本の紹介 脱サラした理由

脱サラのきっかけ 「辞表を出して次へ行け」

投稿日:2018年10月17日 更新日:

こんにちは。
Mt.Woodsです。

このブログでは僕が脱サラをするに至った考え方、
それに影響を与えた本を紹介する記事を書いています。

今までの記事のまとめを書いています。

今回はその続きを書きます。

今回ご紹介する本は長野慶太さんの
「もうガマンするな!辞表を出して次へ行け!!」
です。

 

この本もかなりインパクトありました。
言うことがもっともだからです。

頑張って成長してきていれば、
今いる環境で行き詰っているであろう。
組織の性格上それは仕方ない。

しかし、そのままそこにいても成長できる機会はない。

今いるところを辞めて次へ行け。
今いるところを辞めることがスキルアップの一番の方法だ。

そいう主張です。

気が付けば自分のライバルと呼べる人間がいなくなっている。
自分に力がつき我儘も通るようになってくる。
「楽勝だ」と笑っているかもしれない。
でもそうやって笑っていられるのも短い間。

自分の成長機会もなく、自分がどんどん我儘に、傲慢に、
どんどん人格的に腐っていっていることを感じているはずだ。

そういうメッセージが滅茶苦茶胸に刺さったのです。

そして長野さんは言います。

脱サラを経験したことがないのなら脱サラが怖いのは当たり前だ。
お前たちは情報操作されているんだ。
脱サラした人間がどうなってしまうのか、
情報がひどく少ないと思わないか。

よく聞け。

あなたの家族は絶対に路頭になんか迷わない。

そう断言するのです。
だから辞めろ!自分の人生を精一杯生きろ、というのです。

そこに居続けたら腐っていく一方だぞ、
というメッセージは胸に突き刺さりました。

なぜなら、それを実感していたからです。
しかし、家族が路頭に迷うことなんか絶対ない!

と断言されても、「はい、そうですか、分かりました。辞めます」
とは行きませんでした。

僕にはまだ高校生にもなっていな子どもが2人います。
妻は結婚以来20年専業主婦で就職経験がありません。

そうそう辞められるものではありません。

僕を知っている人は、後先考えずに行動しているように
思っている人がいるようです。

このブログで紹介している僕の最初の上司で師匠に
そのことを話したら「だってそうみえるんだもん」と言われました。

でも、意外とぼくはチャンと考えているのです。と自分は思っています。

では、この本を読んで、僕がどう思い、どう行動したか、です。

そうか、脱サラした人がどうなったのか、確かに知らないな。
よし、調べてみよう!

そう思ったのです。
一歩前進ですよね。

ちなみに長野さんの本はどれも面白くて
手に入る本は全てよみました。

でもこの本が一番インパクトありました。

では、脱サラした人がどうなったのか、どうやって調べて、どう思ったのか
それを別の記事でご紹介します。

続きはこちら↓
脱サラしたらどうなるのか

-本の紹介, 脱サラした理由

執筆者:


  1. […] (先日ご紹介した長野慶太さんの本では「家族が路頭に迷うことなど絶対にない」と書かれていました。正反対の意見です。参考記事) […]

  2. Jeadously より:

    Clomid Et Provames viagra Cephalexin 500mg Capsule Side Effects Stendra No Prescription

関連記事

橘玲氏の「貧乏はお金持ち」がすごい

会社がなくなる 神田昌典氏「成功のための未来予報」が当たってる!の記事を書いていて、マイクロカンパニーをテーマにした橘玲さんの「貧乏はお金持ち 雇われない生き方で格差社会を逆転する」を思い出して読み返 …

no image

声変人生

こんにちは。 Mt.Woodsです。 僕は、小さいころ気が弱く、大人しい性格でした。 それが大人になると営業の仕事をして、 紆余曲折をへて、30代半ば以降は2つの外資系製薬会社で トップの成績を納める …

落合洋一氏「超AI時代の生存戦略」を読んでいます

落合洋一さんって誰? 写真を見て「ああ、顔は知っている」と僕は思ったのですが、 今回、本を買うまで知りませんでした。 落合洋一さんは日本の科学者で、あの落合信彦さんの息子です。落合信彦さんと言えば、僕 …

no image

フォトリーディング、お薦めです。

こんにちは。 Mt.Woodsです。 以前、このブログでも書きましたが、 僕は本を読むのが本当に遅くて、早く本が読める人が憧れでした。 人間失格 通信販売で速読の講座を購入して練習をしたこともありまし …

放課後等デイサービス 療育なんかいらない

今回は発達障害児をお持ちの親御さん向けの記事です。 「療育なんかいらない」という本の著者 佐藤典雅さんが運営する放課後等デイサービス の紹介です。 ぼくの手元にそこのパンフレットがあります。 ご自由に …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。