小岩

平成31年初詣 in 小岩

投稿日:2019年1月4日 更新日:

ある小岩の家庭の元日の習慣

我が家はお正月にお墓参りをする習慣があります。

僕の実家のお墓と母方の祖父母伯父のお墓がそれぞれ小岩にあるのです。

例年、元日は僕の実家で食事会をしていました。
昼と夜の2回です。

昼に軽く酔っぱらって、散歩がてら二つのお寺をめぐってから
自分の家で一休みして、夜に再度飲み会、という習慣でした。

実家にダラダラいても妻も子供も疲れるので
外にでる口実にお墓参りをするようになりました。

お墓参りをすると親から喜ばれるし関心されるし、
なんとなく、自分自身も気分が良くなるので、
それが我が家の習慣になりました。

小岩 十念寺 平成31年元日お参り

今年は僕の父が入院していることもあり、
元日の実家での食事会はありませんでした。

でも、お墓参りには行きました。
次男が中学生になって多忙になり、
家族4人でのお出かけの機会がなくなりました。
せめて正月くらいは4人で出かけようということで
近所のお寺にお墓参りがてらの散歩でした。


まずは十念寺です。
次男はここの保育園に通っていました。
お正月は祖父と一緒にお経を聞きに行っていました。
妻に確認したら1回だけでした。

自閉症の長男Rくんが墓石にお水をかけています。
息子2人はなぜかこの作業が好きです。
僕も小さい頃好きでした。
なぜか心が落ち着くんですよね。

小岩 宣要寺 初詣

僕の実家近くのお寺、小岩宣要寺です。
山門が古くなって今は開けっ放しです。
いい味出しています。

山門を入ってすぐ右に稲荷神社があります。
子供の頃、たわしで磨いて遊んでいました。

昔より立派になった気がします。

参道にたらいと桶が置いてありました。
除夜の鐘の直前に住職が水をかぶって祈祷します。

母が「和尚さんが昨日水かぶったんだよね」
というので「見に来たの?」
と聞くと、
「寒いからこない」
とのことでした。
僕も同じでした。
大晦日は早々に眠っていました。

小岩宣要寺の鐘です。
大晦日には近所の人が行列を作って
除夜の鐘をつきます。

元日の午後は静かなものです。

鐘の横に文豪永井荷風の詩が刻み込まれた石碑があります。

小岩と言えば善養寺の影向の松が有名ですが、
ここ宣要寺の瑞鳳の松もなかなか立派です。

鐘をついているのは次男です。
僕もつきました。
これが我が家の初詣でした。

除夜の鐘にならばなくても
これで十分。


-小岩

執筆者:

関連記事

小岩に根を生やすニューヨーカーが教える英会話学校の思い出

社会人になって地元から4時間離れた広島に配属 僕は東京で生まれて東京で育ち家族も友人・知人もみんな東京近郊に住んでいました。 大学卒業後に縁あって製薬業界で働くことになりました。 福利厚生もよく、勉強 …

小岩再開発情報No.4 小岩駅南口はこう変わる

JR小岩駅前再開発情報No.3「次はどこ?」の続きです。 前回の記事では2019年の初頭には 小岩駅南口のコージーコーナー、りそな銀行の辺りの 再開発が始まる、という情報をお伝えしました。 次はどこか …

除夜の鐘の突ける小岩のお寺 宣要寺

江戸川区北小岩2丁目にある宣要寺では除夜の鐘を突くことが出来ます。 僕の実家はこのお寺から非常に近いので、 ゴーンと鳴り始めてから家を出るので 実際は見たことはないのですが、 住職が樽に入った冷水を浴 …

「散歩の達人」が小岩を特集していました

日頃、引きこもりと見分けがつかないような生活をしています。 久しぶりに小岩駅まで足を延ばし 書店を覗いてみたら、 あの有名雑誌「散歩の達人」が小岩と新小岩をセットで 特集していることを知りました。 ど …

江戸川駅は小岩にあります

再開発の噂も聞かない江戸川駅 江戸川駅です。 そこにいるだけでワクワクするような 元気が出る駅がありますが、 江戸川駅は寺院で座禅をしているかのような 心が静かになる駅です。 この近所に住んでいるのに …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。