主夫 本の紹介 自閉症

自閉症児が空けてしまった壁の穴の直し方

投稿日:2018年10月13日 更新日:

こんにちは。
Mt.Woodsです。

今回は自閉症児の僕の長男が空けてしまった穴を直した時のお話をします。

思いをうまく伝えられないためかもしれませんが、
自閉症の子供は成長するにつれて暴力的になってしまうことがあります。

真木田清彦さんの「僕だって普通に生きたかったよ ある自閉症児の生涯」
はとてもつらい本です。泣けてきます。
重度自閉症児の35年の生涯を描いた本です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

僕だって普通に生きたかったよ ある自閉症児の生涯
価格:1944円(税込、送料別) (2018/10/13時点)

 

楽天で購入

 

1976年生まれの子が主人公のノンフィクションです。

自閉症に対する社会的支援が今ほど充実していないという
時代的な背景もあるかもしれませんが、
この本人とご家族の苦労は並大抵のものではありません。

主人公は高校生になる頃には身長180センチ、体重100キロになります。

中学校のころから自傷行為、壁叩き、机叩きが出始め、それを止めようとすると抵抗して暴れるようになった。

とあります。

この本を引き合いにだして言うのはモラルに反しているかもしれませんが、幸いなことにうちの自閉症のR君は他害(自分以外を傷つける)行為はありません。

では、どうして家の壁に穴を空けてしまったのか。
文章で説明するよりも、まずこの記事に添付されている動画「自閉症児とバランスボール」をご覧ください。
自閉症児と扇風機

バランスボールを使って激しく前後に体を動かしているのがご覧いただけます。
Rは食べることが大好きなので、太りすぎ防止のためこの運動をぼくたちは奨励しています。

ちなみにRは現在15歳、中学3年生で、身長173センチ、体重77キロです。
僕は現在45歳、脱サラ1年生で、慎重177センチ、体重77キロです。

もう、僕の体重にRは追いつきました。

バランスボールの動画では分かりにくいのですが、
あの激しい運動を高速で行うためにR君は壁に足をつけています。

その結果、壁に穴を空けてしまったのです。
窓の下の壁で、カーテンが普段かかっていて、しばらく僕ら両親は気が付きませんでした。

妻がそれを発見したとき、R君は動揺していたそうです。

長男、次男にとって僕は怖いのです。
ですが、わざとやったわけではないので僕は怒りませんでした。

最近はほとんど怒りません。
子供が僕を怖がっているのは「三つ子の魂百まで」というヤツですね。

家を買ってまだ3年経っていないのに壊されたのは悲しかったですが、
自分たちのだし、転売は考えていないので
まあしょうがないね、くらいに思っていました。

しばらく放置していたのです。

その後妻が自閉症つながりのママ友から情報を仕入れてきました。
壁の穴から湿気が侵入して壁の内部からカビが生えてしまう、と。

2011年東日本大震災の時に放射能を心配して家を締切りにしていた時期があったのですが、わずかな期間で家の中がカビだらけになりました。
衣装ダンスなどの裏側がカビていたのです。

今の家は昔と違って気密性が高いのでカビやすい、と理解していたのですが、本当かどうかは分かりません。

直さねば、と思いつつ、また数か月放置でした。
仕事をしているとなかなか手を付けようという気になりません。

仕事を辞めて時間が出来たら取り掛かろうと思っていました。

でも退職直後は各種手続きで役所めぐりがちょこちょこあります。
2月は思い出したくもない確定申告がありました。

それが終わって一段落した3月に
まず取り掛かったのがこの壁の穴でした。

当初はこの家を建てた日建さんに相談しようと考えていました。
でも、いくらかかるか分かりません。

職人さんが派遣されれば3,4万、場合によっては10万円いくかなあ?と想像しました。
調べていません。

まず、ホームセンターに行って相談しよう、と思い立ちました。

一通り店内を一周して自分では良いものを発見できなかったので
お店の人に声を掛けて壁の穴の修理の相談をしました。

見せていただいた商品は5センチくらいまでの小さな穴用のものでした。
「両足が入るくらいの穴です」、と説明すると、

「それは無理ですよ。
工務店さんに頼むレベルですね」
とのこと。

そうかあ、と思い、数日放置。

ふと、ネットで検索することを思い出して検索したところ、
修理の仕方が説明されていました。
半年以上前で、どうやって検索したか忘れました。

兎に角、この写真の道具をAmazonさんで買いました。
次の日に届きました。すごいぞAmazon!

まず壁紙をはがして全体像を把握します。

その上に、細かい網目状(メッシュ状)の
ガムテープのようなものを貼っていきます。

その上に、パテ、というクリーミーな紙粘土のようなものを
重ね塗りします。

これで湿気が中にはいることはないであろう、と思えた後、
100円ショップで壁紙を買ってきて貼りました。
今は誰も気にしていません、この穴を。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セメダイン かべパテ 白 1kg HC-158 室内かべ補修用
価格:705円(税込、送料別) (2018/10/13時点)

 

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

EA944RK-1 エスコ 50mmx10m グラスファイバーテープ(補修用)
価格:489円(税込、送料別) (2018/10/13時点)

 

楽天で購入

 

-主夫, 本の紹介, 自閉症

執筆者:


  1. chee より:

    あはは。うちも全く同じ手法で直していますよ!

  2. Jeadously より:

    Doxycycline For Cheap buy levitra 10 mg Cialis 20mg En Belgique Cialis Generika Unterschied

  3. Jeadously より:

    Diflucan Online Florida cialis 5 mg Comparateur prix cialis france Cialis Kaufen Online Is Periactin Available In Canada

  4. Jeadously より:

    Propecia Corpo Umano cialis 20mg price at walmart Buy Wellbutrin Sr In Singapore Numeros De Propecia

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

焚火の10秒動画

子供の頃に江戸川の土手で友達と焚火をして遊びましたが 最近では焚火もなかなか都内では出来ません。 今日、久しぶりに燃える火を見てきましたので 撮影しました。 10秒間、ただ、焚火が燃えているだけの映像 …

自閉症のオキシトシン治療に乳酸菌の効果を検証中?

ともに自閉症の子をもつブログ友達で ぼくの小冊子自閉症児の育児事情 第1巻 自閉症児の育児事情 第2巻 (Mt.Woods)の共同執筆者であるCheeさんより 自閉症のオキシトシン治療に 乳酸菌を添加 …

女性との会話入門「女の機嫌の直し方」

このブログでは「男女同権」と「AIによる働き方改革」をテーマにしています。 「男女同権」「フェミニズム」を扱っているのは 女性が社会的マイノリティーで弱者だから と言うことではありません。 僕ら団塊ジ …

主夫のススメ、

こんにちは。 Mt.Woodsです。 僕は20年のキャリアをほぼMR(製薬会社の営業マン)として過ごし、 今は主夫をしています。 勤め人を辞めるにあたって妻とは話をしました。 今は、僕が主に家事をして …

NHK【キャンペーン】発達障害って何だろうのホームページを見てみよう

2018年11月19日(月)~11月25日(日) NHKは【キャンペーン】発達障害って何だろう と題して数々の番組で発達障害を取り上げていました。 その概要がホームページにまとめられているので見てみま …

プロフィール

 

ひでき

 

脱サラ、フリーランスに特化した
「ひできの脱サラ日記も始めました。

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス MtWoods2015@yahoo.co.jp

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出して「慶應わっきー」で勉強してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの45歳です。