介護

ニトリのテーブルセット

投稿日:2018年10月4日 更新日:

こんにちは。
Mt.Woodsです。

今日実家にニトリのテーブルセットが届きます。

今年の夏、父は歩行困難になり介護保険の適応になりました。
父はふらつきながらも杖をつきながらでしたら歩くことは出来ますが、
床に座ってしまうと自力で立つことが出来ません。

実家は床生活でした。

母は従来から洋風のテーブル生活を希望していましたが、
昔ながらの生活を変えたがらない父は
床に座ってあぐらをかいて食事をする生活を変えませんでした。

しかし、足腰が弱ってしまった現在、
床生活を継続することは現実的に不可能になりました。

そこで急遽テーブルセットを買うことになりました。

僕が住んでいる小岩の町には家具屋さんがありません。
駅前に残っていた家具屋も今年遂に閉店となりました。

新中川を超えたところにニトリがありますが、
年寄りと行くには少し遠いいところです。

行はタクシーで行けたとしても
帰りにあそこでタクシーを拾うのは難しそうです。

しかし、ノープロブレムでした。

母をぼくの家に呼んで、
母、僕、妻の3人でPCをテレビにつないで
ニトリのホームページから
テーブルセットを選んで
ネットで注文しました。

1時間半くらい掛かってしまいましたが
無事に買うことが出来ました。

今日、そのテーブルセットが実家に届くので
その設置のため、家の片づけに午後は出かけます。

実家は、僕の家から距離にして390メートルです。

キョリ測というアプリで測定しました。

なんて便利な世の中なのでしょう。

このブログでは、父の介護に関する情報もお伝えしようと考えています。

アフィリエイトのサイトでテーブルセットを検索し、
価格の高い順でソートしたところ、
最も高いものはなんと400万円近くもするものでした。
世の中にはこんなものも存在するのですね。
目の保養にリンク貼ります。

実家が買ったのはこんな感じのテーブルセットです。

-介護

執筆者:

関連記事

自然死について学ぼう きっと日本人は救われる 中村仁一先生の講演を聞いて

大往生したけりゃ医療とかかわるな: 「自然死」のすすめ 中村仁一は名著 老人ホームに勤務されている中村仁一先生の「大往生したけりゃ医療とかかわるな」は名著で僕の蔵書の一つです。自然に死んでいくととはど …

主夫のススメ、中年男性よ、会社にしがみついていて楽しいですか?

こんにちは。森山ひできです。     僕は大学卒業後ほぼ20年MRという製薬会社の営業マンをしていました。 MRとして勤めた最後の会社では年齢的には周りに自分よりも年上が少なくなっていました。社歴も長 …

脱サラをして生活していく方法について コメントへのお返事

今朝、このブログに関してコメントをいただきました。 このブログではメルアドも公開しているので コメントいただけるのは大歓迎です。 ただ、iPhoneの「メッセージ」機能に コメントが届いたのが気にかか …

会社がなくなる 神田昌典氏「成功のための未来予報」が当たってる! 

会社員の皆さん!厚労省の働き方改革の議事録読んだ方が良いですよ。世の中が動いているのを実感しますよ。 昨日アップした年金と定年延長と健康寿命と自由な時間の記事で、 『国も副業・兼業を薦めようとしていま …

脱サラ主夫の介護日記 入院手続きと退院後の検討

こんにちは。 Mt.Woodsです。 脱サラ主夫の実父介護日記 退院転送入院対応 の続きです。 T大病院から地元のE病院に転院になり介護タクシーで父は転送となりました。 僕はそれに同行しました。 E病 …

プロフィール

 

森山ひでき

 

 

 

はじめまして。
森山ひできです。メールアドレス mtwoods2018@gmail.com

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの46歳です。2019年5月から電子書籍の発行を始めています(12月現在11冊発行)。僕が書いた本のご紹介