今、学んでいること 本の紹介

「ピケティの21世紀の資本」と格差社会

投稿日:2018年11月24日 更新日:

橘玲氏の「貧乏はお金持ち」がすごい

の記事を書くにあたって、その本を読み返したら、
格差社会のことが書かれてあったので、

格差社会をテーマにした
「まんがでわかる ピケティの21世紀の資本」
を思い出して読み返してみました。

ピケティの21世紀の資本のキーワードはこれです。

r>g

rは資本収益率
gは経済成長率

ぼくはこれをリッチマンはガキよりも稼ぐ、と解釈しています。

月々に自由になるお金が
5,000円しかない人が
1万円を稼ぐのは大変ですが、

余裕資金が100万円ある人が
1万円稼ぐのはそんなに
難しいことではありません。

1,000万円持っていればもっと簡単に1万円稼げます。
1億あればさらにさらに簡単なはずです。

若者が生活費を稼ぐために働いている間、
お金持ちはお金に働いて貰って稼ぎ、

労働から解放された時間を
勉強に充てることができます。

 

情報はお金を生み、お金は情報を生みます。

そりゃあ、どんどん格差は広がっていくだろうなあ、
と思います。

では、どうすればよいのか。
ピケティの提示した解決策は
累進所得税、累進資本課税という税金です。

なんだ、個人で出来るレベルの話ではないではないか、
と思いました。

しかし、この「まんがでわかる ピケティの21世紀の資本」
はここで終わりませんでした。

最終章に「21世紀の資本をどう読むべきか?」
という章が加えられています。

持たざる者が、格差を気にしないで済むほどに豊かになるには
1,2年では難しいけれども、

勉強と訓練を積んでいけば、
10年、20年後には豊かになれる。

成長するには時間が掛かるのだ、
というメッセージをぼくは受け取りました。

大人になると勉強しなくなる人もいます。

僕はオジサンですが、
学びと実践を繰り返して

20年後には金持ちな
おじいちゃんになっていたいものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まんがでわかるピケティの「21世紀の資本」[本/雑誌] / 小山鹿梨子/まんが 山形浩生/監修
価格:1080円(税込、送料別) (2018/11/24時点)

 

楽天で購入

 

 

次の記事 女性社会の到来を予言するA.I.本 新井紀子さん

-今、学んでいること, 本の紹介

執筆者:


  1. Chee より:

    Mt. Woodsさんはいつも勉強されてて、すごいと思います!
    私は時々RPGゲームのようなところあるなあと思います。
    最初は弱い敵にも苦労するけれど、アイテムやゴールドが貯まり、仲間が増えたりするうちにいつの間にか楽になる。しかしレベルアップしたなりにまた苦労していく。
    中には最初から、アイテムやゴールドたんまりで、コネもあってレベル高いとこからスタートの人もいますよね。
    でも下からやっていく方が、案外楽しいのかも?なんて自分の人生を肯定してみたりしています。
    ピケティ氏と言うのは、このルール自体を考え直そうって人なのでしょうか?
    面白いですね。

    • mtwoods2018 より:

      Cheeさんいつもコメントありがとうございます。
      一度読んだ本を読み返しているのでその分楽ですが、
      アウトプットするとなるとやっぱり頭疲れますね。
      ただ、日に日にこのブログとYahooブログに訪問してくれる
      人が増えていてはげみになっています。

      いつもコメントくれるCheeさんのお蔭です。

      最近は過去のブログも読み返して
      (Cheeさんの動画のタイトル忘れたので
      書き込みを探すのがきっかけでした)

      良いものはTwitterで公知しています。

      昔のブログと比べて確実に質が上がっていると
      自己評価しています。
      この年になっても成長していると
      自分で思えるのは嬉しいです。

      まさにロープレですね。
      CheeCheeさんは忍者使って毛利家育てて
      その後シムシティにハマって
      土木関係の仕事についたんですよね。

      そのコメントを読み返した後に
      この書き込みがあったので
      シンクロニシティだと思いました。

      ピケティに関しては
      あまりに格差が開きすぎると社会不安になるから
      調整したほうが良い、と提案していると解釈しています。

      でも頑張って稼げるようになって
      がっぽり取られるのはバカバカしいですよ。

      自閉症の子がいるうちは水道の基本料が無料になったり
      いろいろ配慮されていますが、
      サラリーマン時代のうちは
      所得が多いからという理由で
      全部それらの恩恵を受けられませんでした。

      税金をびっくりするほど取られて
      公共サービスは受けられないって
      税金の二重取りですよ。

      まあ、日本が好きだから稼いで
      キチンと税金払いますけどね。

      納税額に応じて投票券欲しいくらいですよ。

      とか言ってもたまたま給料の良い会社に
      入れただけで、
      辞めてしまったら収入激減ですけどね。

      これからですよ。

  2. […] 次の記事 「ピケティの21世紀の資本」と格差社会 […]

  3. Jeadously より:

    Kamagra Boots viagra Levitra Para La Mujer Cialis Prix Grenoble

関連記事

土鍋で玄米を炊いてみました

妻と妻の実家はお米に強いこだわりがあります。 米好きな日本人を再認識します。 我が家では精米機を買って、 ごはんを炊く直前に玄米を精米して 白米にしてから炊いています。 先日、残ったちょっとの玄米を精 …

フェミニズム運動に男が参加すべきと思う理由

フェミニストの母に育てられ 僕は自分を男女同権論者だと思っています。 でも男女同権について もう一度考えてみようと思うきっかけがありました。 そして、ハリーポッターの女の子役で出ていた エマワトソンが …

女性との会話入門「女の機嫌の直し方」

このブログでは「男女同権」と「AIによる働き方改革」をテーマにしています。 「男女同権」「フェミニズム」を扱っているのは 女性が社会的マイノリティーで弱者だから と言うことではありません。 僕ら団塊ジ …

落合洋一氏「超AI時代の生存戦略」に学ぶAI時代の「生き方」

落合洋一氏「超AI時代の生存戦略」を読んでいます この記事の続きです。 落合洋一さんのこの本は、「プロローグ」、第1章 超AI時代の「生き方」、第2章 超AI時代の「働き方」、第3章 超AI時代の「生 …

自閉症児が空けてしまった壁の穴の直し方

こんにちは。 Mt.Woodsです。 今回は自閉症児の僕の長男が空けてしまった穴を直した時のお話をします。 思いをうまく伝えられないためかもしれませんが、 自閉症の子供は成長するにつれて暴力的になって …

プロフィール

 

ひでき

 

 

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス mtwoods2018@gmail.com

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの46歳です。2019年5月から電子書籍の発行を始めています(10月現在10冊発行)。僕が書いた本のご紹介