小岩

最後のおもちゃ屋 タツミヤ in 北小岩

投稿日:

僕(現在45歳)が子どもの頃、小岩にはおもちゃ屋さんが沢山ありました。

ガンダムをはじめプラモデルが流行っていたので
しょっちゅうおもちゃ屋さんに行っていました。

中学生になるとおもちゃ屋さんに行く機会もなくなり、
大人になって気が付けば小岩のおもちゃ屋さんは
軒並みなくなっていました。

それでも1店頑張って営業を続けているお店があります。
「タツミヤ」さんです。

京成小岩駅の南口を出て角のタバコ屋さんの向かいに
そのおもちゃ屋さんはありました。

僕の長男が3歳から6歳までその近所に住んでいたため
息子2人を連れて良くそのお店に行きました。

「タツミヤ」さんはテレビゲームは一切置きません。
昔ながらのおもちゃだけがあるお店です。

僕が小さい頃に通ったお店に
息子を連れて通うことに不思議な気になったものです。

駅前の道路拡張でかつてのタツミヤさんは
なくなりました。

お店の倉庫にお宝おもちゃが沢山あったそうで、旧店舗解体の時は、マニアがいっぱいきた、とおばさんが言っていました。

今は移転して少し踏切寄りのところで
お店を構えています。

軒並み個人店のおもちゃ屋さんが店じまいした中で
おばさんが今でも頑張ってお店を続けています。

-小岩

執筆者:


  1. Chee より:

    こういう感じのおもちゃ屋さんのワクワク感好きです。
    子供の頃、プラモブームでしたよね。今年のクリスマス、次男は日本のおばあちゃんに「ゾイド」を貰う予定です。懐かし~。

    • mtwoods2018 より:

      京成小岩の北口の入り組んだところに
      かずさや、というおもちゃ屋さんがあって、
      薄暗くて狭くて、おもちゃがいっぱい並んでいて
      あそこは好きでした。
      ああいうところがなくなってしまったのは
      残念ですね。

      ゾイド、う~思い出せそうで思い出せない。
      ネットで調べてみたけどやっぱり思い出せない。
      でも知っている感があってもどかしい。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

魔女の宅急便と小岩のメルヘン

スーパーヤマイチに広報えどがわが置いてあったので貰ってきました。 角野 栄子(かどのえいこ)さんが国際アンデルセン賞の作家賞に選ばれ、 区として「江戸川区区民栄誉賞表彰条例」を議会に提案することになっ …

小岩再開発情報No.7 ふれあいの街再開発情報

小岩再開発情報No.6 小岩駅北口完成予定は2026年度の続きです。 今回はふれあいの街再開発情報です。 このブログは2018年9月末から投稿を開始しました。 3ヶ月ちょっとの期間です。 生まれたての …

小岩の幸福公園

2019年1月6日、今日、小岩神社に家族でお参りに行ってきました。 神社に行く前に、自閉症の長男Rくんを海賊公園、くじら公園で遊ばせてあげました。 このブログで小岩のことを書くようになってから 日常生 …

2018年末 小岩神社情報と参拝のお作法

クリスマスも終わり、これからお正月ムードが高まってきます。 お正月と言えば神社、小岩の神社と言えば小岩神社です。 取材しに行ってきました。 「注連」 情報 読み方、意味、販売期間 注連と書いて「しめ」 …

小岩再開発情報No.5 小岩駅北口はどうなる?

小岩再開発情報No.4 小岩駅南口はこう変わるの続きです。 今回もこのブログを読んでくださっている方から小岩の写真を送っていただいたので、それをご紹介しながら北口開発について書いていこうと思います。 …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。