本の紹介 脱サラした理由

脱サラ目指してブログを開始。その前にアマゾンで実績作り。

投稿日:2018年10月22日 更新日:

こんにちは。
Mt.Woodsです。

僕は大学卒業後に約20年間製薬会社の営業MRとして働き
2017年末に脱サラしました。

このブログではそこに至る経緯を紹介しています。

脱サラについて色々な本を読んで調べて
自由に生きることは素晴らしいし、
脱サラをして経済的に万が一困窮しても
住所さえあればなんとかなる、と分かっても
何も行動に移せませんでした。

似たような本を読んでただただ考えていただけです。

行動していないことに焦りも感じて、
自分のノートパソコンを買ってからブログを始めることにしました。

ここまでが前回ご紹介した内容です。

でも、ブログを書くと言っても何を書けば良いでしょう。
僕に何か世の中に情報発信できるような価値があるのでしょうか。

ブログを始めるのは2015年の夏からですが、その時は既に
2社の抗がん剤部門で1位の成績を残していましたが
そのことはあまり世間一般的な価値になるとは思えなかったのか、
現役で働いているので書くのがはばかられたのかも知れません。

そこで考えたのが読書、本の紹介です。

僕はフォトリーディングという読書術のセミナーを受講して
その方法を身につけていたので、結構な量の本を読んでいます。
参考記事

自分の周りを見ると、本は読みたいけれど何を読んだらよいか分からない、
本を読む時間がない、という人が沢山いました。

自分が読んできた本のエッセンスを伝えるブログなら自分にも
書けるのではないか、と思ったのです。

しかし、なんとなくインパクトに欠けるように思えました。
実績が何か欲しかったのです。

そこでアマゾンにレビュー記事を書くことにしました。
自分が読んでためになったと思うのであれば、
それを他の人にも伝えるのがよい、
と何かで読んだのです。

その方法はアマゾンのレビューが良い、と。

ネットで情報発信をするにはアマゾンが一番ハードルが低かったのです。

1ヶ月で100冊のレビューを書いて、
それを実績にして、
「1ヶ月で100冊アマゾンにレビューを書いたMRのブログ」
みたいなコンセプトを作りました。

MRの仕事はアポイントとアポイントの間に空き時間があります。
その時間は自分の車の中であれば何をしても自由です。

僕は自分のPCを車に持ち込んで空き時間に
アマゾンにレビューを投稿しはじめました。

一日3冊分、週末にちょっと量を増やしても100冊分は書ける、と思いました。

実際に1ヶ月書いて80冊分のレビューが貯まりました。
80冊あればよいかと思い、翌日からブログを開始したのです。

今日久しぶりにアマゾンで状況を確認しました。

あれ~、80冊レビューを書いたはずなのですが64冊分になっていました。
参考になった、と投票してくれた数は823票。
レビュアーランキング 15,579位でした。

最も票が多かったのは、通称「ビリママ」の
「ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話 」
の参考になった投票116票でした。

Mtwoodsのペンネームで書いていますので、ご覧いただけると思います。

後、もう一つ書けると思ったネタがあり、合計3つのブログを始めました。
次回では、そのお話をご紹介したします。

続きはこちら↓
脱サラ前にTOEICをテーマにブログを開始

 

-本の紹介, 脱サラした理由

執筆者:


  1. […] 続きはこちら↓ 脱サラ目指してブログを開始。その前にアマゾンで実績作り。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Mother House山口絵里子さんに会った

「ゴーストライターになって年1000万円稼ぐ」? と 「女性社会の到来を予言するA.I.本 新井紀子さん」 の続きです。 「ゴーストライターになって年1000万円稼ぐ」?では 「肉食系女子」という言葉 …

資本主義が個人に与えた最強の集金マシーン FX 2

資本主義が個人に与えた最強の集金マシーン FXの続きです。 午堂登紀雄さんのという作家さんに思想的影響を僕は受けてきましたが、午堂さんの本質はお金を稼ぐ情報を提供することです。 午堂さんのお金に関する …

年金と定年延長と健康寿命と自由な時間

少し前に40歳定年制というのが 一部で話題になっていました。 僕は45歳で脱サラしたので、 40歳定年制、というアイデアは良いと思っています。 ただ、現状は定年延長に話が進んでいますね。 これは年金と …

Webライターに夢中になってブログは放置

「自閉症児の育児事情」 第 2 巻 の続きです。 サラリーマンをいつかは辞めたいと思い続けて 何年もサラリーマンを辞められていない、 本ばかり読んで何も行動していない自分に いらだちを覚えていた僕は、 …

金なんかなくてもなんとかなる、とは信じられず脱サラできなかった

こんにちは。 ひできです。 僕は脱サラをして主夫をしています。 このブログでは脱サラをするに至った経緯をご紹介しています。 前回までの記事では妻に会社を辞めたいと言ったら 「いいよ」 と言われた、とい …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。