ITツール情報 「慶應 わっきー」 今、学んでいること

今からパソコンを買うとしたらWindows? Mac?

投稿日:2019年1月18日 更新日:

パソコン音痴の検討過程

このブログを読んでくださっている方が
パソコンの購入を検討しているという連絡をくださいました。

僕は1973年生まれの45歳です。
その方は僕と同世代でパソコン関係の知識はあまりないそうです。

僕もITツールに詳しくないのですが、
その人がパソコンの購入を検討するきっかけの一つが
このブログのようでもあるので
もちうるかぎりの知識と能力で
少しでも有益な情報提供ができればと考えています。

パソコンにはWindowsとMacがある

βとVHS、
トヨタと日産、
スタバとタリーズ、
任天堂とソニー
このように、

パソコンにはWindowsとMacがある、

僕はこう認識していますが、大丈夫でしょうか。

WindowsとMacの違いは?

文系の僕はこう理解しています。

Windowsはビルゲイツ。
Macはスティーブジョブズ。

少年時代のパソコン体験

子どもの頃に富士通の88、98シリーズと言ったでしょうか、
パソコンを買って使っていました。
信長の野望、三国志で、歴史上の人物の名前を沢山覚えました。

パソコン・スキルは全く覚えませんでした。

Windowsしか使ったことがない

パソコンを使いこなした、と思えるようになったのは社会人になってからです。
僕は製薬会社で営業の仕事(MR)をしていましたが、
新卒時は個人用のパソコンはありませんでした。

岡山でMRをしていたときに個人用のノートパソコンを初めて支給されました。
1998年か1999年のことです。

それ以降、パソコンは日々使っていますが、一貫してWindowsです。

Macとの関わり

2007年から2010年までの3年間、
製薬会社のマーケティング部と営業部を行ったり来たりしていましたが
ほぼ本社に入り浸りでした。

その時、同僚にMacマスターがいました。

彼女が言うには、Macの方が、デザインが美しく、
デザイナーはMac派が多い、というような話だったように思います。

Macが使えるだけでパソコンに強い人、という印象を受けたものです。

その時、Macに触れる機会があったのですが、
電源の入れ方すら分からなかったのを覚えています。

Windowsなら多少、説明できます。

Excel、Word、PowerPointでしたら仕事でほぼ20年使い続けてきました。
20年専業主婦をしていた妻よりは確実に詳しいです。

調子にのってYahoo知恵袋の「Excel、Word、PowerPoint」のコーナーを覗きましたが、僕が解決できる質問は全くありませんでした。
そういうレベルです。

小岩に来ていただけるのなら、無料で「初心者向けパソコン教室」をやります。
期間限定です。期限は「気が変わるまで」です。

慶應わっきーはMacを薦めている

僕がインターネット、ITツールについて勉強しなおすきっかけとなった
慶應わっきーさんはMacを強烈に推奨しています。

添付の動画を聞きなおしてみました。

Macを推奨する理由は「速い」「インターネットビジネスをしている人はMacを使っている人が多い」

そういう理由でした。
ストレスのない環境のほうが物事は継続するとも言っています。

僕は、2015年にプライベートのノートパソコンを買いました。
今もそれを使っています。
5万円でした。
高利益体質の製薬会社から支給されていた新品ノートパソコンと比べて
遅いです。
文字変換すら遅いのです。
ただ、「メモ帳」に下書きをして、それをWordPressに貼り付けていて、
それで変換速度問題は解決できています。解決って言えるのかな?

まあ、僕は添付の動画を聞く前にWindowsを買ったので
それを大事に使い続けています。

ちなみに添付動画は2015年9月公開の物です。
日進月歩のITツール世界で3年前の情報が活きているのか不明です。

Macの時代は終わった?

2019年1月15日公開のラジオ情報です。

勝間和代さんのコメントを上念司さんが紹介しています。
iPhoneよりもアンドロイドが使いやすい、と。

上念司さん曰く「スティーブジョブズという一人の天才よりも
何万という凡庸な人間が集まったほうが良いものが作れる」(意訳)。

アップルショックの原因は米中貿易摩擦はきっかけに過ぎず、
本当の原因は相対的な性能の低下のようです。

iPhoneの不調がMacのパソコンと連動するのか不明です。
知識がないから分からないです。

Windows or Mac 結局どっち?

もし僕がパソコンを買う時、
WindowsとMacどちらを選択するか。

Googleで検索して情報を集めます。

検索ワードは「パソコン 新規購入 Windows マック」です。
予想通り、2社の比較をした情報がでてきました。

WindowsとMac 比較ブログの紹介

買い換えるならどっち?WindowsとMacの違いを6つ紹介

WindowsからMacBook Proに乗り換えて2年半。超えられなかった壁。

あなたにはMacかWindowsか?これでわかる!比較したメリット・デメリットまとめ

WindowsとMac 比較ブログをざっと読んで

上で紹介した3つのブログをざっと飛ばし読みした結果です。

WindowsもMacも一長一短あってどちらで良い。
長年Windowsに慣れてきた人はMacに慣れるまで大変。
速さで言えばやっぱりMacが良い。

Windows、Mac どちらを選ぶかはあなた次第です

当たり前の結論ですね。

-ITツール情報, 「慶應 わっきー」, 今、学んでいること

執筆者:


  1. Chee より:

    私はウィンドウズ派です。
    昔は建築、デザインはマック、他の工学はウィンドウズって感じでしたがね。
    仕事でデスクに両方並んでた時もありますが、マックは広報やグラフィック関係専用で、工学、スケジュール、見積もりの方は全部ウィンドウズでした。
    現在はウィンドウズで、ほぼオープンソースやコスパが良いソフトを使っています。
    Adobe系さえあまり使いません。
    それでもYouTuberやって、大手出版社から絵本を出せるのです。
    現在はASUSのゲーム向けPCを使っています。グラフィックカードが良くて安いから。
    PCは普通のユーザーには安いのでも十分です。3Dアニメーションもやったことありますが、PC変えたところでそんなにパフォーマンス変わりません。よほどの内容でなければ。そんなん1人でやってるような人には関係ありません。
    あとは好みの問題です。

  2. […] 今からパソコンを買うとしたらWindows? Mac? の続きです。 […]

関連記事

フェミニズム運動に男が参加すべきと思う理由

フェミニストの母に育てられ 僕は自分を男女同権論者だと思っています。 でも男女同権について もう一度考えてみようと思うきっかけがありました。 そして、ハリーポッターの女の子役で出ていた エマワトソンが …

Twitterフォロー数1000人達成! akamini先生の教え

他の人のブログで勉強「akamini blog」さん の続きです。 ブログへのアクセスを上げるためTwitterのフォロワー数を増やすことを考えました。 前回の記事でakaminiさんのブログからTw …

ブログページ閲覧数急落の原因を考える

お陰様で昨年9月末から始めたこのブログは 右肩上がりでページ閲覧数(PV)が上昇していました。 ところが昨日、PVが急落しました。前日の半分くらいのPVでした。 右から2番目の棒グラフが昨日の結果です …

自然死について学ぼう きっと日本人は救われる 中村仁一先生の講演を聞いて

大往生したけりゃ医療とかかわるな: 「自然死」のすすめ 中村仁一は名著 老人ホームに勤務されている中村仁一先生の「大往生したけりゃ医療とかかわるな」は名著で僕の蔵書の一つです。自然に死んでいくととはど …

NHK「発達障害って何だろうスペシャル」の感想

発達障害の人が周りにいたら? Yahoo知恵袋が面白くて毎日少しずつ読んでいます。 ある時こんな質問がありました。 会社で発達障害の疑いのある人の教育係になった人の 投稿でした。 会話がかみ合わず、教 …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。