脱サラした理由

ビジヴォ プレジデントコースを受けた!

投稿日:2018年12月11日 更新日:

「好きなことだけ」でいきていこう!って言われても
の続きです。

ビジヴォ プレジデントコースを受講

今回は、ビジヴォ プレジデントコースを受講したお話になります。

ビジヴォというのは、
ビジネスシーンでの「話す声」をつくるボイストレーニングスクールの会社名です。

ここの代表の秋竹朋子さんに直接指導してもらえるのが
プレジデントコースです。

1回90分のトレーニングを2日受けるコースです。
金額は、添付のURLを見ていただければ分かりますが
68,000円です。

これを僕は受講しました。
非常に良かったのですが、詳細は後ほど書くとして、
なぜ、これだけの金額のトレーニングを受けたかを
まず説明させてください。

ビジヴォ プレジデントコース受講の理由

この記事のカテゴリー「脱サラをした理由」を
初めからお読みいただいた方は
「まだ辞めないのか、はやく脱サラしろよ」
と思うのではないかと思います。

実際僕は20代半ばで将来脱サラして自由に生きたいと
思うようになり、30前後ではその思いがとても強くなりました。
しかし、グズグズ考えているうちに40歳を超えてしまったのです。

実に15年以上グズグズしていたのです。
そんな自分に強いフラストレーションを感じていました。

そういう状況の時に、前回の記事で書いた、
「好きなことだけ」でいきていこう!
というPHPの小冊子に出合い、
自分の好きなことを知るヒントとして
セミナーや講演会に参加する、という提案に触れたのです。

コンプレックスについて

自己啓発系の本を沢山読んで、仕事上でも実績を何年にもわたって
積み上げてきたので、今ではかなり自己肯定感のつよい人間に僕はなりました。

でも、当然ですが、コンプレックスはありました。
強烈なコンプレックスでした。

それは、
歌、
ゴルフ、
踊り、

です。
どーでもいいようなものばかりなのですが、
そうも言っていられない事情がありました。

信じられないくら歌が下手だった

僕はMRだったのです。
つい最近まで製薬業界で医師を接待することは仕事の一部でした。

僕が30歳くらいの時は、時間制限なかったのです。
3次会、4次会で明け方まで先生と飲んでいたこともあります。

残業代はもちろんなしです。

ぼくは人一倍お酒が飲めたので、
酒を飲みたい先生に徹底的につき合える
という強みがありました。

(ちなみに、今では禁止されている部分はありますが、
当時のルールに則って活動していましたよ)

酒を飲んで楽しくお話をする、というのは問題なのですが、
2次会以降になるとだいたいカラオケが登場するのです。

まあ、お医者さんはなんだかんだ言って優しいので
1対1で飲みに行ったときはそんなに困らなかったですけど、

会社の同僚や、同業他社MRがいる場でのカラオケは
ミゼラブルでした。

僕が歌うとその場にざわつきが起こるほど下手なのです。

時代もあって、高校時代から友人とは何度もカラオケに行って
歌ってきましたよ。
いっぱい歌いました。
でも上手にならなかったのです。

音楽は嫌いじゃないのでうまく歌えたらもっと人生楽しかっただろうなあと思います。

声の出し方を知らなかったのです。

どんなに努力しても超絶ゴルフが下手だった

もう、今でもゴルフなんか大っ嫌いです。
これもかつてのMRの定番接待ツールでした。

MRになって週末に練習に行きましたよ。
とにかく、僕は一生懸命なので沢山打ちました。

ガンガン練習したのですが、
上達は遅かったです。
最終的にドライバーとアイアンは
そこそこ真っ直ぐ飛ぶようになりましたが、

パター、

あれは無理ですよ。

距離、傾き、芝目、風、小さな穴、
不確定要素が多すぎます。

僕はサッカーをしていたのです。
サッカーが今でも好きです。

サッカーのゴールを見てきた人間からしたら、
ゴルフのカップは小さすぎます。

3パットは当たり前でした。
他の人より1回パット数が多いと、
最終的に18打多くなります。

2回パット多いと36打増です。

パッドも練習しましたよ。
ドラマの社長室にある定番のあれですよ。
上手でしたよ。

でも、本番は全然違うんです。

まあそれはある程度上達してからの悩みでしたね。

始めた当初はあっちこっちボールが飛んでいって
迷惑掛けちゃいけないから走り回って
本当にみじめでした。

踊りはまあそんなに披露する機会がなかったので良かったですけど。

何が言いたいかというと、
カラオケにしろ、ゴルフにしろ、
膨大な時間とお金を使ったのです。

それだったら、はじめにある程度まとまった金額でも
それを使ってきちんと指導を受けておけば良かったと思うのです。

大金使って受講してよかったセミナー 
フォトリーディング

文字を読むのが遅いのもコンプレックスでした。
でも本を読むのは大好きでした。

僕がいいなあ、と思う複数の作家さんが
フォトリーディングという読書術を薦めていたので
高かったのですが、思い切って受講しました。

本当に変わりました。人生一変です。

ああいう、体使う系は、本を読んだだけじゃ
ダメですね。

やっぱり教わったほうが全然早いし、
違いますよ。
時間の節約になります。

ただ、講師との相性はありますね。

フォトリーディングは3回受講していますが
3回とも先生を変えています。
同じことをならうのでも
人が違うと違うなあ、という印象です。

ビジヴォ受講理由2

人生を変えたいと思っていた、
それには受講したいセミナーをうけてみるのがよい、
元々ボイストレーニングには興味を持っていた
体を使う系の技術は実際に先生について学ぶのが良い、

そうは思っていてもなかなか7万円は出せません。

受講した最大のきっかけは仕事です。

まだ2年経っていない話なので詳細は書けませんが、
僕は全国講演会の司会をすることになったのです。

ネットで全国の先生方に講演内容を配信する企画です。
色々な事情があって僕に司会の役が回ってきました。

やるからには出来得る限りの準備をし
最高のパフォーマンスを発揮しようと考えました。

ちょうど何かセミナーを受けようと思っていたタイミングで
この仕事が回ってきたのです。

発声に関する本は読んできた

前述のように僕は元々ボイストレーニングには興味を持っていました。
今でもそれ系の本が3冊手元にあります。

言葉と声の磨き方 白石謙二
表紙と帯には
「一瞬であなたの印象を変える技術」
「一番簡単な人に好かれる話し方」

と書いてあります。

たった1日で声まで良くなる話し方の教科書 魚住りえ
元日テレアナウンサーの魚住さんの本です。
この本の帯には
「仕事も人間関係もこの1冊でうまくいく」
とあります。

そして僕が受講した先生の本が
声トレ! 秋竹朋子
です。
この本の帯には
「声を変えれば人生が変わる!仕事もうまくいく!」
とあります。

僕は秋竹先生のトレーニングを選択しました。

秋竹朋子先生のレッスン受講

トレーニングの詳細や順番は忘れましたが
準備体操をまずしました。
発声も体を使うことなので準備体操をすると声が出やすくなるのだそうです。

次に腹式呼吸の練習をしました。

自己啓発系の本を読んでいると腹式呼吸の話はよく出てきます。
僕は従来から腹式呼吸は意識していたので、ここは難なくクリアーしました。

そして、腹式呼吸で出した息に声を乗せる、という概念を教わりました。
良く昔「腹から声出せ」と言われたものですが、
なんのこっちゃ?
という感じでした。

その意味が体で理解できたのです。

もちろん2日コースの内容です。
一言二言で説明できるものではありません。

息の出し方、声の出し方も少しずつ色々なことをして
「腹式呼吸で出した息に声を乗せる」
という感覚を身につけていきました。

初めのうちは自分で出来ているのか自信がありません。
秋竹先生は絶対音感があるらしく、
僕がちゃんとできているのか判定してくれます。

そして、大きな声が出せるようになったのです。

喉に声がひっかかりません。

本当に嬉しかったです。声を出すのが楽しかったです。

車でトレーニングを受けに行ったのですが、
帰りの車の中でずーっと声を出していました。

歌も上手に歌えるようになっていました。

以前は、歌を歌うと声が喉に引っかかって音が変わってしまうような感じでしたが
スムーズに声が出るのです。

なんて楽しいのでしょう。

オペラ歌手とか、クリスタルキングさんが声を出しているのを見ていると楽しそうですよね。

ちょっとああいう感じに近づいた気分でした。

翌日は、テキストを読む練習をしました。
早口言葉です。

僕は早口言葉が言えない人でした。
滑舌が悪いのです。

それがですね、秋竹先生に教わったら
全く噛まないようになったのです。

何事もやり方があるんですよ。

小学校のころ、早口言葉の練習しませんでしたか?
まあ練習すればある程度上手になりますが
やり方を知らないと限界ありますし、
やり方を知っている人には近づけませんね。

ああいうのを奥義っていうんでしょうね。

本番当日は直前でシナリオの変更がありましたが
落ち着いて対処し、本番も無事終了でした。

自己評価は上々です。

僕が司会をしているのを知らなかった人は
その声を聞いていて僕だと気が付かなった、
と言いました。

別人化ですね。

声って大切

テレビやYouTubeでトークのうまいひとは
声の出し方がいいですよね。

どんなにいいことを言っていても
声が悪いと伝わらないんです。

欧米のビジネスマンの間では
ボイストレーニングを受けることは常識、とも聞きます。

人生変えたいと思っている人は
ボイストレーニングを受ける、というのも
選択肢に入れて検討してみても良いと思います。

さて、長々と続いているこのシリーズですが、
あと4,5回の見込みです。

次回は僕にとっての超大物の登場です。

ちなみに、受講から1年半たって、
腹式呼吸の呼気に声を乗せる、という感覚は覚えていて出来ますが、
トレーニングを受けた直後のような声は今は出ません。

やはり、トレーニングの継続は必要なようです。
演劇部がいつも練習しているように。

つづく

次の記事
午堂登紀雄さんに学ぶひきこもりの大切さ

-脱サラした理由

執筆者:


  1. […] 以前、ビジヴォのプレジデントコースを受講したことを記事に書きました。 […]

  2. […] 以前、ビジヴォのプレジデントコースを受講したことを記事に書きました。 […]

  3. Jeadously より:

    Prezzo Cialis In Italia Can I Take Metamucil With Amoxicillin cialis Cialis Farmaco Da Banco Zentel 400mg Cialis Prices Canada

関連記事

イギリス式年収200万円でゆたかに暮らす

Webライターに夢中になってブログは放置 の続きです。 Webライターの仕事をして副業で わずかばかりのお金ではありましたが、 給料以外で稼ぐという経験は 意識を変えるのに大きな影響があったように思い …

脱サラをあきらめ全力的脱力サラリーマンを経験

こんにちは。 Mt.Woodsです。 僕は2017年末に会社勤めを辞めて主夫をしています。 どうして脱サラをしようと考えたのか その経緯をこのブログで紹介しています。 前回は、フリーで働ける軽貨物輸送 …

凄いぞTwitter! 自閉症漫画Saltboxの応援、拡散をお願いした翌日の結果

自閉症漫画 Saltbox ! 昨日、自閉症とは何なのかを学べる漫画 という記事を書いて 知り合いの人が書き始めたSaltboxという漫画を紹介しました。 その知り合いの人は、4年前にブログを通じて知 …

自閉症児の育児事情 第1巻

ブログで本1冊分の記事を書いてPDFにしたことがありました。 この記事の続きです。 サラリーマンを辞めて人生を変えるためにブログを始めた経緯をまとめたPDFを書きあげた後、僕は自閉症についての記事をま …

Webライターに夢中になってブログは放置

「自閉症児の育児事情」 第 2 巻 の続きです。 サラリーマンをいつかは辞めたいと思い続けて 何年もサラリーマンを辞められていない、 本ばかり読んで何も行動していない自分に いらだちを覚えていた僕は、 …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。