今、学んでいること

5年後に自動運転開始 トラック運転手、タクシードライバーは?

投稿日:2018年12月15日 更新日:

女性社会の到来を予言するA.I.本 新井紀子さん
の関連記事になります。

新井紀子さんは国立情報学研究所教授で
「大半の人が機械(A.I.)によって
職を奪われるかもしれない」
と世界に先駆けて情報を発信した人です。

それと関連して今日、作家加治将一さんのTwitterを見ていたら、
車の自動運転化と空飛ぶタクシー営業はあと5年と書いてあり、
興味が沸きました。

気になって調べてみたら、まずトラックの自動運転の記事が目につきました。

トラックの自動運転化

港や工場、物流センターは一般の車や人の往来がほとんどないため、そこで活躍するトラックは無人化しやすいそうです。
人手不足もありますし、さらに、若い人たちが最近免許を取らなくなっている、
という話も聞いたことがあります。

このような問題を解決できるうえに、経済的にもプラスになる特定地域限定での
トラックの自動運転は確かに進みそうです。
5年後の2020年の実用化を目指しているそうです。

人手不足を解消するためにロボットを使用するのですから、
人間の仕事をロボットが奪う、という事とは違い、
歓迎すべき技術の進歩のように思えます。

参考記事
完全自動運転トラックで“社会の血液”をサラサラに、レベル3は「重要度低い」

タクシーの自動運転はすでに実現している

気になるのはタクシーの自動運転です。

昨日、昭文社が45歳以上の社員の希望退職募集を始める
という記事を書きました。

リストラされた中高年男性の受け皿と言えばタクシーと言う
イメージがあります。

これが車の自動運転化で、なくなってしまうのでしょうか。
もしそうだとしたら、それはいつなのでしょうか。

記事には、アメリカでは今月(2018年12月5日)から無人の自動運転の車による営業が開始されたとあります。
それを実施した会社はGoogle系のWaymoという会社です。

聞くところによるとGoogleというのは広告の会社であり、
運転手は運転中は広告を見ることが出来ないため
自動運転を進めて、移動中でもGoogleやYouTubeを見てもらおうと考えているそうです。

そうなれば、YouTubeやブログの市場は今よりも拡大する可能性がありますね。

日本ではどうでしょうか。
日本は東京オリンピックのある2020年での自動運転タクシーの実用化を目指しているとのことです。

40年前の東京オリンピックでも、都電が廃止され、首都高、東海道新幹線、東京モノレールが完成し世の中が大きく変わりました。

2020年のオリンピックでも大きな変化が来るのでしょうね。

タクシードライバーは無くならない

参考記事によると、自動運転タクシーが実用化されても
人間が運転するタクシーはなくならないだろう、と言います。

それは、柔軟な対応やコミュニケーションを求める利用者がいるはずだからだ、とのことです。

まさに、「柔軟な対応」「コミュニケーション」はAI時代に生き残る能力の
キーワードとして新井紀子さんの本で紹介されていました。

運転技術があっても、融通の利かない人や、コミュニケーションが苦手な人は
AIタクシーに職を奪われてしまう、ということでもあります。

同時に、相手が欲している者を探る能力が高い人や
コミュニケーション能力が高い人は
AI時代でもタクシー運転手として活動していける可能性が高そうです。

介護タクシーという仕事もある

父が脊髄損傷で倒れたときにT大病院から地元のE病院へ転院する際に、
介護タクシーを利用しました。

本郷から小岩まで14000円でした。

運転手さんは「収入的にも良い仕事ですよ」と教えてくれました。

介護タクシーの運転手になるには2種免許と介護職員初任者研修の資格が
必要とのことです。

このようなプラスアルファの要件を必要とする分野では
自動運転タクシーが参入するのはまだ先になるのではないでしょうか。

新井紀子さんの本でも
「介護」はAI時代を生き残るキーワードでした。

確かに、父が移送されるとき、病院内の移動は
介護タクシーの運転手さんがキャリアに乗った父を
押してやっていました。

無人自動運転のタクシーでは、
病院内に入って患者を乗せに行くことは出来ません。

これは生き残りそうです。

参考記事
介護タクシーで開業したい方必見!必要な資格要件とは?

無人の自動運転タクシーの出現、と聞くと
タクシーの仕事がなくなるのでは?と緊張が走りますが、

生き残るすべはありそうです。

次の記事 労働生産性最下位と残業とAIで生産性革命、BI

-今、学んでいること

執筆者:


  1. Chee より:

    超車社会、アメリカ人の様子を見ていると、「車=自由」という概念があるせいか、意外と自動運転に抵抗があるようです。それに成人男性の職業で圧倒的に多いのが運転関係と聞いています。自動運転のインパクトは大きいでしょうね。

    しかしながら、だだっ広くて平らで道が縦横グリッド式の地域での実験運転でさえ、まだ事故が起きているようでは、ここ東海岸、道がグネグネで、雪まみれで、除雪作業が日常、森も多く、枝が落ちてきたり、動物飛び出したり、道路に色んなものが転がってきたり、公共バス、スクールバス、路面電車が道幅きかせ、パトカーや救急車のためによけるのは10分置き、歩行者が信号無視で歩き回ったり、バイクメッセンジャーがシャーっと横切る世界で、本当にできるの?って思います。

    それから仰る通りで、介護関係の車は凄い多いですよ。うちの子は普通のスクールバスに乗れないので、そういう車で通学しています。

    • mtwoods2018 より:

      新井紀子さんの本では、
      男性社会が担ってきた仕事ほど、
      AIに取って代わられる
      と書いてあります。
      その分抵抗も強いのでしょうね。
      でも、導入している企業には
      コスト面で勝てないからいずれ
      自動運転化していくとも。

      でも、本当に不確定要素を
      それだけ並べられると
      本当に出来るのかなあ、って思いますよね。

      ゆりかもめみたいなところなら出来るでしょうけど。

      このAIに仕事を奪われる、
      って興味深い話だと僕は思うのですが、
      スイーツファームや小岩ネタよりも
      人気ないんですよね。

  2. […] 5年後に自動運転開始 トラック運転手、クシードライバーは?の記事でトラックの自動運転について書きましたが、政府のレポートにも関連することが書かれていました。 […]

  3. Jeadously より:

    Prix Viagra 100mg Pharmacie France Cheap Cipro Online canadian pharmacy cialis Mode Of Action Of Amoxicillin Buy Cipro In The United States

関連記事

男の料理 何を作っているの?と聞かれる

僕は社会人になってから料理をするようになったので かれこれ20年以上料理をしています。 でも、料理をするイメージがないようで、 日常的に料理をしている、というと驚かれることが多いです。 そして、聞かれ …

動物使ってアクセスアップ!

ブログ研究報告「トップブロガー、アクセス番付、ブログ人口、アクセスup法など」 この記事で、 あさひなパパさんの「ブログに役立つ!ツイッター初心者がフォロワーを200人増やす方法」 をご紹介して、 そ …

年金と定年延長と健康寿命と自由な時間

少し前に40歳定年制というのが 一部で話題になっていました。 僕は45歳で脱サラしたので、 40歳定年制、というアイデアは良いと思っています。 ただ、現状は定年延長に話が進んでいますね。 これは年金と …

あるサロンの炎上をきっかけに「慶應わっきー」を再考する

2019年1月12日 「慶應わっきー」記事への読者さんコメント紹介の続きです。 AIに仕事を奪われる近未来、インターネットビジネスは希望 AIに仕事を奪われる近未来、インターネットビジネスは希望である …

脱サラしてひどい肩こりになり、解消方法を研究

脱サラして主夫をしていますが、 基本的に自由なので、家事は短縮することも出来ます。 元主婦の妻も家事をするので、 自由な時間は当然あります。 少し前まではインターネット系の勉強にはまっていました。 今 …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。