本の紹介

人生一度

投稿日:2018年9月28日 更新日:

こんにちは。
Mt.Woodsです。

風邪をひきました。
37度と軽めですが、熱ができました。

一般には発熱と言いますが、
医療の世界では熱発(ねっぱつ)した、といいます。

それは良しとして、
喉が少し痛くなる程度は、ちょこちょこありましたが、
熱が出たのは本当に久しぶりです。

前回発熱したのがいつだったか覚えていないくらいです。

風邪をひいて熱が出たときはチャンスです。

2017年末に勤め人を辞めてそれから実質主夫をしていました。

仕事を辞めたら毎日が日曜日と思う人もいると思いますが、
主夫になると毎日が労働日です。

主夫をしてみて改めて認識したのですが、
人間は毎日3食以上食べます。

うちの子は中学3年生と中学1年生なので
沢山たべます。

毎日毎日3食準備するのは意外と大変です。

主夫をしてまだ9ヶ月ですが、
稀に食事の準備をしたくないくらい疲れて気分がのらない時があります。

でも、子どもに食べさせない訳にはいきません。

面倒なときはスーパーのお惣菜を買ってきて済ますこともできます。
宅配のピザやお寿司をとることもできます。
外食という選択肢もあります。

ただ、それらを手配したり、考えたりすることからは逃れられません。
休みなしです。

世のお母さんは大変だと、理屈ではなく、感覚として理解できるようになりました。

と、言っても、うちには元主婦の妻がいます。
僕が勤め人を辞めてから妻が週3で外に働きに出ていますが、

妻も家事をするので100%僕が食事の準備をしているわけではありません。

ただ、主夫業をやってみて、休みがないんだなあ、と思ったのは事実です。

共働きやシングルマザーで子育てをしながら家事をしている人は
本当に大変だと思います。

前勤めていた会社には家事育児をこなしながら働いていた女性MRが沢山いましたが、夫との家事分担の不公平さをみんな怒っていました。

うちの話に戻りますが、ぼくは自分でやりたくて主夫をしていますので、
普段は家事が面倒だとは全然思わないのです。

脱サラさせてくれた家族への感謝の気持ちで
率先して家事をやっています。

楽しいんでやっているので、ストレスもなく、
張り切ってやっています。

今年の1,2月に妻、長男、次男の3人がインフルエンザにかかりましたが、ぼくにはうちりませんでした。

その後もちょこちょこ家族が風邪をひくことはありましたが
僕にはうつりませんでした。

8月の終わりにやりたいことがみつかりました。

今はやりたいことしかやらなくて良いので、
やりたいことが見つかると夢中になってやってしまいます。

ただ、毎日新しい未経験なことにチャレンジしていたので
結構エネルギーを消耗しました。

土日関係なくぶっ通しでやっていました。
きっと疲れがたまっていたのだと思います。

そこで、冒頭の「風邪をひいて熱が出たときはチャンスです」
という話になります。

風邪はいつも、僕に優しい。

言葉でどれほど言っても
休まなかったあなたを、
休ませる方法が
他にあっただろうか?

もしも人生が一度きりだとしたら。
もしもそれが、「もしも」じゃないとしたら。

という、さとうみつろうさんのステキな写真付きの
詩集の中の一遍です。

写真はおしゃれだし、
ユーモラスで
ステキなメッセージが満載の本です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サッポロ エビスビール 500ml×24缶
価格:8087円(税込、送料無料) (2018/10/2時点)

 

楽天で購入

 

 

 


-本の紹介

執筆者:

関連記事

no image

声変人生

こんにちは。 Mt.Woodsです。 僕は、小さいころ気が弱く、大人しい性格でした。 それが大人になると営業の仕事をして、 紆余曲折をへて、30代半ば以降は2つの外資系製薬会社で トップの成績を納める …

no image

貴方幸福

こんにちは。 Mt.Woodsです。 僕は小さい頃おとなしい男の子でしたが 色々なきっかけで少しずつ変わっていき 大人になってからは医師を相手に営業をする仕事で 自分なりに納得のいく結果を残すことが出 …

全ての悩みは人間関係である、としてその解決方法を教えてくれるアドラー心理学

大ヒット・ロングセラーとなった 岸見一郎氏、古賀史健氏共著の 「嫌われる勇気」は 哲人と青年の対話という形で アドラーの心理学を教えてくれる本です。   アドラーの心理学は、 どうすれば幸せ …

落合洋一氏「超AI時代の生存戦略」に学ぶAI時代の「生き方」

落合洋一氏「超AI時代の生存戦略」を読んでいます この記事の続きです。 落合洋一さんのこの本は、「プロローグ」、第1章 超AI時代の「生き方」、第2章 超AI時代の「働き方」、第3章 超AI時代の「生 …

辞表を出して次へ行け!! 長野慶太さん

この本に職場のイジメについて書かれていることを思い出して、脱サラ、フリーランスにとっかしたはてなブログに、内容紹介の記事を書きました。 よろしかったら是非ご覧ください。 もうガマンするな!職場のいじめ …

プロフィール

 

ひでき

 

 

 

はじめまして。
ひできです。メールアドレス mtwoods2018@gmail.com

母方の祖父母から4代小岩に住んでいます。
大学卒業時就職活動に失敗し小さな製薬会社に就職。
そこではスキルが身に付かないと危機感を抱いて1年で退職。外資系製薬に転職。入社後即、そこよりも大きな外資系製薬に吸収合併されて上司、先輩の多くがリストラされるのを目の当たりにしました。
そこから転職を繰り返してより専門性を高め、高めた結果、目標になる上司、先輩、同僚が見当たらず仕事がつまらな過ぎて脱サラ。
2018年は1年間主夫をしながら家族とたっぷりの時間を過ごしながら父の介護もしていました。
長男は自閉症。
20年専業主婦だった妻は代わりに仕事を見つけて働きに出ています。仕事以外に5つのコミュニティーい所属して日を追うごとに活性化しています。
脱サラ直後はFX(外国為替証拠金取引)で生活費程度稼げていましたが、2018年8月のトルコリラショック以降お小遣い程度の収入。
インターネットビジネスに希望を見出してブログスタート。いつかはパソコン1台で稼げるようになりたいなあと夢に満ち溢れている1973年生れの46歳です。2019年5月から電子書籍の発行を始めています(10月現在10冊発行)。僕が書いた本のご紹介