいるよりは聞くことができました。

まあ、夢か何かの間違いだと思うのですが、
ヘミシンクのCDを聞いていたら、

目の前に突然、大きくて、恐ろしい姿形をした河童が現れたのです。

かなりリアルにです。

「バンッ!」という感じで目の間に現れたので、
かなりびっくりしました。

おっかなかったです。

頭の中で作ったイメージだとしてもやっぱり怖いですよ。

それ以来、あんまりヘミシンクのCDは聞かなくなってしまいました、というお話でした。

-スピリチュアル的

執筆者:


  1. より:

    ひできさん、こんにちは。
    一度、テスト コメントで送信しますね。

  2. より:

    ひできさん、こんにちは。

    ヘミシンク体験を記事にされたんですね!
    実は、私も 似たような体験をしたのです。
    ヘミシンクは、本来 ヘッドホンを使って
    聴くところを、家に誰もいなかったので
    スピーカーから 流して聴いていたのです。
    そしたら、私のすぐ横に 
    未浄化な存在が一斉に(5~6体)
    集まってきたような気配を 感じたのです。
    映像で 見たわけではなく、気配を
    感じて、怖くなってやめました。
    怖い話になって、ごめんなさいね。

    余談なのですが、昨年の11月くらいから
    おそらく・・ですが、
    総武線と山手線の アナウンスが
    ヘミシンクの声の方になっていると
    思います。 ナレーターの方、出世したなぁ、
    と感じるとともに、さすがに違和感があり
    電車に乗るのに 集中できませんでしたが
    今では、慣れました。^^

    • mtwoods2018 より:

      花さん、いつもYahooブログにコメントくださりありがとうございます。

      でも、こちらにコメントいただけてもっと嬉しいです。
      より多くの人に見てもらえるのがこちらのブログなので。

      いや、本当に怖い話ですね。

      「未浄化」というのはなんでわかったのですか。
      ただ、そういう風に感じた、ということでしょうか。

      昨日、この記事を書いて久しぶりにヘミシンクのCDを聞いてみたのですが、傷がついたのかすぐに止まってしまいました。
      まあ、全部でCDは9枚あるので、ほかのを聞いてみようと思います。

      あのナレーターの方、総武線と山手線のアナウンスしているのですか。
      なんかすごいですね。最近全然電車に乗らないのですが
      次に機会があったら意識してみます。

関連記事

「時間の概念を説明してください」と言われたら?

関連記事 嵐記者会見で考える「責任」って何かね? ビートルズの名曲紹介 ジョージハリソン編3 「Be Here Now」 時間ってなに? 時間と言うのは当たり前に存在しますがよくよく考えてみると不思議 …

引き寄せの女神様も推奨する動物観賞

動物使ってアクセスアップ!の関連記事です。 この本はスピリチュアル系の本ですが、 読み物としてもとっても面白いです。 「いい気分でいると、いいことが引き寄せられる、 そして良い気分になるのは方法があり …

年金や老後問題は結局なんなのか

5月25日にこのブログで金融庁発表の年金に関する報告書(案)を取り上げて以来、僕の中で年金問題への関心が止まりません。 今日も、この問題について僕が考えたこと、知ったことをシェアしたいと思います。 最 …

勝手にジョンレノン ウィーク All you need is love

勝手にジョンレノン ウィーク ラブ の続きです。 ジョン・レノン編5はAll you need is loveです。 Imagine Woman Happy Xmas Love と続いて、やっとビート …

前世療法について覚えている範囲で語ってみた

トラウマについて知っている範囲で語ってみた の続きです。 以下の話は、僕の記憶に基づいて書かれており、 関連書籍を再確認しながら書いたものではありません。 そのため、大枠では間違えていないと思っていま …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。