ひできのつぶやき

政治的な発言はタブーってされる風潮なの?

投稿日:2019年1月25日 更新日:

関連記事 

小岩地区選出代議士平沢勝栄議員とLGBT発言問題について考える

平沢勝栄議員はLGBTの味方 同性婚は憲法で保障された権利

2つ目の関連記事の中で僕は以下のことを書きました。

『 平沢勝栄氏に対しては
「もっと勉強してください」「発言を撤回し謝罪しろ」「LGBT差別発言だ」
という意見が目立っていました。

僕はLGBT問題について理解したいと思っていましたが、
それらの情報からは、問題の本質を理解することはできませんでした。』

そして「せやろがいおじさん」という人の
平沢勝栄氏の発言に対する動画をご紹介しました。

この動画で、問題の本質が良く理解できた、
とも書きました。

そして「せやろがいおじさん」に
記事中で動画を紹介したこと、
削除、修正等が必要であれば一報ください、と
メールしました。

返事は来ませんでしたが、
Twitterのフォロワー数約1万の有名人です。

返事は元々期待していません。
動画添付「黙認」と理解していました。

ただ、僕の記事を見てくれたのかなあ、
と思う動画をまた見つけました。

「もっと勉強してください」
という人について言っていることから
そう思いました。
もちろん、自意識過剰かなと思いますが。

とにかくまた素晴らしい動画なのでご紹介したくなりました。

政治的な発言はタブーとされる風潮について【せやろがいおじさん】

この動画を見て思ったのですが、
「政治的な発言はタブーとされる風潮」
ってあるのですか?

みなさんはどう思いますか?

政治的発言 ひできの場合

そういう風潮があるのかどうかは分かりませんが、
自分のことについてなら説明できます。

政治的なことについては書きにくいと思っています。

僕は読書が趣味で、その中でも歴史は好きなジャンルです。
歴史は過去の政治の話がほとんどです。

現在の政治についてももちろん興味はあります。

このブログのカテゴリーをご覧いただければ
「男女同権」というテーマがありますし、

カテゴリーには登場しませんが、
働き方改革は僕がメインに考えているテーマです。

とは言え、これは特定の政治家や団体が関係する話とは
関係なくはないですが、漠然としているので
あまり気兼ねすることなく書けます。

ただ、冒頭に紹介した平沢勝栄氏に関する2つの記事は
書くことにエネルギーを必要としました。

なぜ書いたかというと、小岩のことを書き続けているのに
小岩選出の代議士のことが全国的に話題になっているのに
無言でいることがカッコ悪いと思ったからです。

上の動画で「せやろがいおじさん」が最後に言っている

「安心して語れる雰囲気作ってこ~」

この意見には大賛成です。

でも、そもそも、安心して語れない雰囲気があるのでしょうか。

社会派ブロガーちきりんさんに学ぶ政治的発言

一般人が政治的発言をすることに関連して
社会派ブロガーちきりんさんのブログに
面白い記事がありました。

ちきりんさんは、日本でトップ5に入る
読者数を誇るブロガーさんです。

社会的影響力を持っている人です。

起点になろう

このちきりんさんのブログ記事のきっかけは、
ちきりんに宛てられた一般の人(わっくん)からのTwitterです。

僕なりのかなり乱暴な解釈ですが、

わっくんという人は、
社会的、政治的な話題や人生について
真面目にディスカッションをしたいと考えていました。

なので、一般人がそういうテーマについて議論できる場を
ちきりんに作ってほしい、とメッセージを投げかけました。

メッセージを受けたちきりんさんは、
「あたしは、自分が話たいことを話す」

ディスカッションする場が欲しいなら自分が
発起人になりなさい、
と返します。

もっと、優しく丁寧に回答されていますが、
そういう内容だと僕は理解しました。

自分たちで政治的テーマについて語りにくい雰囲気を作っているのではないか?

自分の心情を観察してみても、政治的なテーマについて語りにくい、
という思いはあります。
ですので、わっくんの気持ちは理解出来ます。

ただ、一方でちきりんさんは政治的な問題にも
自分の意見を言っています。

ちきりんさんが公安から取り調べを受けた
という話は聞いたことがありません。

一般の人は、自分が何かを書くことで
不特定多数の人から批難されることを恐れている
だけではないでしょうか。

まあ、せやろがいおじさんは、
自分と異なる意見を攻撃する風潮を問題にしていて
それはその通りと思います。

イケダハヤト氏に学ぶネット上での発言の影響

関連記事

「武器としての書く技術」で15分

あるサロンの炎上をきっかけに「慶應わっきー」を再考する

イケダハヤト氏も日本のトップ5に入るブロガーさんです。
著書「武器としての書く技術」
によると

彼のブログは度々炎上を起こしていて
多くの人から批難を浴びているそうです。

でも、彼のその後の人生に影響はなかったし、
イケダハヤト氏のことを知っている人は
町にはほとんど(まったく?)いない、
そうです。

気にしないでドンドン発言していきましょう、
と言っています。

僕のブログの平沢勝栄氏の記事の反響はどうだったか

平沢勝栄氏に僕はあったことはありません。
そして、平沢氏のことを個人のブログで話題にした程度で、
地元有権者をむやみやたらに攻撃してくることはないと思います。

とは言え、衆議院議員ですし元警察官僚です。
バックに警察組織がいることを想像します。

だからなんだ、と言われても別に何でもないですけど
なんとなく緊張するじゃないですか。

平沢勝栄氏記事を書いた結果ですけど、
何も起きていません。

このブログの今月のページ閲覧数は現在、6000PVになっており、
沢山の人に読んでいただいているブログになりましたが、
あの平沢勝栄氏の2本の記事のPVは10と7です。

あのブログには自分のメッセージを込めて書いたので
愛着があり、10人、7人の人が読んでくださったことは
嬉しいです。

でも、緊張し心配しながら書いた割には
さして反響もなく、もっと気楽に書いても
良かったかなあ、という気分です。

結論

このブログではコメント欄をオープンにしていますし
僕個人のメルアドも公開しています。

小岩に住んでいることを公言し、
一時期は顔写真も公開していました。

このブログに熱心にコメントや
メールをくださる方はいらっしゃいますが
ごく少数です。

そして、ここが肝ですが、
大ダメージを受けるようなコメント
メッセージは受け取ったことはありません。

ものが言いにくい雰囲気って実在するかも知れませんが、
大部分は自分の中で勝手に作り出している
妄想の産物なのかなあ、とも思います。

つまり、僕の限られた経験ですが
ブログ書いても大丈夫ですよ。

興味がある人はどんどん書きましょう。

僕が知っていることならお答えします。

MtWoods2015@yahoo.co.jp


-ひできのつぶやき

執筆者:


  1. Chee より:

    せやろがいさん面白いですね。OK!のとこで吹きました。笑

    ご存知の通り、米国は芸人さんやスターの中にも政治的発言する人が割と多いですよね。コメディーでも政治をガンガンネタにします。色んなリスクを負うのでしょうが、そこも含めて楽しんでいる空気があります。

    日本だと、手を挙げて質問すると、ちょっぴり冷たい目で見られるじゃないですか?面倒な奴だな、優等生ぶりやがって、的な。学校でディベートの仕方や話し方の教育もあまりされたことがありません。この辺じゃないですかね?

    私も昔はブログでちきりんさん並みに言いたい放題でしたが、最近はそういうのに触れなくなりました。当時は反論コメントと話し合う技術が育ちました。ただ今やろうかと思うと…もういいかな。ちょっと疲れます。

    • mtwoods2018 より:

      Cheeさん、
      ありがとうございます。
      すごく気にって昨日の晩、この人の動画再生リスト全部みました。

      OK!のあとのあの間がいいですよね。

      僕は学校でも会社でも積極的に発言していましたね。
      ユーモア交えていうと結構許されますよね。

      僕のそういう特性を利用しようとして、
      自分が表に出たくない人は
      僕に言わせようとしている人いました。

      そういうのが嫌でだんだんいわなくなりましたね。
      やっぱり人前で発言するといやなこともありますからね。

      Cheeさんがそういう話題に触れなくなったというのは
      フェミニズムの話の時にもありましたよね。
      疲れる、というのは分かります。

      Cheeさんは、ブログという不特定多数が見る可能性のある
      媒体で社会的発言をした、という経験をしているから
      ものをいう資格ありますよね。

      僕も、言いたいこともないのに敢えてそこに
      突っ込んでいくつもりはないのですが、
      この返事を考えているうちに、
      言いたいことが見かったのです。

      それと、そもそもは
      小岩→平沢勝栄議員→せやろがいおじさん→
      政治的発言が出来る雰囲気作り賛成
      と言ってしまった手前、
      一度は、発言してみて、
      どんなものか経験してみようと思います。

      ちなみに、インフルエンザうつったかもしれないです。

      起きているときはすごく気をつけていたのに
      寝室の乾燥対策を全く忘れていて
      朝起きたら喉の深いところが炎症しています。

  2. […] 関連記事 政治的な発言はタブーってされる風潮なの? […]

  3. Nice post! Thank you.

関連記事

確定申告終了 高額納税者になりたい!

今朝、平井の江戸川北税務署に行って確定申告を終わらせてきました。 取り敢えず、やっと脱サラして、スタートラインにたったような気がします。 今後、脱サラを考えている方がいらっしゃいましたら、よくご存じだ …

年金問題は中身を議論しよう。「全部読んでない」「受け取らない」「なかったことに」よりも。

みんなの年金 コクミンカイホケンって言うと堅いけど、 国民皆保険だから、 日本人みんなの保険ってことですよ。 特定の地域や世代、業界の話題と違って、 日本人全員に関係することですから、 枝葉の部分でギ …

酒は賀茂鶴 西条の思い出

日本三大酒処は、灘、伏見、西条です。 西条は広島県東広島市にあります。 僕は製薬会社の営業(MR)として約20年働いてきました。 最初の赴任地は広島でした。 初めての担当地区の大部分は上司から引き継い …

本気で働き方、働く環境が変わったと思う

ITツール、AI(人工知能)の発達で働き方が変わる、と言われていて このブログでいくつか関連記事を書いてきました。 最近、世の中を見ていて本当に変わったなあ、と思うことがありましたのでそれを今回は書い …

スランプを克服し、継続し続ける方法

継続することの大切さ 物事を成し遂げるには継続することが大切ですよね。 嫌いなことよりも好きなことのほうが続けやすいので「大好きなことをやりましょう」と最近よく言われています。 好きなことをやっている …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。