コミュニケーション・ノウハウ 脱サラした理由

コミュニケーション講座で教わった意外なこと

投稿日:2018年12月18日 更新日:

資本主義が個人に与えた最強の集金マシーン FX 2
の続きです。

「好きなことだけ」でいきていこう!って言われても
という記事で、PHPの小冊子を読んで、
好きなことを見つけるためにセミナーをいろいろ受講してみようと思ったと書きました。

その第一歩として以前から気になっていた
ビジヴォというボイストレーニングのセミナーを受講し、
秋竹朋子さん、午堂登紀雄さんに会った、
という事もご紹介させていただきました。

次にぼくはコミュニケーション講座を受講しました。

営業の仕事をしていることもあり、
デール・カーネギーの本には影響を受けています。
この人の影響を受けている田中真澄さんという方の本にも
僕は影響を受けています。

このお二人が、コミュニケーション能力を高めるためには
話し方教室を受講したほうがよい、と提案されています。

これには興味がありました。
ただ、それらしきセミナーをぼくは見つけることが出来なかったのです。

それが、秋竹朋子さんの「声トレ」という本を読んでいたら、
秋竹朋子さんのお母さんがコミュニケーションセミナー、
話し方教室を開講していると書いてあったのです。

午堂登紀雄さんに会って、興味が沸いて
午堂さんのホームページを見ていたら、
リンク先にその教室のホームページがありました。

なんだか導かれている感じがしますよね。


秋竹信子の話し方教室 コミュニケーション・アカデミー

秋竹信子の話し方教室 コミュニケーション・アカデミー

講師の秋竹信子先生はNHKのカルチャーセンターでも
講座をお持ちの先生です。

僕は浦和にある秋竹先生の教室で初級講座を受講しました。
時間と曜日の関係でマンツーマンになるが良いでしょうか、
とのことでした。

もちろん、大歓迎です。
金額の詳細は忘れましたが、非常にリーズナブルな価格でした。

コミュニケーションって奥が深いですよね。
完璧なコミュニケーションなんてないのではないか、
と思っています。

僕は営業の仕事を20年やってきて
コミュニケーションについては
普通の人よりも沢山の本を読み
考えてきた、という自負があります。

営業の実績も上げてきましたし、
色々な人から「コミュニケーション能力が高い」と
評価されてきました。

このブログでもそれをネタにしています。
ただ、最近全く更新していないです。

コミュニケーションについて人に語ろうとしても、
自分自身が人間関係で上手くいかなかったり、
そのことで悩むことがあるので、
人に何かを言えた立場ではないな、と思ってしまうのです。

「うまくいかない人とはどのように接すればよいのか」
この疑問を解消するために、秋竹先生の講座を受講しました。


秋竹先生の魅力

秋竹先生は、元々コミュニケーションが非常に苦手で
とっても悩まれていたそうです。
ですので、それを克服するためにコミュニケーションについて
一生懸命勉強をして克服できたので、
それを他の人に伝えるお仕事をされている、
とのことでした。

数日間のお付き合いでしたが、
確かに、元々コミュニケーションが苦手だった
と仰る片りんを垣間見ました。


僕が懇意にしているある製薬会社の教育研修部の部長は
秋竹先生のことをご存知で、やはり、このような
コミュニケーション講座の講師というのは
そんなに多くないそうなのですが、
秋竹先生のことを高くは評価されていませんでした。

秋竹先生とやり取りをしていて
「あれ?」
と思う場面が、本当にごくわずかではありますが
あったのです。

ただ、秋竹先生は滅茶苦茶親切です。

そして熱心です。
言葉のやり取りで何度か齟齬を感じましたが、
コミュニケーションって言葉とかだけでなく
ハートが大切なんだなあ、という事も改めて学びました。

さて、講義内容ですが、初級編だったこともあり、
僕にとっては知っていることばかりでした。

座学があって、スピーチなどの実践を行うのですが
とても良く褒められた記憶があります。
「ひできさんはコミュニケーション能力が高いわね」
とも言われました。

それが仕事ですから、と内心思っていました。
はなもちならないですよね、そういう人間なんですよ、わたし。


秋竹先生から学んだコミュニケーションでの意外なこと

講義内容自体は初級編ということもあり
目新しいことはなかったのですが、
時折交わす私語に「はっ」とすることがありました。

仕事をして社会に出ていると多くの人は
とても良い人なのですが、
やっぱり何人かは嫌な人がいます。

誰かにとってはぼくも嫌な奴でしょう。

そういう嫌いな人、苦手な人、うまくいっていない人と
どうコミュニケートすれば良いのか、
それが知りたかったのです。

悩みながらも努力していたのです。

秋竹先生の答えはこうでした。

「会社というところは、業務を遂行する場であり、
仲良しを作る場ではないのだから、
うまくいかない人とは距離をとって
業務の遂行に集中すればよいのよ」

という主旨の回答でした。

僕はコミュニケーション講座で、コミュニケーションの断絶を教わった、
と思いました。

フォトリーディングという読書術の講座でも
「面白くないと思った本は、今のあなたに必要がないということだから
無理に読まなくても良い」
と教えています。

僕にとっては当たり前のことでしたが、
ある人にとっては画期的だったようで、
しきりにこの教えを関心していました。

それと同様に、僕は
コミュニケーションの講座で
コミュニケーションの断絶(とまでは秋竹先生は言っていませんが)
を教わって目からうろこが落ちたような気がしたのです。


大好きな人を沢山大切にしたほうがよい

嫌にな人とうまくやろうとすると、
どうしても1日中その人のことを考えてしまいます。

また仮に大嫌いな人から好かれてしまい、
常にまとわりつかれたりしたら大変です。

嫌いな人からは嫌われたほうがよいのです。

嫌いな人から離れて、嫌いな人と関わらなければ
その人が僕のことを悪く言っていても
知りようもないので、傷つくこともありません。

嫌いな人のことを考え、嫌いな人の対応をする時間があったら、
大好きな人、大切な人のことを考えて、その人の喜ぶことのために
自分の能力、労力、時間を使ったほうが良い、
そう思うようになったのです。

これは、非常に合理的な考えだ、と思いました。
でも、社会で奮闘している人たちに伝えて良いのか分かりません。

社会の一線から身を引いたおっさんだから言えることなのかもしれません。

エニウェイ、秋竹先生からも脱サラに向かう影響を受けました。

秋竹先生へ、
若干批判めいたことを書いてごめんなさい。

-コミュニケーション・ノウハウ, 脱サラした理由

執筆者:


  1. Jeadously より:

    Mimonycin Online No Perscription Bentyl Dicyclomine Website No Prior Script Stendra 50mg Erectile Dysfunction

関連記事

脱サラ前にTOEICをテーマにブログを開始

こんにちは。 Mt.Woodsです。 僕は大学卒業後に約20年間製薬会社の営業MRとして働き 2017年末に脱サラしました。 このブログではそこに至る経緯を紹介しています。 脱サラをする前に、何かにつ …

ぼくのメールアドレス

MtWoods2015@yahoo.co.jp 僕のメルアドです。 ブログ、Yahoo知恵袋の感想などいただけたら嬉しいです。 聞くだけならできるので愚痴、相談事とかも送っていただOKです。 もしかし …

No.1投資系YouTuber JINさんから学ぶ暴落商法と猫活用

ブログページ閲覧数急落を受けて思ったこと ブログページ閲覧数急落の原因を考える この記事の続きです。 お陰様でこのブログのページ閲覧数(PV)、訪問者数が右肩上がりで伸びていて毎日アクセス解析を見るの …

なぜ脱サラを目指すようになったのか 今までの記事のまとめ

こんにちは。 Mt.Woodsです。 僕は脱サラをして今は主夫をしています。 このブログではなぜ脱サラをするに至ったか、という思考の経緯をご紹介しています。 以下、関連記事のまとめです。 サバティカル …

手鼻を噛んでしまう自閉症児Rくん どうすればよいのか

僕の長男Rくんは平成15年生まれです。 今年高校1年生になりました。 自閉症のため特別支援学校に行っています。 高校に入ってもスクールバスを利用しています。 中学校もスクールバスを使っていましたが 高 …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。