脱サラした理由

脳の使い方で人生は変わる アクティブ・ブレインを受講

投稿日:2018年12月19日 更新日:

コミュニケーション講座で教わった意外なこと
のつづきです。

脱サラする数か月前に、僕は3つのセミナーを立て続けに受講しました。

まずボイストレーニングを受講し、次にコミュニケーションセミナーを受講しました。
そして最後は記憶術のセミナーです。

これも前から気になっていたので思い切って受講しました。

このブログで何度か紹介していますが、
ぼくはフォトリーディングという読書術のセミナーを受講しています。

3回受講しました。

3度目のセミナーを受講した時に、他の参加者の人が
複数人、アクティブ・ブレインを受講したことがあり、
あれはすごいよ、と言っていたのです。

あれは、まさに脳科学だ、と言っていたのも印象に残っています。

関連記事 ひょんなことから前世療法を経験したよ

記憶術 アクティブ・ブレインの評判

そのセミナーを受講した人によると、
30人くらいの受講生がいて、
最初に自己紹介をお互いにさせられるそうです。

そして、その後、その人の住んでいる街と名前を言わさるんだそうです。

立て続けに30人も挨拶したら覚えられないですよね。
無理ですよ。

それが、2日間のセミナーを受講した後は出来るようになっているんですって。

アクティブ・ブレインには英語のコースもあって、
英単語をひたすら覚えさせられるのだそうですが、
ものすごくきついのだそうです。

でも、覚えられる。

アクティブ・ブレインを開発した小田全宏さんという方の
セミナーは超きついのだそうです。

ニコニコしながら厳しいことを要求される、
でも非常に効果がある、という話だったと記憶しています。

小田全宏さんに関してはこちら

佐藤 直美さんのアクティブ・ブレインを受講した

アクティブ・ブレインの講師は沢山います。
非常に頻繁にあちこちでセミナーが開催されています。

佐藤 直美さんのアクティブ・ブレインを受講した理由は
場所と日程がちょうど良かったからだと思います。

板橋駅から少し歩いたところにセミナー会場がありました。
教室は佐藤 直美先生のご自宅内にあります。


アクティブ・ブレインの感想

実は、記憶のやり方を教わったのですが、
セミナー受講後僕はそれを活用していません。

なぜかというと、教わる前から結構、覚えられたからです。

またしてもラッキーなことに受講生はぼくひとりで
マンツーマンの指導を受けることが出来ました。

例の、多数の人との自己紹介は、
佐藤先生が、20枚くらいの、人の顔がうつった写真をならべて、
一人一人、「橋本です。高田馬場に住んでいます」
みたいな感じで紹介していきます。

手前味噌で恐縮なのですが、
これがやってみたら僕は結構できたのです。

もちろん、完璧ではありません。
アクティブ・ブレインの手法を使えば、よりたくさん覚えることが出来ました。

ただ、こういうノウハウものって、身につけるまでに、
繰り返しの練習が必要なんですよね。

フォトリーディングも受講後3週間くらい、
自己学習をすることを強く求められます。

これがなかなか億劫なのです。
で、ぼくは自己流でもある程度、人よりも覚えられることが
確認できたので、練習をさぼったんです。

もったいないと言えばもったいないのですが、
ぼくはまったく後悔していないのです。


佐藤 直美さんはスーパーウーマン

佐藤 直美さんのプロフィールはこちら

佐藤先生のプロフィールは公式サイトでご確認いただければと思いますが、
とにかくすごいキャリアの持ち主なんです。

そしてアクティブ・ブレインで記憶術を身につけて、
それを活用して、ソムリエ協会認定 ワインエキスパートとC.P.A.認定 チーズプロフェッショナルの資格を取得されています。

ソムリエの試験ってすごく難しいって漫画で読んだことがありましたが、
佐藤先生によると、チーズプロフェッショナルという資格はさらにさらに難しいのだそうです。

とにかく佐藤先生自身が勉強熱心なのです。

そして、すごいキャリアと資格をお持ちなのですが、
とにかく腰が低いのです。

自己評価が低いのではないか、と思うくらい腰が低いのです。

記憶術のノウハウは身に付きませんでしたが、
またしても、授業の合間に話した雑談がすごく面白かったのです。

自宅にセミナールームがあって、アクティブ・ブレインの講師をして
ソムリエやチーズプロフェッショナルというすごい資格をお持ちで、
旦那さんもいらっしゃるのですが、

それだけでは生活していくのに十分な収入がないので
酒屋でバイトしている、ということを教えてくださったのです。

ソムリエになるくらいですから佐藤先生はとってもお酒が好きなんだそうです。
酒屋さんで働くと社員割引でお酒が買えるからとってもお得です、と
言ってました。

バイトして生活費を補っている、とのことでしたが、
本当に楽しそうで、幸せそうで、素敵な方でした。

好きなことを勉強して、セミナー講師として働き、
足りない分はバイトで補う、

こういう生活もあるんだなあ。これってありだよなあ。
そう思ったのです。

午堂登紀雄さんの本に、
夫婦二人でバイトをすれば生活していくくらいの収入は稼げる、
と書いてありました。

バイトだから、合わなければ他のことに変えればよい、
ともありました。

そういうことを実践している人に実際に会うことが出来たのです。

やはり本からの情報だけでなく、実際に人に会うって影響あります。


脱サラ前に会った人の振り返り

脱サラ前にちょっとした有名人にあった、と以前書きましたが、
おさらいです。

肉食系女子の桜木ピロコさん、
マザーハウスの山口絵里子さん、
ビジヴォの秋竹朋子さん、
作家で事業家の午堂登紀雄さん、
話し方教室の秋竹信子さん、
アクティブ・ブレインの佐藤直美さん、

この人たちに会って、直接お話を聞く機会があったのですが、
どの人もサラリーマンでも勤め人でもなく、
独立して生きている人たちでした。

サラリーマンしていると周りはサラリーマンばかりになります。
そうするとサラリーマン以外で生きていける、とは思えなくなります。

でも、実際にサラリーマン以外の方法で稼いでいる人に会うと、
なんとかなるんじゃないか、と理屈ではなく、
感覚として思えるようになるのです。

そして、受講した各セミナーで
「飲み込みが早い、うまい」「コミュニケーション能力が高い」「記憶力が良い」と褒められ、それを自分でも確認し、実感することが出来たのです。

脱サラして独立して生きていくって、俺でもできるんじゃね?
そういう気になったのです。

おおお、恐ろしい。。。

そして、いよいよです。

佐藤直美先生に会ってから数週間後に僕は辞意を会社に伝えます。

わー、やっちゃったよ~、という感じですよね。

つづく 記憶術アクティブ・ブレインの実演


-脱サラした理由

執筆者:


  1. Chee より:

    へええ。またも凄い人ですね!
    私は名前の記憶が悪いのですが、訓練すればどうにかなるのですかね?
    日本人の名前はまだいいのですが、アメリカ人の名前の「J」で始まる率の高さときたら!
    ジョン、ジェームス、ジャック、ジェイ、ジョー、ジョセフ、ジョージ、ジェニファー、ジェン、ジャニス、ジェシカ、ジョアン…
    いつも、どの「J」だっけ?ってなります。

    mt.woodsさんは、独立できますよ!
    新しい事を始めてもあっという間にエキスパートになりそうなイメージです。

    • mtwoods2018 より:

      なんだったけなあ。
      もう全然覚えていないんですけど、
      関連する言葉でイメージを(あ、思い出してきた)
      作って物語を想像して覚える、というのもありました。

      例えば、
      ジョンレノンがジェームスブラウンとジャックダニエルを飲みながら
      「13日の金曜日」のジェイソンを見ていると、
      そこにジョーコッカーがやって来て「ジョジョの奇妙な冒険」の2代目はジョセフだよね、と
      ジョージハリソンと一緒に言った。

      ジェニファー・アニストンは、どっちの映画もじぇんじぇん見たくなくて、
      ジャニス・ジョプリンと「じゃしかとしよう」と冗談を言った。

      日本語だと感じだから熊とか森とか絵が浮かびやすいんですよね。
      ジョージはGですけど、日本語だとJもGもジだから余計ややこしいですよね。

      とにかく、方法を知って訓練すれば良いんですけど、
      名前の記憶改善とちょっとずれましたね。

      ぼく独立できますか。
      嬉しいです。
      よし、そう思い込むようにします。

  2. […] 脳の使い方で人生は変わる アクティブ・ブレインを受講 の続きです。 […]

関連記事

フェミニズム運動に男が参加すべきと思う理由

フェミニストの母に育てられ 僕は自分を男女同権論者だと思っています。 でも男女同権について もう一度考えてみようと思うきっかけがありました。 そして、ハリーポッターの女の子役で出ていた エマワトソンが …

脱サラする前にやりたいことが見つかった!

こんにちは。 Mt.Woodsです。 僕は1996年に社会人になり20年間サラリーマンとして働き 2017年末に勤め人を辞めました。 それ以降家で主夫をしています。 このブログではぼくがどのように考え …

40代脱サラの合理性は理解できても実行するには勢いが必要

脳の使い方で人生は変わる アクティブ・ブレインを受講の続きです。 恵まれた環境を捨てて40代半ばで脱サラしました。 僕は1996年に大学を卒業した後、製薬業界で約20年サラリーマンをしてきました。 キ …

資本主義が個人に与えた最強の集金マシーン FX

午堂登紀雄さんに学ぶ自由の尊さの続きです。 前回の記事では午堂登紀雄さんから 会社に属さず自由に生きる人生があることを 教わった、と紹介しました。 僕は午堂さんから思想的な影響を受けていますが、 午堂 …

ビジヴォ プレジデントコースを受けた!

「好きなことだけ」でいきていこう!って言われてもの続きです。 ビジヴォ プレジデントコースを受講 今回は、ビジヴォ プレジデントコースを受講したお話になります。 ビジヴォというのは、ビジネスシーンでの …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。