主夫 本の紹介 脱サラした理由

積極的に生きる

投稿日:2018年10月17日 更新日:

こんにちは。
Mt.Woodsです。

大学卒業後20年MRという製薬会社の営業として働き
昨年末に脱サラをして今は主夫をしています。

辞めよう、と思い立ち妻に話して
「いいよ」
と言われて次の日に会社を辞めました。

びっくりした人が多かったですが、
サラリーマンを辞めて独立することは23,4歳の頃からの目標でした。

独立を意識したきっかけは色々ありましたが
最初にそれを意識したきっかけは田中真澄さんという作家兼講演家の「積極的に生きる」という本でした。

この人の本は見つけられる限り買って読みました。
カセットテープを聞いて勉強する音声学習が効果的であると田中真澄さんが紹介していて、

田中真澄さんの同じタイトルの「積極的に生きる」という
カセットテープを買いました。
今はCDになっています。

随分昔で覚えていないのですが、
たぶん田中真澄さんのホームページがなく、
またネット販売も一般的になっていない頃です。

なんといってもカセットテープですから。

購入方法が分からなく、
その出版社の電話番号に連絡したところ
田中真澄さんの奥様らしき人が電話に出て
カセットテープを購入した記憶があります。

MRは車で営業をします。

僕はとにかく一人でも多くの医者に会うことにしていたので誰も行かないような遠方の病院・開業医にも訪問していました。

車での移動時間時間が長いので何度も何度も田中真澄さんの講演テープを聞きました。

アメリカは日本以上の車社会で移動時間が長いため
音声学習が非常に盛んです。

音声学習は田中真澄さん、神田昌典さん、そして今僕が師事しているわっきーさんが推奨しています。

昔は音声教材を探すのも買うのも面倒でしたし、
お金はかかるけど、聞いてから買うことは出来ないし、
少し試しましたがあまり定着はしませんでした。

ところが今僕は毎日音声学習をしています。
わっきーさんの教えが影響をしています。

僕は手前味噌ですが意外と何でも器用にこなします。
問題は続けることです。
色々試すのですが長続きしないのです。

どうやって続けるのか、以前それをテーマにして
勉強したり、人に聞いたりして色々試しましたが
なかなか納得のいく回答が得られませんでした。

それがわっきーさんの話を聞いてから
今やっている勉強を2ヶ月間かなり集中して継続することが出来ています。

わっきーさんが言うには、
やる気と言うのは、内側からは沸いてきません。

外部からの刺激によってやる気は呼び起こされます。

外部の刺激で一番良いのは音声学習です。

一つの分野を攻略するには知識の習得が不可欠ですが
それを継続するには音声を聞くのが一番良いと言います。

やる気がなくても兎に角、一分でも良いので音声を再生します。

すると出来るんですね、継続が。

昔と違って今はiPhoneがあるのでいつでもどこでも手軽に音声を再生できます。

Youtubeには無数の動画が掲載されています。
わっきーさんの動画はどれを聞いても本当に面白くてためになります。それが無料で聞くことができるのです。

音声学習は聞いている人に大きな影響を与えます。

今僕は45歳ですが、20代のころは上述の田中真澄さんのカセットテープを繰り返し聞いていました。

田中真澄さんのお話を要約すると以下のようになります。

日本人の平均寿命は80歳になりました。
あくまで平均なのであなたが100歳まで生きる可能性は十分にあります。

日本の医療の進歩は目覚ましいので、
それが夢物語ではない時代が来ます。(あれから20年たって実際にそうなりました)

定年後になにもせずにぼーっと40年も生きていくのは辛いですよ。

朝起きてやるべきことがあること。
生きがいを持ちつづけること。
それには生涯現役で働ける仕事をもつことが一番です。

これだ!というものを見つけて
それに集中して1万時間(10万時間だったかもしれません)続ければプロの領域に到達できる。
そうすれば生活していけるくらいのお金は稼げるようになる。

こうなるんだ、と思い続ければ、だんだんそうなっていきます。
人間は思うような人間になっていくんです。

という話でした。
思うような人間にだんだんなっていく、というのは潜在意識のことを語っています。

ただ、昔は潜在意識というとなんか怪しい、と思われる傾向があったんですよね。
だからか分かりませんが、田中真澄さんは潜在意識については深く触れていません。

その代わりに権威を利用しています。
「君たちはどういきるか」という岩波出版の小説を読むことを薦めているのです。

この「君たちは・・・」は最近漫画になって
原著も話題になったのでお読みになった人は多いかもしれません。

確かにいつか辞めてやる、と長年思い続けて僕は本当にサラリーマンを辞めました。

MRとして45歳は年寄りですが、
社会に出れば45歳はまだまだ若造です。

息子が自閉症で自立が難しいので
僕は100歳まで生きるつもりでいます。

100歳まで生きられるとしたら、まだ、55年もあるのです。

そう、田中真澄さんは
「もう、もうは牛に返しましょう。
これからは、まだ、の人生です」
と冗談を言っていました。

僕が長年続けてきたことと言えば
営業、読書、英語学習くらいでしょうか。

それらのスキルをお金に替える方法をぼくは知りません。

いざとなればまた働きに出ますが、
今の生活に満足をしているのでもう勤めに戻るのは避けたいです。

どうなるでしょうね。自分で稼げるようになりたいですね。
その経過をブログに書いていけたらよいなあ、と思っています。

続きはこちら↓
なぜ脱サラを目指すようになったのか 今までの記事のまとめ

-主夫, 本の紹介, 脱サラした理由

執筆者:


関連記事

主夫のススメ、中年男性よ、会社にしがみついていて楽しいですか?

こんにちは。 Mt.Woodsです。 僕は大学卒業後ほぼ20年MRという製薬会社の営業マンをしていました。 MRとして勤めた最後の会社では 年齢的には周りに自分よりも年上が少なくなっていました。 社歴 …

no image

魔法営業

こんにちは。 Mt.Woodsです。 営業の仕事をやりたいと思いますか? 後々詳細はご紹介していこうと思っていますが、 僕は学生時代に、将来就きたい仕事の夢があって、 一般的な就職活動はしていませんで …

「ゆるく考えよう」から得た自由な生活

こんにちは。 Mt.Woodsです。 僕は大学卒業後20年間働いて、 昨年末に脱サラをしました。 今は主夫をしています。 家庭の運営、子どもの世話をしながら、 必要に応じて父の介護をしています。 若い …

脱サラ主夫 父が倒れて脊髄損傷 救急搬送に同行

こんにちは。 Mt.Woodsです。 2017年末に脱サラをして 主夫をしながら自閉症児の療育、実父の介護をしています。 先日、その父がとても大変なことになってしまいました。 そのことを詳しく今日はご …

「ピケティの21世紀の資本」と格差社会

橘玲氏の「貧乏はお金持ち」がすごい の記事を書くにあたって、その本を読み返したら、 格差社会のことが書かれてあったので、 格差社会をテーマにした 「まんがでわかる ピケティの21世紀の資本」 を思い出 …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。