脱サラした理由

脱サラする前にやりたいことが見つかった!

投稿日:2018年10月22日 更新日:

こんにちは。
Mt.Woodsです。

僕は1996年に社会人になり20年間サラリーマンとして働き
2017年末に勤め人を辞めました。

それ以降家で主夫をしています。

このブログではぼくがどのように考え、
そしてどうやって脱サラに踏み切ったのかをお伝えしようと思っています。

今までの記事では、脱サラをして万が一経済的に立ち行かなくなったとしても
家さえあればなんとかなると確信を持てた、ということを書きました。

妻からは会社を辞めても良い、とも言われていました。
それから僕はどうしたでしょうか。

それでもしばらくは会社を辞められなかったのです。

いままでの僕の記事をご覧いただいた方は
僕が何をしていたかご存知です。

数回、異業種への転職を試みたことはありましたが
それ以外は本を読んでいただけです。

仕事、会社がつまらない、面白くない、将来に希望が持てない
一度の人生だから自由に生きていたい、
などとぐずぐず考え続けていましたが、

基本的にやっていることは本を読むだけで
頭の中であれこれ考えているだけで実際はなにも行動していないのです。

これでは何かが変わるはずがありません。

結局僕は最終的に脱サラをしたのですが、
その転機はなんだったのでしょうか。

ノートパソコンを買ったことだったかもしれません。

ノートパソコンは会社から与えられていていつも持ち歩いていました。
ノートパソコンがないと仕事にならないくらいでした。

ただ、それは会社のパソコンです。
プライベートで使うこともたまにはありましたが、
あまり気分の良いものではありません。

家にもパソコンはありましたが、
家族共有のものでした。

我が家の収入はタイトルにもあるようにある程度
サラリーマンとしては恵まれていましたが、

自閉症児の長男にABAという療育方法のセラピストさんを雇ったり、
家を買うこと以外にはあまりお金は使っていませんでした。

週末に近所に子どもを連れて遊びに行ったりしていましたが
たかが知れています。

家には沢山のテレビがあり子どもの友達はそれだけで
裕福なうち、と思ったようですが、
ハードオフという中古屋さんがかつて僕が働いていたエリアには
多数あり、ちょこちょこ覗いては手ごろなものを買っていたの
驚くほど安い値段で買っています。

型落ちテレビで中古だと本当に1万円くらいで液晶テレビが買えます。
数十万もかけてテレビを買う感覚は僕にはわかりません。

僕たち夫婦はあまり自分のことにお金を使わないのです。

ですが、ある日ふと自分のパソコンを買うことを思いつきました。
従来使っていたパソコンの調子が悪くなってきたことが原因だったかもしれません。

妻と僕でそれぞれ自分のパソコンを買いました。
WORD、Excel、PowerPoint、インターネットが出来ればよいので
必要最低限の安いパソコンを買いました。

パソコンを買うと何かがしたくなります。
自分が考えていることを取り敢えず書いていました。

そして、午堂登紀雄さんの「読む・考える・書く技術」という本を読みました。
その本には自分の本を出版すると世界が変わる、と書かれてありました。
その言葉にとても魅力を感じたのです。

元々文学少年だったぼくは将来「書くこと」に携わる仕事がしたい
と考えていました。

90年代はまだ個人が情報発信をしたりそれが本になるということはまだ一般的ではありませんでした。夢の世界だったかもしれません。

新卒後に就職した会社で僕は運よく尊敬できる上司につきましたが
その人はコンサルタントで契約社員であり、短期でその会社を離れてしまいました。

その後僕はチェーンのドラッグストアに出向に出されました。
自分が所属する会社からはなんら教育を受けることはありませんでした。
出向先にも1人でいき、目的も方法もなにも説明なく、取り敢えず派遣されたのです。
向こうの会社の人も困っていました。

行った先では訳も分からずがむしゃらに働きました。
半年の出向期間終了後、次は卸に出向しろ、と言われました。

次に行くまでの間、工場にいろ、とのことでした。

出向につぐ出向、会社からの説明と教育のなさ、先の見えない不安と
話の違うことや、ちょっとした言葉の行き違いもあり、
僕はその会社を1年で去りました。

会社を辞めてから、最初の上司でありその後15年間にわたって師事したKさんに
報告を兼ねて電話をしました。

Kさんは翌日すぐに会おうと言ってくれました。
「力になれるかもしれない」と。

会ってから少し話をしました。
「次は何をしたいのだ?」と聞かれました。

僕は従来思っていたように、出版に携わる仕事がしたい、と言いました。
Kさんは特徴のあるタバコの火の消し方をしながら
「ものを書くって食えないらしいぞ」
と言いました。

そして、仮に小規模で短期間とは言え、一度製薬業界に足を踏み入れた以上は
そこでの世界で次を探したほうがよい、と言われました。

僕はKさんの下で働いていたときMRという仕事の良さや
MRになればKさんのように少しでも近づけるのでは、と思っていました。

MRの仕事の良さ、というのは、日本で最も知的水準の高い集団である
医師を相手にする仕事であり、営業としては最高水準であること、
その環境に入ることで大きく成長できる、と教えられていたことでした。

「出版の世界が食えない」というのも響きましたが、
社会人なりたてで20歳年上の人で尊敬している人から
こうしたほうがよい、と言われて、あまり迷うことなく
MRへの道を選択しました。

このようにやりたかったことを経済的理由で諦め、
チャレンジすらしなかったことが過去にあったのです。

MRを辞めて次に何をするかを考えたときに、
この「書く」ということがよみがえりました。

最近はブログというものから注目されて出版に至る例もある、と言います。
(最近というには古い気がします。すごい時代の変化の速さに驚きます)
確かに僕が読んだ本の何冊かに、そういう本がありました。

仕組みはややこしいのですが、出版不況で出版社は本を出す数が増加していて
新しい本の書き手、作家をネット上で探しているという情報にも触れました。

アナログ人間なのでブログに関する本を2冊買って勉強しました。

1冊はブログの始め方の本で、技術的な話ばかりでしたが、
もう1冊はブログを書いている人たちのインタビュー本でした。

どういうきっかけでブログを始めて今どうなっているか、
というものです。

一様に、ブログを始めて世界が広がって
新しいビジネスにつながった、ですとか、出版に至った、など
ブログを書くことで人生が変わった、という話でした。

夢のようです。

しかもブログはタダで出来るのです。

取り敢えずMRは続けながらブログを始めることにしました。
とは言え、自分になにか情報発信するような特技も特徴もあるように思えませんでした。

続きはこちら↓
脱サラ目指してブログを開始。その前にアマゾンで実績作り。

-脱サラした理由

執筆者:


  1. […] 以前にも書きましたが、参考記事 僕は新卒後に就職した都内の小さな製薬会社を1年で辞めました。 […]

  2. […] 続きはこちら↓ 脱サラする前にやりたいことが見つかった! […]

  3. Jeadously より:

    Levaquin Us Worldwide Amoxicillin And Reactive Hypoglycemia generic cialis overnight delivery Cialis Rezeptfrei In Deutschland Kaufen

  4. viagra 100mg より:

    viagra 100mg

    viagra 100mg

  5. sildenafil 20 mg

    sildenafil 20 mg

  6. female viagra より:

    female viagra

    female viagra

  7. sildenafil 100 mg

    sildenafil 100 mg

  8. viagra doctor prescription

    viagra doctor prescription

  9. viagra tablets より:

    viagra tablets

    viagra tablets

  10. female viagra pills

    female viagra pills

  11. sildenafil 100mg

    sildenafil 100mg

  12. viagra for men より:

    viagra for men

    viagra for men

  13. viagra vs cialis

    viagra vs cialis

  14. generic viagra より:

    generic viagra

    generic viagra

  15. sildenafil citrate

    sildenafil citrate

  16. viagra for women

    viagra for women

  17. viagra without a doctor prescription

    viagra without a doctor prescription

  18. generic viagra 100mg

    generic viagra 100mg

  19. sildenafil citrate 100mg

    sildenafil citrate 100mg

  20. viagra generic より:

    viagra generic

    viagra generic

  21. viagra without a doctor prescription usa

    viagra without a doctor prescription usa

  22. generic viagra available

    generic viagra available

  23. sildenafil generic

    sildenafil generic

  24. viagra medicine online order

    viagra medicine online order

  25. viagra without doctor prescription usa

    viagra without doctor prescription usa

関連記事

ビジヴォ プレジデントコースを受けた!

「好きなことだけ」でいきていこう!って言われてもの続きです。 ビジヴォ プレジデントコースを受講 今回は、ビジヴォ プレジデントコースを受講したお話になります。 ビジヴォというのは、ビジネスシーンでの …

手鼻を噛んでしまう自閉症児Rくん どうすればよいのか

僕の長男Rくんは平成15年生まれです。 今年高校1年生になりました。 自閉症のため特別支援学校に行っています。 高校に入ってもスクールバスを利用しています。 中学校もスクールバスを使っていましたが 高 …

Webライターに夢中になってブログは放置

「自閉症児の育児事情」 第 2 巻 の続きです。 サラリーマンをいつかは辞めたいと思い続けて 何年もサラリーマンを辞められていない、 本ばかり読んで何も行動していない自分に いらだちを覚えていた僕は、 …

「ゆるく考えよう」から得た自由な生活

こんにちは。 Mt.Woodsです。 僕は大学卒業後20年間働いて、 昨年末に脱サラをしました。 今は主夫をしています。 家庭の運営、子どもの世話をしながら、 必要に応じて父の介護をしています。 若い …

会社を辞めたい、と妻に話したところ、驚きの反応が

こんにちは。 Mt.Woodsです。 僕は20年続けていたMRという仕事を辞めて 今は主夫をしています。 どうして脱サラをしたのか その経緯をこのブログではご紹介しています。 いつかは独立して自分の好 …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。