ビートルズ 本の紹介

勝手にジョンレノン ウィーク  12月8日と言えば

投稿日:2018年12月3日 更新日:

12月8日と言えばトラトラトラ。
トラトラトラと言えば、

C.C.ガールズ だったかな?

と思って確認したらMaxでした。
悪意はありません。

トラトラトラは
「ワレ奇襲ニ成功セリ」
という暗号で、
真珠湾攻撃を象徴する言葉ですね。

12月8日は真珠湾攻撃の日です。

もう1つ12月8日と言えば
ジョンレノンです。

ジョンが銃殺された日です。

ビートルズのメンバーは超有名になってからも
ファンを大切にしていたそうです。

会社前や自宅前に待機しているファンと
しばらく会話をしてから中に入っていた、
という事が、彼の親友であるクラウスフォアマンという
人の本に書かれていました。

12月8日も男から「ジョン」と声を掛けられ
振り向いたところを5発の銃弾が発射されて
4発がジョンに命中しました。

ジョンは自宅のあるダコタハウスに移動し
警備員に「撃たれた」と伝えましたが

いつもジョンは冗談を言っていたので
最初、警備員は本気にしなかったと言います。

全身の8割の血液を失いジョンは搬送先の病院でなくなりました。
40歳でした。

一般的には犯人のマークチャップマンは
ビートルズのファンという事になっていますが、

ファンではなかったという説もあります。

「誰がジョンレノンを殺したか」
興味深い本ではありましたが、
犯人のマークチャップマンを主に扱っているので
読んでいて気分が悪くなる本でした。

また、殺害時にマークチャップマンは
「ライ麦畑でつかまえて」
という本を所持していました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス) [ ジェローム・デーヴィド・サリンジャー ]
価格:950円(税込、送料無料) (2018/12/3時点)

 

楽天で購入

 

「ライ麦畑でつかまえて」

詩的なタイトルで、
田舎の素朴な男の子と女の子の青春の
日々をつづった小説を連想させるタイトルです。

でも実際は全然違います。

何の実力も実績もないくせに
社会に対して反抗的で
罵詈雑言ばかりを並べる
不愉快な青年の話です。

一般的には青春小説の古典的名作
と言われています。

「誰がジョンレノンを殺したか」
「ライ麦畑でつかまえて」

どちらも断捨離の影響で処分してしまい
手元にはありません。
後悔しています。

-ビートルズ, 本の紹介

執筆者:

関連記事

金なんかなくてもなんとかなる、とは信じられず脱サラできなかった

こんにちは。 ひできです。 僕は脱サラをして主夫をしています。 このブログでは脱サラをするに至った経緯をご紹介しています。 前回までの記事では妻に会社を辞めたいと言ったら 「いいよ」 と言われた、とい …

脱サラしても路頭に迷わない、と調べて確信を得た!

こんにちは。 Mt.Woodsです。 金なんかなくても何とかなる、という言葉が信じられず 脱サラできなかった僕は、 金がなくなって何とかならなかった場合というのは どういうことが起きているのか、を調べ …

脱サラしたらどうなるのか 

こんにちは。 Mt.Woodsです。 僕は脱サラをして主夫をしています。 このブログではなんで脱サラをしたのか、 どう考えたのかをご紹介しています。 なぜ脱サラを目指すようになったのか 今までの記事の …

全ての悩みは人間関係である、としてその解決方法を教えてくれるアドラー心理学

大ヒット・ロングセラーとなった 岸見一郎氏、古賀史健氏共著の 「嫌われる勇気」は 哲人と青年の対話という形で アドラーの心理学を教えてくれる本です。   アドラーの心理学は、 どうすれば幸せ …

「ゆるく考えよう」から得た自由な生活

こんにちは。 Mt.Woodsです。 僕は大学卒業後20年間働いて、 昨年末に脱サラをしました。 今は主夫をしています。 家庭の運営、子どもの世話をしながら、 必要に応じて父の介護をしています。 若い …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。