小岩

除夜の鐘の突ける小岩のお寺 宣要寺

投稿日:2018年12月24日 更新日:

江戸川区北小岩2丁目にある宣要寺では除夜の鐘を突くことが出来ます。

僕の実家はこのお寺から非常に近いので、
ゴーンと鳴り始めてから家を出るので
実際は見たことはないのですが、

住職が樽に入った冷水を浴びてお清めをします。
参道が水に濡れているのでそうなんだろうな、と思っています。

除夜の鐘を突きたい人のために整理券が配られているようです。

これももらったことがありません。

行くと無料で甘酒が振舞われています。
奥へ行くとドラム缶に薪をくべて焚火をしています。

たまに地元の知り合いにあいます。
焚火にあたり甘酒を飲みながら除夜の鐘を聞いていると
そのうち、整理券を持って並んでいた人たちがすんで、

「はい、今からは自由です。整理券のない人でも突けますので
ならんでください」
という感じになります。

結構ならびます。
小さい頃はうまくつけるかドキドキしながら並んでいました。

順番が来たらお賽銭くらいのお金を渡したような気がします。
そして、ロープを引いて鐘をつきます。

お寺の人が付き添ってくれているので心配ないです。
あっけなく終わります。

ただ、目の前で鐘が鳴るので結構テンションあがります。


除夜の鐘は108つ

四苦八苦
4×9=36
8×9=72
36+72=108

1年の苦しみ108つを鐘で突飛ばせ、
そんな意味だったような気がします。

語呂合わせ?、言葉遊び?
言霊の国、日本らしいです。


このお寺 宣要寺の思い出

このお寺には母方の祖父母のお墓があります。
日にち限らず気が向いたらお墓まりに行っていました。

山門をくぐって右側にお稲荷さんがいます。

水道とたわしがあるのでシャカシャカ苔を落として遊んでいました。

毎朝6時に鐘が鳴ります。
今でもならしています。

僕は全然気が付かないのですが、
実家に泊まった妻が最初非常に驚いていました。

確かに起きて聞いてみると爆音です。

周辺住民から苦情もあるようで
昔に比べたら優しく突くようになりました。

子どもの頃、ごくたまに早起きできた時は
鐘を突くところを見に行きました。

女性が鐘を突くたびに鐘の周りをゆっくり一周していました。
「わたし、突く間隔が短いって言われているの」
そのな話を聞いた記憶があります。

「突いてみる?」と言われて突かせてもらったこともありました。
近所の子供だから突かせてもらえたのかもしれません。

風情があって綺麗なお寺です。
瑞鳳の松という立派な松もあります。

僕が小学生のころ「忍者ハットリくん」が大流行しました。
近所の友達と忍者ごっこ、と言っては
塀の上を伝え歩きしてあちこちに行っていました。

このお寺の庭にも忍び込んで鐘の裏とかに潜んで遊んでいました。

先代の住職がおっかない人で「コッラーー!」と
非常に気合の入った声で怒られたものです。
喝を言えられたようにビックリします。

今の住職さんは穏やかな人で怒鳴り声をあげるようには見えません。

まあ、時代ですかね。

2月の節分には年男、年女は羽織袴を着て豆まきが出来ます。

公式ホームページがあるわけでもなく、
毎年やり方も変わると思うので参考程度でお願いします。

-小岩

執筆者:

関連記事

まるで映画のセット 小岩の酒屋 花火屋さん、

僕が大好きな酒屋さんが小岩図書館前にあります。 昭和8年に建てられた店舗が現役で頑張っているお店です。 文化財的価値のあるお店です。 酒屋なのになぜ「花火屋」? 名前は「花火屋」。元々傘を作っていたお …

小岩の猫

うちの近所の地域猫です。 つまり野良猫です。 すごく人懐っこい猫で 胡坐をかいて座ると膝の上に乗っかってきます。 ご近所の猫好きさん達に可愛がられていて あちこちでご飯をもらったり、 先日は、シャンプ …

大竹しのぶさんは小岩出身?

小岩出身のアーティストって?の続きです。 インターネットで小岩出身のアーティストを探していたところ、 大竹しのぶさんが小岩出身だとい情報が散見されました。 小岩人である僕にとってこの情報は初耳でした。 …

専用トイレ付オシャレな個室のある小岩の飲み屋で痛い思い

関連記事 専用トイレ付オシャレな個室のある小岩の飲み屋 専用トイレ付オシャレな個室のある小岩の飲み屋に女の子と行った 先日地元の友達と飲み会がありました。 2次会はオシャレな個室のある「わらい猫」さん …

楽しくなる音楽を聴きながら小岩へ向かう動画

いつも小岩の写真や動画を送ってくださる読者さんから 今日は、小岩へ向かう電車の先頭車両の窓から見た景色の動画をいただきました。 YouTube動画編集力アップが今年の目標 ご覧いただ行けるように僕のブ …

プロフィール

 

ひでき

 

 

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス mtwoods2018@gmail.com

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの46歳です。2019年5月から電子書籍の発行を始めています(10月現在10冊発行)。僕が書いた本のご紹介