ビートルズ

ビートルズの名曲紹介 ポールマッカートニー編4 ヒア ゼア アンド エブリウェア

投稿日:2018年11月3日 更新日:

こんにちは。 Mt.Woodsです。 このブログではビートルズの素晴らしさについてもご紹介しています。

ビートルズにはジョン、ポール、ジョージという3人の優れたシンガーソングライターがいます。
その中でも美しいメロディを書き、これからビートルズを知っていきたい、という人にお薦めなのがポールマッカートニーの曲です。

今まで、ポールマッカートニーのLet it be, Hey Jude, Ob-la-di,Ob-la-daの3曲を紹介してきました。
この曲はとっても有名で人気曲でビートルズの公式ベスト盤の青盤にも含まれている曲です。

今日は、そのベスト盤である青盤に載っていない隠れ名曲をご紹介します。

それが、
ヒア ゼア アンド エブリウェア
Here There and Everywhere
です。

かつて全国にも名を知られた小岩のジャズ喫茶フルハウスのマスターがビートルズは赤盤、青盤だけ聞いていれば十分だ、

と言いましたが、今回ご紹介するヒア ゼア アンド エブリウェア が入っていない時点で赤盤、青盤だけでは不十分と僕はちからを込めて主張したいです。

とにかく綺麗な曲です。

Youtubeではオリジナルが聞けない可能性が高いです。

オリジナルは「リボルバー」というビートルズの中期のアルバムに含まれていますので是非、それを聞いてください。

アンソロジー企画の中にもヒア ゼア アンド エブリウェアは含まれています。
アンソロジー企画でオリジナルよりも良いのでは、と思える曲も何曲かありますが、ヒア ゼア アンド エブリウェアに関しては絶対オリジナルが良いです。

ジョンがリズムギター、ジョージがリードギター、ポールがベースギター、リンゴがドラムという初期の典型的な楽器パートを担当しているもの安心感、安定感があります。

ポールが作った数多くの名曲の中でも際立って美しいメロディを持つ曲です。
ポールの優しい歌声も素敵です。

ジョージのNever careあたりから始まる無駄のないでもとっても印象的なリードギターが僕は大好きです。

-ビートルズ

執筆者:

関連記事

ぼくのメールアドレス

MtWoods2015@yahoo.co.jp 僕のメルアドです。 ブログ、Yahoo知恵袋の感想などいただけたら嬉しいです。 聞くだけならできるので愚痴、相談事とかも送っていただOKです。 もしかし …

ビートルズの名曲紹介 ジョージハリソン編3 「Be Here Now」

ビートルズの名曲紹介 ジョージハリソン編2 「What Is Life」 の続きです。 今回ご紹介する曲はBe Here Nowです。 ジョージハリソンのソロの曲の多くは有名でないものが多いですが、こ …

ビートルズの公式アルバムがYouTubeでただで聴けるようになっていた!

ホワイト・アルバム 発売50周年記念作品が届いた!の関連記事です。 まるでジョージハリソンからのクリスマスプレゼントこの記事に書きましたがYouTubeのジョージハリソン公式チャンネルを見たところジョ …

勝手にジョンレノン ウィーク Stand by me

勝手にジョンレノン ウィーク All you need is loveの続きです。ジョン・レノン編5はStand by meです。 Imagine ソロWoman ソロHappy Xmas ソロLov …

勝手にジョンレノン ウィーク  12月8日と言えば

12月8日と言えばトラトラトラ。 トラトラトラと言えば、 C.C.ガールズ だったかな? と思って確認したらMaxでした。 悪意はありません。 トラトラトラは 「ワレ奇襲ニ成功セリ」 という暗号で、 …

プロフィール

 

ひでき

 

 

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス mtwoods2018@gmail.com

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの46歳です。2019年5月から電子書籍の発行を始めています(10月現在10冊発行)。僕が書いた本のご紹介