小岩

「散歩の達人」が小岩を特集していました

投稿日:2018年11月29日 更新日:

日頃、引きこもりと見分けがつかないような生活をしています。

久しぶりに小岩駅まで足を延ばし
書店を覗いてみたら、
あの有名雑誌「散歩の達人」が小岩と新小岩をセットで
特集していることを知りました。

どの町も同じだと思いますが、
小岩が特集されるとその雑誌は
小岩の書店の入り口に山積みされます。

 

このブログで小岩をテーマの一つにしていますので
もちろん情報収集のため買いました。

新小岩の地名の由来について
説明がありました。

ぼくもこのブログで小岩と新小岩の違いに
ついて説明していまして、こちら
だいたい同じ説明でした。

ただ、小松(新小岩の旧名)の人が小岩に憧れて
新小岩にした、と僕は書きましたが、
散歩の達人では、多方面い配慮してか、
そこまでは書いていませんでした。

しかし、同時期に同じような記事を書いたものです。
気になったのは発売時期です。

なんと散歩の達人の小岩特集号の発売日は
10月20日でした。

一方、僕の「駅名で考える小岩 新小岩との違いは?」
の公開日は11月5日です。

まずいではないですか。
完全に僕が散歩の達人の内容をパクったようです。

僕は出来るだけ出典を明記し、
本も紹介しています。

いったい誰に言い訳をしているのだ、という感じですよね。

小岩のことなんか誰が読むんだろう、
と書いていて思うのですが、
アクセス解析というのがあって、
どの記事が読まれたのか分かるようになっているのですが、
意外と読んでくださる方がいるのです。

ありがとうございます。

で、僕の記事の新小岩の情報源ですが、
Wikipediaです。

そこには地元住民の要望によって新小岩になったと
明記されています。

それをちょっとアレンジして「憧れ」と表現しました。

しかし、「散歩の達人」さん、さすがです。
プロ。
写真と言い、イラストと言い、文章と言い、
ステキな感じに小岩を紹介してくれています。

「小岩のおじさん観察記。」
という可愛いイラスト付きのコラムがあって
面白いのですが、みんながみんなあんなじゃないですからね。
僕みたいな普通のおじさんもいっぱいいますからね。

エニウェイ
交通新聞社さん、小岩を取り上げてくださり
ありがとうございました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

散歩の達人 2018年 11月号 [雑誌]
価格:699円(税込、送料無料) (2018/11/29時点)

 

楽天で購入

 

 

-小岩

執筆者:

関連記事

約90年前の表札が残る街 小岩

小岩の変遷が良く分かった 関連記事 小岩について説明してみた 地名編 関連記事の中で 良く分からない小岩の変遷 と書きました。 なんと、Wikipediaにしっかりと書いてありました。 Googleで …

小岩の老舗ケーキ屋さんパスカルでケーキを買った!

2月14日は我が家の結婚記念日です。 本籍が都内にあり、当時広島に住んでいた僕が 休日に東京に帰省したタイミングの週末が たぶん2月14日だったのかもしれません。 2月14日であれば忘れないからちょう …

小岩は地名、小岩井は人名

小岩の出身です、と説明して 相手が地理に疎い人の場合 「小岩井?」 と聞かれることがあります。 小岩井は岩手でしょ、って 突っ込みたくなりますが、 僕の常識が世間の常識とは限りません。 そういう時は気 …

稀勢の里引退に送られた好意的ツイート集

2019年1月16日 関連記事小岩の人間として稀勢の里を応援したい!小岩で最も有名な電気屋さん「わたでん」 今日、横綱稀勢の里関の引退が報じられました。 稀勢の里を讃えるツイートを集めました。 稀勢の …

正月六日小岩神社に初詣

元日には十念寺、宣要寺で初詣をしてきましたが、 神社での初詣がまだでした。 小岩神社はとにかく混んでならぶのでほとぼりの冷めたと思われる今日行ってきました。 手水舎では前に4人いたので若干並びましたが …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。