スピリチュアル的 ビートルズ 本の紹介

勝手にジョンレノン ウィーク All you need is love

投稿日:2018年12月6日 更新日:

勝手にジョンレノン ウィーク ラブ
の続きです。
ジョン・レノン編5はAll you need is loveです。

Imagine
Woman
Happy Xmas
Love
と続いて、やっとビートルズの曲の登場です。

ビートルズ時代を代表するのジョンレノンの曲、
となると選ぶのがとっても難しいのですが、

All you need is loveは

ジョンレノンに限らず
ビートルズの理念を代表する曲として
まずご紹介するに値する曲ではないでしょうか。

ビートルズの理念と言えば「Love」です。

ビートルズのデビュー曲は
Love me do

最後のシングルは
Real Love

です。

Loveに始まり
Loveで終わっています。

出来過ぎだろ、おいっ、という感じです。

この曲のよいところは
後期のビートルズの曲では数少ない
演奏風景が見れるということです。

世界初の衛星放送による世界同時生中継で
イギリスを代表してビートルズが
この曲を歌いました。

当時は白黒映像でしたが、
技術の進歩でカラーで見ることができて
素晴らしいです。

ジョージハリソンがギターソロで
失敗しています。

ちょうどよいところでとちっていて
知らないと失敗していることに
気が付かない程度です。

だからなのか、そのまま取り直しせず
発表されています。

All you need is love
このサビの部分のメロディーは
歌いやすく、みんなで合唱しやすくなっています。

でも歌いだしの部分は
日本人には難しいのではないでしょうか。

と思っていたら、イギリス人にも難しい節回しみたいで、
ポールが
「世界中継だから間違えないように練習しないとね」
とジョンに語っていました。

ジョンはこういうの嫌いだったみたいです。
他の場面だったかもしれませんが、
「ポールは練習しようって言うんだぜ、
もう何年やっていると思ってんだよ」
と言っていました。

でも、コンサートでジョンは失敗して
ベロだしたりしてるんですよね。

この時もジョージが見せ場のソロギターで
失敗してるし。

ポールの言う事が正論なんですけど、
「ポールうるせえなあ」
という雰囲気になってるのが気の毒です。

 

歌詞の誤訳について

さて、この歌詞の訳についてです。
公式CDや市販されているビートルズの歌詞集の
訳には誤訳がちょこちょこあるようです。

それを指摘している本があります。
秋山直樹さんの本です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビートルズ作品読解ガイド
価格:1901円(税込、送料別) (2018/12/6時点)

楽天で購入

 

特にこのAll you need is love
の解説は圧巻です。

もう、全然、ビートルズが伝えたいことが
今までの訳では伝わっていたかった、
どころではなく、
逆に伝わっていたのです。

従来は、やろうとしても無理、
歌に出来ない曲を歌うのは無理さ、
という感じに訳されていました。

しかし、秋山さん曰く、
関係代名詞の二重限定と二重否定が使われているらしく、

やろうとして出来ないことは何もない
何でも歌に出来る
何でも創造出来る
どんな人でも救える

そういう強い肯定の論調であると言います。

『そんなの簡単さ。
そうするのに必要なのが「愛」だ!』

というメッセージだというのです。

ほー、なるほど~。
カッコイイ!!

でも、本当?そもそも「愛」ってなに?

です。

愛ってなんだかわからない

ビートルズの影響か、日本の歌謡曲でも
「愛」という言葉が頻繁に出てきます。

僕は小さいころから「愛」って
カッコつけて使っている気がするけど
なんなの?
と思っていました。

辞書で調べてもいまいちピンとこないのです。

日本のスピリチュアルの先駆け的存在の人に
飯田史彦さんという経営学者がいます。

仕事へのモチベーションを研究していて
死後の世界がある、と信じている人の方が
モチベーションが高い、ということを知り、
死後の世界を信じるに足る情報を紹介した人です。

「生きがいの創造」というロングセラーで有名です。

この飯田先生が「愛とは何か」という命題に
チャレンジした本に
「愛の論理」
という本があります。

分厚い本で、愛について検証し
最後に愛の定義をする、
という本だったように記憶しています。

覚えていないのですが、
定義が5,6行くらいの文章になっていた
ような印象があります。

つまり何だったのか覚えられない説明でした。

愛はなぜ分かりにくいのか

僕が影響を受けた作家に
井沢元彦さんがいます。
逆説の日本史で有名な作家です。

このシリーズを読んでいてなぜ日本人には
愛が分かりにくいのか、が分かりました。

愛はキリスト教の概念です。
そしてキリスト教は近代になるまで長い間日本では
禁止されてきた教えです。

仏教の影響を日本人は強く受けていますが
釈迦の最大の目標は悟りを開くことでした。

そのためにはあらゆる執着を捨てる必要があり、
最大の執着は家族への愛であり、
釈迦は妻子を捨てて出家しています。

愛は悟りを「妨げるもの」と考えられています。

井沢元彦さんの本が面白いのは例えが分かりやすいからです。

プロ野球チームを使って説明がされています。
プロ野球にとって最も大切な試合は日本シリーズです。

この大事な試合の時に家族が危篤になったらどうするか。

日本人の場合は、試合に出場します。
日本人が最も大切にする価値が「和」だからです。
集団の目的が優先されるからです。

親が危篤の場合、試合を休んで帰省するのが
中国人と韓国人です。
儒教の価値観で最も重要なものが「考」、
親孝行の「考」だからです。

妻が危篤の場合、帰国するのが
アメリカ人です。
キリスト教が大切にする価値が「愛」だからです。

なんとも分かりやすいではないですか。

「和」の精神と仏教的価値観から、
日本人はなんとなく、「愛」にケチをつけたくなる
心境があることが理解できました。

日本の文化、歴史の中でそもそも愛
という概念がなかったから分かりにくい、
と言うことが分かりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

逆説の日本史23 明治揺籃編 琉球処分と廃仏毀釈の謎 [ 井沢 元彦 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/12/6時点)

楽天で購入

 

では、愛ってなんなのでしょう。

愛とは何か、がわかった!

僕はこの答えをスピリチュアル本で発見しました。

もっとあの世に聞いたこの世の仕組み

「ハートが開かれている状態が愛と呼ばれるもの。
私とあなたの間に壁がない、それが愛だ。」

と言います。
これを読んで、なるほど~、と思いました。

「お金」という人間関係のトラブルの
主な原因となるくらい大切な物、

それを僕は家族と共有しています。
僕が働いて稼いだお金を家族で共有していて
そこには壁がありません。

家。他人は入れませんが、
家族は家を共有しています。

今で夕食を囲み団らんしている時
そこに壁はありません。

これが愛の状態なのだあ!

では、壁とは具体的になんなのか。

恐れ・不満・不安・不信感・怒り・
傲慢・罪悪感・劣等感・差別・軽蔑

であり、ハートを閉ざすエネルギーだと言います。

これもなるほど~、です。

妻とは何気なく一緒にいます。
これが当たり前になっているので価値が
分かりにくくなっています。

でも、我が家でもごくたまに
喧嘩と言うかギクシャクすることがあります。。

お互いがお互いに対して
怒り、不満を持つと
お互いの間に壁が出来るようです。

壁によって何らかのエネルギーの
流れが閉ざされたかのように
妻と喧嘩をすると僕は
ぐったりと元気をなくしてしまいます。

雲黒斎さんのこの愛の説明は
僕にとってとっても納得のいくものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もっとあの世に聞いた、この世の仕組み [ 雲黒斎 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/12/6時点)

楽天で購入

 

さらに、駄目押しの情報がありました。

アドラー心理学で大ヒットした「嫌われる勇気」の続編
「幸せになる勇気」です。

この本で、愛に対する理解が僕は深まったのですが、
記憶違いなのか、ずばっと一言で愛を定義づけている
文章を発見できませんでした。

僕の理解はこうです。

例えば男女の恋愛で考えます。

結婚前、付き合っている状態ですと、
それぞれは「私の幸せ」を考えます。

それが結婚すると家族になり
「私たちの幸せ」
を考えるようになります。

私の幸せでもなく、
あなたの幸せでもなく

私たちの幸せ、です。

この状態では、私とあなたの間に
壁がありません。

おーーー!!

さらに2人の愛から、どんどん大きな「私たち」に
して行こう、と言います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え2 [ 岸見一郎 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/12/6時点)

楽天で購入

 

ジョンレノンのメッセージ

ジョンのメッセージに戻ります。

ジョンは友人に相談をされたときに
「クラウス、やりたいことがあるなら、とにかくやるんだ」
と強烈に後押ししています。

クラウスフォアマは、当時デザイナーとして
安定した仕事を得ていました。

安定した収入を捨てて、バンド結成という
やりたいことをすることに
不安や恐怖を持っていたのです。

不安や恐怖は壁を作るエネルギーでしたよね。

これがない状態=愛

ジョンは、世の中、人生に対して
不安や恐れがない状態、愛の状態であれば
やってやれないことはない、
何でもできるんだ、
と言っていたのです。

怖がるなよ、と。

確かに、やったもん勝ちと言いますか、
やりたいことをやっている人が
なんとかなっているんですよね。

僕も脱サラする前は怖かったです。
でも恐れを捨てて脱サラしたら
何とかなってるんですよね。

神もキリストも信じない、と声高に歌っていたジョンが
キリストと同じメッセージを伝えているのが面白いです。

-スピリチュアル的, ビートルズ, 本の紹介

執筆者:


  1. […] 勝手にジョンレノン ウィーク All you need is love の続きです。 ジョン・レノン編5はStand by meです。 […]

  2. Jeadously より:

    Cialis Cuanto Dura El Efecto Viagra Kaufen Apotheke Leipzig Sibusat

  3. Jeadously より:

    Topical Keflex Acheter Du Clomid En Ligne Grossesses Multiples canadian pharmacy cialis Order Effexor Xr Without Prescription Progesterone Medication Best Website No Prior Script Cash On Delivery

関連記事

生き方に関する僕の考え

僕は特定の宗教団体には所属していません。 普通の日本人です。 ただ、僕は死んだらどうなるのか、という疑問から その手の本を沢山読んできました。 小学生の頃に丹波哲郎さんの「大霊界」という映画 が流行り …

no image

魔法営業

こんにちは。 Mt.Woodsです。 営業の仕事をやりたいと思いますか? 後々詳細はご紹介していこうと思っていますが、 僕は学生時代に、将来就きたい仕事の夢があって、 一般的な就職活動はしていませんで …

勝手にジョンレノン ウィーク Stand by me

勝手にジョンレノン ウィーク All you need is loveの続きです。ジョン・レノン編5はStand by meです。 Imagine ソロWoman ソロHappy Xmas ソロLov …

勝手にジョンレノン ウィーク (Just Like) Starting Over

勝手にジョンレノン ウィーク Stand by meの続きです。ジョン・レノン編6は(Just Like) Starting Overです。 今日12月8日はジョンの命日です。 (Just Like) …

スパルタ婚活塾のススメ!

ライトで読みやすい文章を目指して amebaブログを始めています。 今日は、 「スパルタ婚活塾のススメ!」 という記事をアップしました。 買うの躊躇しますが、 読むとゲラゲラ笑える上に コミュニケーシ …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。